アカナ(ドッグフード)の特徴とは。たんぱく質の割合が高いグルテンフリーなドッグフード

最終更新日:2016年10月6日

愛犬を大事に育ている方たちは、健康を考えて質の良いドッグフードを毎日の食事として与えてあげたいと希望している方が多いと思います。

カナダ産の質の高い原材料を使い、カナダで生産されているアカナドッグフードは最高級の製品ではないでしょうか。

質の良いドッグフードを与えることで、愛犬の健康を保ち、病気になりにくい強い体を作ることができるはずです。

1.アカナはたんぱく質の割合が高い

一般的なドッグフードに比べてたんぱく質の割合が極めて高くなっています。

一般のドッグフードは穀物などの割合が高く、たんぱく質の割合がアカナ製品よりかなり少ないです。

アカナ製品の成分表を見ると、肉や魚などのタンパク質になる原材料が一番上に掲載されています。

含有量が高い物から成分表にリストされますので、肉原料が最初に書かれていないドッグフードはたんぱく質の割合が非常に低いことになります。

アカナドッグフードは肉原料が最低50%使われていますから、かなり高タンパクのドッグフードといえます。

そして鶏肉ベースのドッグフードだけでなく、羊、牛肉、カモ、魚などのあらゆるタンパク源のドッグフードの種類も用意されています。

さらに子犬、シニア犬、小型犬向けなど、それぞれの犬の大きさや年齢ににあったドッグフードを選ぶことも可能です。

ほとんどの種類は最低3つのタンパク源が含まれているのですが、複数のタンパク源を消化できない犬のために、1つのタンパク源に限られたドッグフードも3種類販売されています。

これは原材料限定のアレルギー用のドッグフードといわれるものです。


2.アカナはグルテンなどの穀物を含まない

アカナのドッグフードは炭水化物量が少なめにされていて、一般のドッグフードのように小麦やトウモロコシは一切入っていません。

少し前までジャガイモも少し使われていたのですが、最近品質向上のためジャガイモとタピオカも使用をやめたそうです。

遺伝子組み換え作物も原材料として含まれていません。

犬は元々肉食動物なので、大量の穀物は消化しにくいのです。

近年、色々な穀物の入ったドッグフードを食べてきた犬が多いせいか、犬でも穀物アレルギーになるケースが少なくありません。

原材料限定のアカナのドッグフードは、穀物アレルギーの犬も安心して食べることができるドッグフードといえます。

炭水化物摂取を少なくすることで、愛犬の血糖値を常に急上昇させることなく一定に保つことができます。

このことは愛犬の健康を保つためには非常に重要なことで、糖尿気味の犬にも向いたドッグフードといえるでしょう。

3.アカナは新鮮なフルーツと野菜を使ったドッグフード

野菜と果物はカナダ西部のアルバータ州もしくはブリティッシュコロンビア州で取れた質の高いものが使われています。

アカナドッグフードにはりんご、梨、かぼちゃ、ニンジン、葉野菜などが含まれています。

これらは、アルバータ州にある工場から比較的近い農場で栽培された、鮮度の高い野菜や果物を使用するというこだわりもあります。

そのためビタミンミとネラルが豊富で、栄養価の高いドッグフードを提供できるようです。

ここまでこだわりのドッグフードは中々見つからないのではないでしょうか。

他のドッグフードを探しても、野菜と果物がふんだんにはいっているものは、中々見つかりません。


4.Made in Canadaはカナダ産の原料のみで作られた証拠

アメリカ製の製品と違い、カナダではMade in Canadaとパッケージにプリントする場合、原材料もカナダの物ではなくてはいけない法律になっています。

アメリカでは原材料がアメリカ国外の物であっても、生産がアメリカであればMade in U.S.A.と表記してよいことになっています。

地元産と地元生産にこだわり、原材料を輸送の際は、冷凍もせず保存料も使わないことで、本来の食材を生かしたドッグフードを生産しているのですね。

2016年からはフリーズドライのアカナブランドのおやつもカナダで販売が始まっています。

5.アカナとオリジンブランドとの違い

オリジンは同じ会社の違う名前のブランドです。

アカナ製品より更に肉のタンパク源の割合が高いドッグフードなので、値段はアカナより高めに設定されています。

そして最低5つのタンパク源が含まれているという、更に高級なドッグフードといえるかもしれません。

アカナほど種類はないのですが、子犬、シニア犬用のドッグフードと肉ベースのドッグフードと魚ベースのドッグフードもあります。

フリーズドライのドッグフードも3種類用意されていて、こちらは90%タンパク源が含まれたドッグフードです。

別のドッグフードからオリジンに変更することは、急激にタンパク源を増やす結果になります。

これでは犬が消化しきれない可能性があるため、まずはアカナを最初に試すことがオススメです。

高級なドッグフードであるアカナの特徴を知ろう

カナダでもカナダのドッグフードは質の高いことで有名らしく、多くの愛犬かが購入している人気ブランドのようです。

アカナかオリジンどちらにしようか決めかねて、カスタマーサポートに連絡して質問をしたら、非常に丁寧にドッグフードの説明をしてくれたという体験談もあります。

信頼できるメーカーから、信頼できるドッグフードを購入しましょう。

「アカナ(ドッグフード)の特徴とは。たんぱく質の割合が高いグルテンフリーなドッグフード」の関連記事

「アカナ(ドッグフード)の特徴とは。たんぱく質の割合が高いグルテンフリーなドッグフード」と合わせて読みたい