ドッグフードに動物性油脂が入っているのはなぜ?意味や危険性を知ろう

最終更新日:2017年8月11日

多くのドッグフードに含まれている「動物性油脂」とはどういうものでしょうか?

犬にとって必要なものでしょうか、それとも危険なものなのでしょうか?

何のために動物性油脂が使われているのか

「動物性油脂」が含まれたドッグフードを触ると、べたべたして脂っぽい感じがすることがあります。

これは、ドッグフードに後から動物性油脂を含ませたからです。

こうした油脂を使っている大抵のドッグフードの内容は、穀類、植物繊維、その他低栄養で犬の食欲をそそらないものが多くを占めています。

そうしたものは犬が喜ばないので、食いつきを良くするためにドッグフードに動物性油脂を含ませているのです。

油脂は肉ではないので肉の栄養価はありませんが、肉のにおいとしっとりとした食感を出すことができるので、犬はだまされて喜んで食べてしまいます。

動物性油脂はどんな油脂なのか

ここで使われている「動物性油脂」とは、どんな油脂なのでしょうか?

「動物性」となっていて、どんな動物かを明示していなのが危ないところです。

この油脂は「レンダリング工場」から来た油脂です。

「レンダリング」とは、食肉を取った後の家畜の廃棄物(頭、足、角、蹄、皮、内臓、羽、くちばし…)から脂肪を搾り取ることです。

そして家畜だけならまだしも、それ以外の動物が含まれている可能性もあります。

病気の動物や病死した動物、遺伝子異常があった動物も入っているかもしれません。

レンダリング工場では動物を何でも混ぜ合わせて粉砕していて、何の動物か特定することができないので「動物性油脂」と表現しています。

こうした油脂には、病気の動物の治療に使った薬や、家畜の殺虫剤が含まれている可能性があります。

危険な酸化防止剤

こうした低質の油脂は劣化しやすいため、大量の酸化防止剤が使われています。

特に危険性の高い酸化防止剤は、合成酸化防止剤の「エトキシキン」「BHA」「BHT」の3つです。

これらは発がん性があったり、遺伝子に悪影響を及ぼして催奇形性があります。

また皮膚病、脱毛、胃腸障害、肝臓障害、異常行動、アレルギー誘発など、犬の健康に様々な害を与えます。

これらの酸化防止剤は、すでに危険性が確認されています。

人間の食品には使用が禁止されていたり、使用範囲が大きく制限されています。

しかしドッグフードには人間のような規制が無く、ほとんどの犬の方が人間より体重が少ないにもかかわらず、許容量は大幅に高くなっています。

こうした危険な酸化防止剤は、しばしば「動物性油脂」とセットで入っているので、ドッグフードの表示を確認してみましょう。

酸化防止剤が二重に入れられている危険性

もしかするとドッグフードの表示に上記の酸化防止剤が書かれていなかったり、これらを添加していないと表示してあります。

しかしそうした場合もやはり危険な酸化防止剤が含まれている可能性があります。

レンダリング工場で搾り取った動物性脂肪は、そのままだとどんどん劣化してしまいます。

よってドッグフード工場に輸送する前にすでに酸化防止剤が添加されている可能性が高いです。

その場合、廃物から取ったような安価な油脂なので、高価な自然系の酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE、ローズマリー抽出物など)を入れているとは考えにくいです。

安価で抗酸化効果が高い、上記の合成酸化防止剤を入れていると思われます。

ドッグフード工場で添加している場合は、二重添加になっているかもしれません。

添加物に関しては、「ドッグフードメーカーによって添加された」ものでなければ、表示の義務はありません。

高カロリー低栄養な動物性油脂

動物性油脂を多量に含んだドッグフードは、脂肪分が高く高カロリーで、肥満の原因になります。

またこうしたドッグフードはしばしば穀物など炭水化物が多く含まれています。

肉食の犬は炭水化物を分解してエネルギーにする機能が低いため、余った炭水化物は脂肪に転化されて体に溜まりやすく、やはり肥満の原因になります。

動物性油脂は、ドッグフードの低品質・低栄養をカモフラージュするためのものなので、そうしたドッグフードはカロリーが高いだけで犬にとって必要な栄養分はありません。

また低質の油脂によって犬が下痢を起こすこともあり、そうなるとますます栄養分が摂れなくなります。

ドッグフードを選ぶときに気を付けること

ドッグフードの表示を見て、内容が不明確な「動物性油脂」は避けて、「牛脂肪」「チキン油脂」などと明示されたものを選ぶのが良いでしょう。

また3つの危険な合成酸化防止剤、「エトキシキン」「BHA」「BHT」は必ずチェックしましょう。

またドッグフードの表面が異常にべたついている、犬が下痢を起こす、といった場合は低質の油脂が使われている可能性があります。

ドッグフードに入っている「動物性油脂」を知ろう

肉食の犬には動物性の油脂は必要なものです。

しかしドッグフードに含まれている「動物性油脂」はその内容が不確かで危険性があります。

動物性油脂のために使われている「酸化防止剤」も合わせてチェックしておきましょう。

「ドッグフードに動物性油脂が入っているのはなぜ?意味や危険性を知ろう」の関連記事

「ドッグフードに動物性油脂が入っているのはなぜ?意味や危険性を知ろう」と合わせて読みたい