オーストラリアン・キャトル・ドッグってどんな犬?性格や特徴を紹介

最終更新日:2016年7月1日

映画「マッド・マックス2」で、主人公の相棒として活躍していたオーストラリアンキャトルドッグ。

殺伐とした世界観の中で、愛嬌たっぷりのオーストラリアンキャトルドッグはまさに「相棒」といったイメージにぴったり。

そんな魅力的なオーストラリアンキャトルドッグをあなたの相棒とするために、知っておきたい性格と特徴についてご紹介します。

1.オーストラリアンキャトルドッグの歴史

1800年代のオーストラリア。

開拓地であるオーストラリアでは、大規模経営による牧畜業が急速に発展しました。

そこで必要となったのが、多くの牧畜犬でした。

ところが、オーストラリアの気候や長距離の移動、さらに荒々しい性質を持つ大陸の牛達に対し、ヨーロッパの牧畜犬達は歯が立ちませんでした。

1840年代に、スムースハイランドコリーとオーストラリアの野犬・ディンゴを掛け合わせた犬が登場。

この犬の血統に、ダルメシアン、ブルテリア、オーストラリアン・ケルピー、多くの牧羊犬を掛け合わせ、現在のオーストラリアンキャトルドッグの基礎となる犬が作られていきました。

オーストラリアンキャトルドッグのスタンダードが決定されたのは1897年。

その後アメリカへ渡り、アメリカンケネルクラブにも認定され、ショードッグとして、また家庭犬として広く愛されるようになりました。


2.別名・ブルー・ヒーラーとは

オーストラリアンキャトルドッグにはいくつかの別名があります。

ブルー・ヒーラー、クイーンズランド・ヒーラー、オーストラリアン・ヒーラーなど。

「ヒーラー」というと「癒し」と勘違いして、さぞ優しい、穏やかな性格の犬なのだろうかと思ってしまいそうですが・・・この場合の「ヒーラー」は「heel」つまり、踵のこと。

牛を追う犬の踵からこの名がついたもので、牛を追う使役犬をヒーラーと呼ぶのです。

元々イギリスには、牛を船に追い込むブルー・ヒーラーというすでに絶滅した犬がいました。

オーストラリアンキャトルドッグは、この勇敢で猛々しいブルー・ヒーラーを目指して作出されたとも言えます。

今もブルー・ヒーラーの名を別名として持つオーストラリアンキャトルドッグは、勇敢で、筋力・忍耐力があり、動きが俊敏と、牛の制御に優れた特徴を多く持っているのです。

3.ルックス面の特徴

オーストラリアンキャトルドッグのルックスの特徴は、筋肉質で活動的な体つき。

大型の荒々しい牛達を扱う割には全体にコンパクトで、雄で体高46-51cm、雌で体高43-48cm。

毛色は、ブルーが代表的。

他にブルーの小斑、レッドの小斑がいます。

コートはまっすぐの上毛と密集して生える下毛のダブルコートで、あらゆる気候に対応できる被毛だと言われます。


4.ディンゴの特徴を持つ

オーストラリアンキャトルドッグの特徴や性格を語る上で、ディンゴの存在は欠かせません。

ディンゴはオーストラリアおよび周辺部に住む野犬。

オーストラリアの先住民であるアボリジニ族が数千年前にオーストラリアに連れてきたと見られ、彼らの家畜として飼育されていた犬の子孫です。

性格は牛を襲うほど凶暴で、聴覚・視覚が優れています。

このディンゴの性質を受け継いでいるオーストラリアンキャトルドッグは、頑丈で丈夫な身体を持ち、独立心が旺盛で、危機回避能力に秀でます。

穴を掘って出産・授乳をするのも野犬であるディンゴの名残り。

子犬の離乳も早い犬です。

また、顔つきもディンゴに似ているとされています。

このように、オーストラリアの野犬・ディンゴの血を色濃く引くゆえの特徴を多く持つのがオーストラリアンキャトルドッグです。

5.忠誠心が強い

野犬の血を引く性格を持つ一方、忠誠心の強さでも知られるのがオーストラリアンキャトルドッグです。

オーストラリアンキャトルドッグの忠誠心は、作出される際に交配されたダルメシアン譲りの性格と言われています。

主人の命令には、持ち前の忍耐力で粘り強く応え、服従します。

反面、人見知りする性格でもあるので注意してあげる必要があります。


6.トップ10に入る賢さ

オーストラリアンキャトルドッグの賢さは、全犬種のうちでトップ10に入ると言われるほど。

高い判断力を持ち、物事の飲み込みが非常に良い犬種です。

また、元々使役犬ですので、仕事好きであり、知的な活動を好みます。

7.頑固で我慢強い

オーストラリアンキャトルドッグの忘れてはならない性格は、その頑固さ。

これは荒野で牛追いをするのに欠かせない性格で、牧畜犬ならではと言えます。

頑固で、不屈の精神を持ち、我慢強い性格の犬種です。


8.とっても活動的

牧畜犬らしく丈夫な身体を持つオーストラリアンキャトルドッグ。

それゆえに、非常に多量の運動量を必要とします。

疲れ知らずで、トレーニングを好む犬ですから、一緒に運動や訓練を楽しめる良い相棒になってくれます。

活発で人懐っこいオーストラリアン・キャトル・ドッグ

活動的で忠誠心の強いオーストラリアンキャトルドッグ。

野犬のディンゴの血を引く野性的な面と、多くの優れた犬種の長所を受け継ぐ知的で従順な面を持つ、魅力的な犬種です。

アウトドア好きで、しっかりと訓練する方にぴったりではないでしょうか。

「オーストラリアン・キャトル・ドッグってどんな犬?性格や特徴を紹介」の関連記事

「オーストラリアン・キャトル・ドッグってどんな犬?性格や特徴を紹介」と合わせて読みたい