犬と夏場のアスファルトを散歩する時に気をつけておくべきポイント

最終更新日:2016年8月11日

夏場に犬を連れてアスファルトを散歩する際には、いろいろなことに気をつける必要があります。

近年の夏は人間の命を奪うほどの暑さなので、体の小さな犬ほど散歩が命に関わることもあります。

今回は、夏のアスファルトを散歩する際のポイントや注意点についてご紹介します。

1.早朝と夕方以降の時間帯に散歩をする

一番よいのは、暑い時間帯を避けて涼しい時間帯を選んで散歩をすることです。

夏場は日が昇るのも早いので、午前10時には30度を超えてしまう日も多くあります。

朝散歩に出かける場合は、8時半までに散歩が終わるようにでかけると熱中症対策ややけど対策に最適といえるでしょう。

夜散歩へ出かける場合は、7時以降だとだいぶ涼しくなってきている上に、アスファルトの温度が落ち着いてくる時間帯です。

それでも日中の気温が高かった日は熱い場合がありますので、夜散歩へでかける場合は飼い主が地面を触ってみて熱くないか確認してあげましょう。

人間は靴を履いているのでアスファルトの温度にはついつい鈍感になってしまいますが、犬は素足で地面を歩くのできちんと確かめてあげるようにしましょう。


2.犬に靴を履かせる

近年の温暖化や気温上昇によるお散歩対策グッズとして、犬用の靴が売られています。

シリコン製でできているものから、靴の底だけがゴム製になっているものなど、犬の大きさや用途に合わせて使用できるものがたくさん売られています。

暑い時間帯のアスファルトの温度は50度~60度になると言われているので、素足で犬を歩かせてしまうと肉球をやけどしてしまいます。

夏場はやけどを犬の足のやけどを防いであげることも、犬の飼い主としては当然頭に入れておかなければならないことです。

涼しい時間帯の散歩が難しい場合は、犬用のシューズを用意してあげるとやけどの心配もなくお散歩を楽しむことができます。

3.犬が飲むように水と容器を常に携帯する

夏場の散歩にかかせないのが犬用の水分です。

お散歩のコースに公園があって、水を飲める場所が確保されていれば理想的です。

そうでない場合はこまめな水分補給ができるように飼い主が必ず水分と容器を携帯しておくことが大切です。

水分はペットボトルなどに入れて持ち歩くようにし、容器はたたむことのできるシリコン製の容器だとかさばらずに持ち歩くことができ、すぐに乾くので非常に便利です。

容器に入れて飲ませてあげることで、犬がどのくらい水分を補給したのかがわかるのでそういった意味でも携帯用の容器を用意しておくことをオススメします。


4.日陰の多い場所を選ぶ

暑い夏の散歩は、飼い主も犬も負担が大きいものですが、それでも散歩を好む犬は多いので、暑いから散歩へ行かないというのは飼い主としては失格です。

暑いからこそのお散歩ルートを考えてあげるようにすると、飼い主も犬も快適に散歩を楽しめるようになります。

地面がアスファルトでも、道沿いにたくさん木が植えてあるような道であれば、アスファルトからの照り返しや熱もそこまで辛いものではありません。

夏場の日陰は思っているよりも涼しく快適なので、散歩に適していそうな場所をあらかじめ見つけておいたり、近所で犬を飼っている人などに情報を聞いてみるなどしてみましょう。

日陰のほとんどない道での夏の散歩はとても過酷ですし、熱中症で場合によっては命に関わる症状を引き起こしかねませんので、散歩をするコースを吟味する必要があります。

5.ひんやりグッズをうまく取り入れる

犬用の靴などを履かせても、アスファルトの温度が熱いことに変わりはないので、暑さ対策が追加で必要になる場合もあります。

最近では犬用のひんやりグッズもたくさんありますのでご紹介します。

人間用で話題になりましたが、首に巻き付けるアイスノンの犬用が販売されています。

体を冷やすことで熱中症を予防するのが目的ですので、犬が嫌がらないようでしたら夏場のアスファルトでの散歩には適していると思います。

それからひんやりする素材を利用した洋服も人気です。

洋服を着慣れている犬であれば、こちらはかなり利用しやすいものになると思います。

幼犬や老犬、超小型犬などにはペットバギーやペットカートもオススメです。

アスファルトから少し離れた高さになるので暑さも全然違いますし、日よけがついているので日差しも妨げることができます。

体力が心配な犬や、急変を起こしやすい超小型犬にはペットカートもよいでしょう。

夏場のアスファルトを散歩させるときは十分な暑さ対策をしよう

夏場にアスファルトで散歩をおこなう場合に必要なグッズやあると便利なグッズはたくさんあります。

まずは散歩をする時間を調整するということが一番大切ですが、うまくいかないこともあると思います。

その際には夏場の熱いアスファルトの上でもできるだけ快適に散歩ができる方法を考えておくことも必要です。

最低限、犬用のシューズは用意しておくと時間を気にせずに散歩へ連れていくことができるので安心です。

犬を飼っている方は夏場のアスファルト対策を万全にしておきましょう。

「犬と夏場のアスファルトを散歩する時に気をつけておくべきポイント」の関連記事

「犬と夏場のアスファルトを散歩する時に気をつけておくべきポイント」と合わせて読みたい