フレンチブルドッグの性格。元気だけど警戒心も強い犬

最終更新日:2016年4月7日

フレンチブルドッグは、18世紀にイギリス人がフランスへ連れて海を渡ったことから「フレンチブルドッグ」と名付けられました。

パグやテリアと交配し、そして誕生したのがこの可愛い犬です。

そのフレンチブルドッグの性格や特徴とは、どのようなものなのでしょうか。

1.天真爛漫で快活

フレンチブルドッグの性格で良いところは、天真爛漫で快活であるということです。

いつも陽気で機嫌が良い、そういうフレンチブルドッグは、飼い主にとっては飼育しやすい犬と言えます。

可愛く元気いっぱいで無邪気な姿を見れば、心を癒されることでしょう。

天真爛漫な性格の犬は、一緒に生活するパートナーとして、とても嬉しいことです。

明るく跳ねまわる姿は、見ている家族を朗らかにしてくれます。

犬によっては気位が高かったり臆病で扱いにくいタイプもいますが、そういう手間がかからないのが、フレンチブルドッグです。

天真爛漫な性格のフレンチドッグは、家族にとっても愛しい存在です。

一緒に生活をするのに、ピッタリのパートナーとなることでしょう。


2.実は忍耐強く警戒心が強いフレンチブルドッグ

家族にとって可愛い存在のフレンチブルドッグですが、ただ可愛いだけの犬ではありません。

実はフレンチブルドッグは、忍耐強く警戒心が強いという一面も持っているのです。

フレンチブルドッグは明るく陽気な犬ですが、いざという時にはじっと我慢できる忍耐強い犬です。

何かあっても辛抱強く耐えることができ、ストレスにも極端に弱いということはありません。

そして警戒心をちゃんと持っているので、いざとなったら番犬の役目を果たすこともあります。

室内犬として家の中にいることが多いですが、万が一侵入者が入れば、吠えて家族に知らせたりします。

可愛い外見からはぴんとこないかもしれませんが、実は忍耐強く警戒心が強いのが、フレンチブルドッグの性格です。

小さな体で、いざとなると家族を守ろうとします。

3.意外と自己主張の強いところもある

フレンチブルドッグは、扱いやすい性格の犬と言えますが、意外と自己主張の強いところがあります。

飼い主が犬に無関心でいると、せっせとアピールして自分に関心を向けようとします。

一緒に過ごしていると、フレンチブルドッグの「自分を見てみて」という気持ちがひしひしと伝わってきます。

「私を見て、一緒に遊んで」と、いつも飼い主に自分の想いをぶつけてくるのです。

遊ぶことが大好きな性格でもありますから、できるだけ犬と向き合って、一緒にお散歩に行ったり遊んだりする時間を取るようにしましょう。

それが、犬と飼い主との間の信頼関係を築くのに一役買うことでしょう。

ただ、子供が一緒に遊ぶ時は、犬に倒されたりしないように気を付けましょう。

体の小さい犬ですが、意外と力が強いのです。

はしゃぎすぎて子供に怪我を負わせないように気を配る必要があります。

フレンチブルドッグは、自分に無関心だとストレスが溜まってしまいます。

シッカリと自己主張をしてくる犬ですから、それに対してちゃんと対応するようにしてあげましょう。


4.食欲があり肥満体形になりやすい

フレンチブルドッグは、体はそれほど大きくはないのですが、かなり食欲旺盛な所があります。

そして、気を付けないと肥満体形になってしまうので、食事と運動のコントロールが必要です。

食事を与えすぎないようにするのと同時に、毎日の運動もきちんと行うようにしましょう。

庭に放しての自由運動と、お散歩などの運動を上手に組み合わせましょう。

しかし、運動をしすぎたりはしゃぎすぎたりすると、ひっくり返ってけいれんを起こしてしまうことがあります。

元気があってやる気の旺盛なフレンチブルドッグは、時と場合によって頑張り過ぎてしまうこともあるので、飼い主が適度な運動量を把握しておくことが大切です。

また、暑さに弱い犬でもありますから、夏場のお散歩や運動をする時は、無理をさせないようにくれぐれも注意しましょう。

5.怪我をしないように気を付けてあげる必要がある

フレンチブルドッグは眼球が突出しているので、ふとした瞬間に目を傷つけてしまうことがあります。

また、皮膚が敏感な犬が多いので、あまりべたべた触ったりして、イライラさせないようにしましょう。

遊ぶことが大好きではしゃぎすぎてしまうところがある犬なので、エスカレートしないように飼い主が気を配ってあげる必要があります。

また鼻のシワや尻尾の付け根のシワなど、シワの部分に汚れが溜まりやすく、それが病気の原因となることもありますから、定期的にキレイにしてあげるようにしましょう。

フレンチブルドッグは飼いやすい犬種ですが、怪我をしないように、色々と飼い主の配慮が必要となります。

思わぬ怪我や病気をしないように、十分気を付けてあげましょう。

フレンチブルドッグについて知ろう

フレンチブルドッグは、明るい性格で飼い主にもよく懐く可愛い犬です。

比較的体も小さいので、家の中で飼うのにも適しています。

頭が良くて性格の良いこの犬は、きっと家族の大切なパートナーとなってくれるでしょう。

一緒に生活をしているうちに、いつの間にかかけがえのないパートナーとなるはずです。

沢山の魅力を持っているフレンチブルドッグは、知れば知るほど大好きになってしまう犬です。

「フレンチブルドッグの性格。元気だけど警戒心も強い犬」の関連記事

「フレンチブルドッグの性格。元気だけど警戒心も強い犬」と合わせて読みたい