猫に最適なキャットフード皿の選び方

最終更新日:2016年8月24日

猫を飼うと決まった時、まず用意したいのがキャットフードを入れるお皿です。

ただ、お皿といっても大きさや素材はまちまちです。

毎日の食事をするお皿ですので、キャットフードに向いているお皿かどうか、吟味して選びましょう。

1.お皿の深さをや大きさをチェック

キャットフードのお皿を選ぶ時、まずチェックしたいのがお皿の深さです。

あまりに深いお皿だと、底にあるキャットフードが食べ難くなります。

逆に浅すぎるお皿も食べている最中に、キャットフードが外に出てしまう恐れがあります。

お皿の深さは猫の体型などに合わせ、適切なものを選びましょう。

また、猫はヒゲがお皿に当たるのが、不快と感じるようです。

深いお皿は底にあるキャットフードを食べる為、お皿の中に顔をグッと入れなければいけません。

この時、ヒゲがお皿の縁に当たりやすくなります。

お皿の直径が小さいものも、ヒゲが当たりやすくなります。

お皿の深さをチェックする時は、ヒゲが当たるかどうかも見極めましょう。


2.重さをチェック

キャットフード用のお皿を選ぶ際は、重さもチェックしたいポイントです。

あまりに軽すぎるお皿だと、食べている時に顔で押してしまう事があります。

猫によっては手でお皿を手前に引き寄せて、食べるケースもあります。

このような特技を持っている猫の場合、軽いお皿だとひっくり返してしまう事もあるでしょう。

また、少し高さのある所でご飯を食べたいという猫の場合、軽いお皿だと落としてしまう危険性も考えられます。

猫が顔で押したり、手で引き寄せても動かない程度の重さがあるお皿であれば、キャットフードがこぼれにくく安心です。

3.プラスチック製の特徴

お皿の深さや大きさ、重さの他にチェックしたいのがお皿の素材です。

プラスチック製のお皿は価格がリーズナブルですので、購入しやすいお皿と言えます。

ただ、実はプラスチック製のお皿は、以外と汚れが落ちないと言う点が出メリットです。

表面はツルツルとしており、洗うと一見、汚れはついていないように感じます。

ですが、プラスチック製のお皿は、使用しているうちに目には見えない細かい傷がついてしまいます。

この傷に汚れが溜まり、雑菌が繁殖してしまいます。

プラスチック製のお皿が原因で、ニキビが出来るケースもあります。

ただ、飽きやすい性格の猫の場合、頻繁にお皿を変えないとキャットフードを食べてくれなくなる事があります。

この場合、価格が安いプラスチック製のお皿はとても便利です。

すぐに新しいお皿に変えれば、雑菌が繁殖するリスクも抑えられます。


4.陶器製の特徴

陶器製のお皿は細かい傷がつきにくいので、雑菌の繁殖が少ない点が魅力です。

重さもあるので軽いお皿だと、顔で押してしまい動かしてしまう猫にもオススメとなっています。

ただ、陶器製のお皿は落としてしまうと、割れてしまう危険性があるので注意が必要です。

お留守番している時に猫が落として割ってしまった場合、欠けた破片で怪我をしてしまう恐れがあります。

万が一の事を考えてお留守番させる時は、陶器製のお皿は避ける事をおっすうめします。

キャットフードのお皿は毎日、洗わなければいけません。

ですので場合によっては、陶器製のお皿を負担に感じるケースもあるでしょう。

5.ステンレス製の特徴

ステンレス製のお皿は傷がつきにくく陶器製同様、傷がつきにくい点が特徴です。

表面もツルツルとしているので、汚れもサッと落とせます。

プラスチック製のお皿よりは重いものの、やはり場合によっては動いてしまうケースもあります。

猫が動かし落とすのを予防したいなら、お皿の下に滑り止めがついているものを選びましょう。

滑り止めがついているステンレス製のお皿が無いという場合、シリコン製のシートを敷くと滑り難くなるのでオススメです。

ただ、ステンレス製のお皿は金属ですので、光の当たり具合によってキラキラと光ります。

猫によっては光の反射を嫌い、キャットフードを食べなくなる事があります。

また、人間には分からなくても猫には、金属の臭いがするかもしれません。

ステンレス製のお皿に変えて食欲が減ったと感じたら、他の素材のお皿に変えましょう。


6.白いお皿がオススメ

プラスチック製や陶器製のお皿の場合、模様が入っているケースも少なくありません。

好みの模様や可愛らしい模様のお皿を選びたくなります。

ですが、猫の中には模様が入っているお皿だと模様を気にして、キャットフードを食べなくなってしまう事があるので注意が必要です。

柄が入っていない白いお皿だと、比較的安心です。

白いお皿は汚れも目立ちます。

キャットフードを入れるお皿は常に、キレイにしておく事が欠かせません。

ですので、汚れが目立つ白いお皿はキャットフードを入れるお皿として、向いていると言えるでしょう。

猫に合ったお皿を選ぼう

キャットフードを入れるのに最適なお皿は、猫それぞれで違いがあります。

体型やヒゲの長さ、お皿の素材などを見極めて選ぶ事が大切です。

最近は食事のとき、キャットフードがこぼれないよう作られている、キャットフード専用のお皿も登場しています。

色々と試してみて、ベストなお皿を探してみましょう。

「猫に最適なキャットフード皿の選び方」の関連記事

「猫に最適なキャットフード皿の選び方」と合わせて読みたい