ペット保険が必要か判断するポイント

最終更新日:2016年4月7日

家族の一員である可愛いペット、もし病気や怪我をした時は、とても心配してしまいます。

すぐに病院に連れて行きたいのですが、気になるのが診療費ですよね。

ペット保険をかけておくべきだったと後悔したりします。

でも普段いつも元気だと、ついつい要らないんじゃないかと思ってしまいます。

そのペット保険が必要か否か、どうやって判断したら良いのでしょうか。

1.ペットの種類で判断する

ペット保険が必要か否かを判断する場合、どういうペットを飼っているのかということを考えてみましょう。

例えば犬や猫といった動物は、気候の変化によっては風邪をひくこともありますし、お散歩に連れて行って、他の飼い犬や猫などとトラブルを起こして怪我をすることもあります。

最近は人間がかかるような病気、例えば癌や栄養過多から糖尿病になる犬や猫もいるので、いざという時に備えて保険をかけておくのも良いでしょう。

また、飼い主がしっかりと温度調整やエサの管理を行えば、あまり体調を崩す事がないというペットもいます。

例えば爬虫類のペットなど、それほど大きな病気もしないので、あえてペッと保険に入らなくても良いと言えます。

ペットの種類が何か、その動物が病気しやすいかどうかを考えることが、ペット保険が必要か否かを判断する基準となります。

あなたのペットに保険が必要かどうか、もう一度よく考えてみましょう。


2.飼っているペットが病気をしやすいかどうかを調べてみる

ペット保険が必要かどうか、それを判断するには、今一緒に生活しているペットが病気をしやすいかどうかということを振り返ってみましょう。

例えば、同じ犬でも、純血種よりも雑種の方が病気になりにくいという特徴があります。

もし自分の家のペットが雑種で、普段から病気をしたことがないなら、とりあえず今はペット保険に入らなくても良いかもしれません。

逆に、例えば犬だったら、犬種よっては、病気をしやすいタイプもいます。

普段の様子やインターネットの情報を調べてみて、自分のペットの種類はどうかということを調べてみて、病気をしそうだなと思うなら、ペット保険に入るようにしましょう。

いざ病院に行くとなると、かかる費用は高額です。

精神的にも負担が大きくなってしまいます。

それなら最初からある程度のペット保険に入っておく方が、メンタル的にも安心できると言えるでしょう。

3.飼い方を考えてみる

同じ犬や猫でも、飼い主の飼い方によって病気や怪我をしやすかったり、全くしないということもあります。

普段から食生活に気を付けていたり、例えば犬や猫でも室内で飼っていて滅多に外に出ないなら、ケガや病気をするリスクは低くなります。

しかし、もし猫を飼っていて、好きな時に外に出ることが出来るようにしていたら、場合によっては大きな怪我をする事も考えられます。

他の猫とケンカして傷を負ったり、車に轢かれて重傷を負うということもあるでしょう。

そこまでの怪我にならなくても、病気をもらってきたりすることもあります。

犬も、室内で一緒に生活しているか、または家の庭の小屋で生活しているかで、体力の消耗や寿命も変わってくるでしょう。

場合によっては体調不良で病院のお世話になるかもしれませんから、ペット保険に入る事を考えておいた方が良いでしょう。

普段どういう風に飼っているか、その飼い方次第でペット保険は必要になったり不要になったりします。

比較的自由に過ごしているなら、少額であっても念の為ペット保険に入っておく事を考えてみるのも良いですね。


4.ペットの寿命で判断する

ペットの保険が必要かどうかを判断するのに、飼っているペットの寿命がどのくらいかということで決めても良いでしょう。

比較的寿命が長いなら、保険が必要となるのはまだまだ先かと思われます。

それに対して、寿命が短めの動物なら、ペット保険をかけておく方が安心となるかもしれません。

ペットの現在の年齢も考えてみることも大切です。

まだ若いなら、保険を使うような病気をするのはまだ先であるでしょう。

それならば、保険に入る時期をもう少し先にしてもいいですね。

逆に、それなりの年齢なら、念のために保険に入っておく方が良いでしょう。

その方が、いざとなった時に慌てずに済むこととなります。

可愛いペットにはできるだけ長生きしてもらいたいですが、その寿命を意識するということも大切なことです。

今の年齢と、そのペットの種類の平均寿命を考えて、必要な時に困らないように、保険に入る準備をしておきましょう。

ペット保険はタイミングを見て

愛しい存在であるペットには、何かあった時にできる限りのことをしてあげたいと思うはずです。

そういう時に心強いのが、ペット保険に入っておくということです。

しかし、今まだあまり必要がないようでしたら、しかるべき時期を見て改めて入るのも良いことです。

可愛いペットが困ることがないように、普段の様子をよく見て、保険を考えるようにしましょう。

それと合わせて定期的な健康診断などを受けて、病気の予防をしておくようにしましょう。

それが可愛いペットの命を守ることにつながるのです。

「ペット保険が必要か判断するポイント」の関連記事

「ペット保険が必要か判断するポイント」と合わせて読みたい