老犬ホーム・老猫ホームとは。年老いた犬や猫の最期を見てくれる施設

最終更新日:2018年10月14日

みなさんは、「老犬ホーム」や「老猫ホーム」という言葉をご存知ですか。

その名の通り、犬やネコちゃんのための老人ホームと言えます。

大切な家族の一員である犬や猫を最期の時までお世話してくれる施設です。

実際にどのような取り組みをしていて、どのような犬や猫が預けられているのでしょうか。

1.ペットのための老人ホーム

「老」という言葉の通り、歳をとった犬や猫だけでなく、飼い主の高齢化に伴いお世話が難しくなった犬、ネコちゃんを長期的に預けるサービスです。

旅行や出張など、短期間の予定に合わせてペットを預けるペットホテルはよく耳にしますね。

老犬ホームや老猫ホームはペットホテルのような一時的な理由ではなく、飼い主のやむをえない事情のため、長期間ペットを預けることのできる施設です。

高齢者の方はペットを飼う際やお世話する際、「もし自分がいなくなったらこの子はどうなるんだろう」と一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

年齢のためにペットを飼うことを諦める高齢者の方も多くはありません。

中にはあらかじめ入所予定を相談できる施設もあり、飼い主の強い味方となっています。

2.どんな犬、ネコちゃんがいるの?

様々な犬や猫が施設に預けられていますが、具体的にみてみると

・飼い主が高齢のため、世話が難しい
・飼い主が亡くなってしまった

という飼い主側のケースのほかに、

・ペットが排泄のコントロールができなくなった(飼い主が排泄介助がわからない)
・歩けなくなってしまった
・徘徊するようになってしまった

など、犬や猫の高齢化のケースが挙げられます。

愛するペットには最期の最後まで深い愛情を注ぎたいと考える飼い主の方は多いです。

しかし、介護方法がわからなかったり、自身も高齢で介護が手に負えなかったりするようです。

3.施設のスタッフの想い

施設には専門的な知識と動物への愛情溢れるスタッフがいて、一生懸命お世話や介護をしてくれます。

「犬やネコちゃんが最期まで穏やかに過ごすこと」「飼い主に安心してもらうこと」をモットーに掲げています。

目が見えなくなってしまったり、寝たきりになってしまったり、病気を患い苦しむ犬から、彼らは生きることの大切さを実感しています。

私達飼い主のやむをえない事情や、やりきれない想いをしっかりと理解してくれる点も印象的です。

「本当は最期まで自分が世話したい」という飼い主の痛切な想いを汲み取り、安心して託せる施設を目指しています。

愛するペットとのお別れは辛くさみしいものですが、ここまで真剣に考えているスタッフさんの存在は、私達を勇気づけてくれますね。

4.施設の立地と設備

老犬ホームや老猫ホームは主に栃木県や和歌山県、北海道など、都心から離れた郊外に存在します。

広大な土地を構え、犬や猫がのんびりとすごせる環境作りや、騒音被害を出さないよう周囲への配慮が理由でしょう。

中には3万坪を超える広々としたドッグランを併設し、健康のサポートをしている施設もあります。

専用の動物病院に隣接している老犬ホームや老猫ホームは、定期健診を行っています。

もしものときにも安心ですね。

施設内には冷暖房完備の個室や、景色がキレイな広々としたテラス、スタッフの人と触れ合える室内飼育ルームが完備されているケースが多いです。

トリミングルームや、歩行介助のハーネス、床ずれ防止のマットなど、犬やネコちゃんが快適に過ごせるようたくさんの工夫がしてあります。

もし入居を決める際には、大好きなペットに会える面会ルームもしっかりとチェックしましょう。

5.長い間預けるには抵抗があるけれど…

ペットのためとはいえ、施設にずっと預けるには抵抗があるし、なんとか自力で介護をしてあげたい。

そんな飼い主さんにぴったりのサービスを行っている施設もあります。

・訪問介護サービス

自宅まで専門のスタッフが来てくれ、飼い主に介護方法をレクチャーしてくれるサービスです。

飲食、排泄、歩行の介助方法のほか、カウンセリングを通して飼い主の悩みを解消してくれます。

・介護レクチャー短期宿泊サービス

3~5日施設にペットを預け、そのコにあった介護方法を見つけてくれるプランです。

犬、ネコちゃんを迎えに行く際に、自宅でもできる介護方法をレクチャーしてもらえます。

長期は寂しいけれど専門家に面倒を見てもらうことも大切、と考えている飼い主さんにぴったりのプランですね。

老犬ホーム・老猫ホームについて知ろう

犬とネコちゃんのための老人ホームをご紹介しました。

老犬ホームや老猫ホームは大切な家族の一員が、最後まで穏やかに過ごせるように作られた施設です。

将来に対して不安があったり、今現在ペットの介護に頭を抱えているという飼い主さんは一度カウンセリングを受けることをオススメします。

最期まで愛情をもってしっかりサポートしてあげることは、きっと犬ネコちゃんのためになりますよ。

老犬ホーム・老猫ホームとは。年老いた犬や猫の最期を見てくれる施設に関連するペット情報

動物関連記事(外部サイト)