猫が急になつかなくなった時の原因とは

最終更新日:2018年10月14日

いつも可愛がっていた猫が急になつかなくなってしまうと、なんだか寂しい気持ちになりますよね。

何かしたのか心配になってしまいますが、なぜ急になつかなくなってしまったのでしょうか。

猫が急になつかなくなった時に考えられる原因についてご紹介します。

1.人間の体に嫌な匂いがついている

猫は人間よりも嗅覚が優れているので、猫にとって嫌な匂いもたくさんあります。

飼い主が急に臭いを体につけることによって、猫が嫌な匂いをつけている飼い主に近づきたくなくなります。

飼い主がタバコを吸いだしたり、香水などをつけるようになると、猫は飼い主から嫌な匂いを嗅ぐことで近づかなくなります。

飼い主にとっては良い臭いかもしれませんが、猫にとっては嫌な匂いになります。

外出すると体には知らぬ間に多くの匂いがつくこともありますが、その匂いによって猫が近づかない可能性もあります。

自分ではタバコを吸わなくても、お店などに行って隣の人が吸っていれば、タバコの匂いが体や洋服に染みついてしまいます。

飼い主にとってわずかな匂いでも、猫にとっては嗅ぎたくない匂いかもしれません。

飼い主が嫌な匂いを体につけていることで、急になつかなくなってしまうこともあります。

2.猫がストレスを溜めている

室内飼いをしている猫にとっては、室内が自分のテリトリーになります。

飼い主が室内を模様替えしたり、普段置かない場所に置いたりすると、猫にとっては環境が変わってしまします。

自分のテリトリーの環境が変わることによって、猫にとってストレスになってしまいます。

外に出る猫にとっては常にストレスを感じるようになります。

他の猫との縄張り争いをしたり、車などによるストレスを受けることも多いでしょう。

猫は環境の変化に敏感な動物なので、飼い主のちょっとした行動によってストレスを感じるようになることも多いです。

猫がストレスを感じるようになるとなつかなくなったり、威嚇をすることも多いので気づくことはできます。

しかし何がストレスになっているのかについては気づきにくいので、できるだけ猫の環境を変えないようにしてあげることが大切です。

3.猫と遊んであげる回数が少なくなった

猫は気まぐれな動物なので、1匹で自由気ままに過ごしていると思っている人も多いでしょう。

確かに自由気ままに過ごすことも多いですが、飼い主と遊ぶことも大好きな猫が多いです。

子猫の時は可愛らしいのでたくさんかまってあげますが、大きくなるにつれてあまり遊んであげない人もいるでしょう。

猫にとって飼い主と楽しく遊んだ記憶があるので、遊びたいと思っているかもしれません。

飼い主の仕事が忙しくなったりすると、どうしてもエサを与えるだけになってしまうので、なかなか遊んであげることも少なくなってしまいます。

飼い主がかまってくれなくなると、猫も飼い主になつかなくなってしまいます。

今まで猫と遊んでいたのに遊ぶ回数が少なくなれば、猫も急になつかなくなってしまうこともあります。

4.環境が急に変わった

猫は環境の変化に敏感な動物なので、自分のテリトリーの環境が変わることで警戒心を抱くことがあります。

室内の模様替えをしたり引越しをした後は、自分のテリトリー内の環境が大幅に変わってしまうので、警戒心を抱いてしまいます。

例え飼い主でも警戒心が強くなっている時には、なつかなくなってしまうことも考えられます。

環境の変化は物だけではありません。

新たに猫を飼ったり他の動物を飼うことでも、環境が大きく変化をします。

飼い主の行動が変化することでも警戒心を抱くことがあります。

いつもより帰る時間が遅くなったり不規則になると、猫もちょっとおかしいと警戒心を抱きます。

仕事によっては数日間家を留守にしたり、昼と夜の生活が逆になることもありますが、猫にとっては大きな環境の変化となります。

猫は繊細な心を持っているので、環境の変化によってなつかなくなることがあるので注意しましょう。

5.病気になっている可能性もある

猫は自分の体調が悪くなると、1匹で隠れてぐったりとしていることが多いです。

よく猫は死ぬ間際には人前に出てこなくなるとも言われますが、体調が悪い時には飼い主にもなつかなくなります。

これは動物の本能として、弱い姿を見せると敵に襲われてしまうことが影響しています。

体調が悪くなった時にはできるだけ身を隠すようにする本能なので、飼い主にとっては猫が急になつかなくなったと思えるのです。

エサを食べる時には姿を見せるので、その時に猫の様子を観察すると良いでしょう。

猫の体調の変化にはなかなか気づけないことも多いので、なつかなくなったと思ったら、病気かもしれないと疑ってみることも必要です。

猫に良い環境を作ってあげることが大切

猫が急になつかなくなってしまう理由としては、環境の変化によるストレスや病気などが考えられます。

普段は自由気ままに過ごしている猫ですが、思っている以上に繊細な心の持ち主です。

飼い主との関係や環境の変化によって大きなストレスとなってしまいます。

なつかなくなったと思ったら何をしたか思い出して、猫に良い環境を作ってあげるようにしましょう。

猫が急になつかなくなった時の原因とはに関連するペット情報

動物関連記事(外部サイト)