【オーストラリアンシルキーテリアの特徴】性格・寿命・価格・歴史・飼い方

最終更新日:2016年11月4日

オーストラリアンシルキーテリアは、オーストラリアでペット用に作り出されたテリアです。

ヨークシャーテリアとそっくりだけど、少し大きめのサイズで毛はやや短めです。

その毛はシルクのようにつややかで、とても美しい犬です。

しかしいくつかの理由でヨークシャーテリアに人気を奪われて、それほど見かけることがありません。

隠れた名犬、オーストラリアンシルキーテリアの魅力と特徴をこれからご紹介します。

1.オーストラリアンシルキーテリアの歴史

オーストラリアンシルキーテリアは、19世紀末のオーストラリアで、「オーストラリアンテリア」「ヨークシャーテリア」、そして「クライズデールテリア」(すでに絶滅)の3種を交配させてできたテリアです。

シドニーで交配されたので、最初は「シドニーテリア」と言われていました。

この中で「オーストラリアンテリア」は、1860年代にイギリスからオーストラリアに渡ってきた移民が持ち込んだ、数種のテリアを掛け合わせて作った作業犬でした。

農場で畑を荒らす野うさぎや蛇を退治することを目的に作られたのです。

その性質を受け継いだオーストラリアンシルキーテリアは、美しい外見を持ちながらも、オーストラリアでは番犬やネズミ狩り用の作業犬として重宝されていました。

20世紀ころになると、その美しさからペットとして人気が出て、海外にも輸出されるようになりました。


2.オーストラリアンシルキーテリアの外見の特徴

オーストラリアンシルキーテリアは、ヨークシャーテリアよりやや短めとはいえ体を覆う長さの毛を持ち、その名のようにシルクのようにつややかです。

毛の色は幼犬のときはブラック、タン、そして成長するとゴールド、シルバー、ブルーに変わります。

外見が美しいので、ドッグショーに参加する楽しみ方もできます。

体のサイズはヨークシャーテリアよりやや大型です。

体高は22.5cmから23.5cm、体重は4-5kgで、小型犬に分類されています。

胴が長く、足はやや短いです。

耳は立ち耳で、尾はたれ尾です。

3.オーストラリアンシルキーテリアの性格

オーストラリアンシルキーテリアは、ヨークシャーテリアと比べると飼いにくいという評価を受けたことがあり、そのため今もヨークシャーテリアに人気を奪われています。

興奮しやすく、やや攻撃的で、何かに驚くと吠え続けることがあるので、飼いにくいと評価されたのです。

その後、性質を変えるように改良されて、現在は元の性質と比べるとだいぶ穏やかになっています。

その他の性質は、好奇心が強く冒険好き、明朗快活、飼い主に対して忠実で愛情深く、活動的で行動的です。

おとなしい室内犬を求めている人には向かないかもしれませんが、元気で活発な犬が好きな人にはぴったりです。

また警戒心が強く、危険を察知すると吠えるので、番犬に向いています。


4.オーストラリアンシルキーテリアの飼い方

オーストラリアンシルキーテリアは、幼犬のころからしっかりしつけをすることが必須です。

幼いころに飼い主に服従するように厳しくしつけないと、成犬になってから言うことを聞かなくなります。

攻撃的なところがあり、しつけはやや難しいので、犬の飼育に慣れた人に向いています。

おもちゃとじゃれあうよりも、走ったり激しい運動をすることを好み、小型犬より中型犬に近い感じです。

活動的な犬なので、毎日30分から1時間は必ず散歩をさせて、時々ドッグランで思い切り走らせてあげましょう。

毛が長いので、毎日ブラッシングをしてもつれないようにしましょう。

シャンプーは最低月に一回、毛がもつれる時はそれ以上、また定期的にトリミングをすることも必要です。

5.オーストラリアンシルキーテリアの寿命と気を付けたい病気

オーストラリアンシルキーテリアの寿命は、およそ14年です。

遺伝的にかかりやすい病気は「水頭症」「機関虚脱」「進行性網膜萎縮症」「糖尿病」などです。

これらは買う時に、親からの遺伝子の検査結果を確かめましょう。

その他「椎間板疾患」「ひじ関節形成不全」なども要注意です。

小型犬は室内の床で滑って関節を傷めることがあるので、コルクマットや滑り止めワックスで防ぎましょう。

毛が長いため、耳から感染して「外耳炎」になりやすいので、綿棒できちんと耳の掃除をすることが必要です。

また毛が長い犬は、シャンプーをした時にシャンプーが目に入って目を傷めることがあるので気を付けましょう。

オーストラリアンシルキーテリアの特徴を知ろう

オーストラリアンシルキーテリアは、その性質を知ってきちんとしつけをすれば、飼い主に対して愛情深く、快活な性質で周りを明るくしてくれます。

子犬の値段は、国内では35万円前後ですが、国内で手に入れるのは難しいかもしれません。

海外から手に入れると、手数料も含めて40万円くらいになります。

年間の費用は、食費や雑費を含めて10万円くらいです。

これに加えて医療費や保険代、トリミング代などもかかります。

「【オーストラリアンシルキーテリアの特徴】性格・寿命・価格・歴史・飼い方」の関連記事

「【オーストラリアンシルキーテリアの特徴】性格・寿命・価格・歴史・飼い方」と合わせて読みたい