犬に豆乳を与えるメリットと注意点。タンパク質を含むも下痢になることも

最終更新日:2016年1月22日

犬は基本的に肉食動物なのですが、植物性のものが食べられないというわけではありません。

あくまでも植物性のものの消化が苦手だという程度のもので、例えば豆乳のように消化の良いものでしたら問題なく摂取できます。

ただ、それでも無闇に与えて良いというものではありません。

犬に豆乳を与えるメリットと、その注意点についてご紹介します。


1.犬に豆乳を与えるメリットとは

大豆は「畑の肉」ともいわれるように、豊富なタンパク質を含んでいます。

犬は基本的に肉食動物ですので、タンパク質を大量に摂取する必要があります。

大豆はそういう意味では理想的な食べ物だといえます。

ただ、後述するように生の大豆には犬にとって有害な物質が含まれていますので、必ず火を入れたものを与える必要があります。

また、犬は基本的に肉食動物で腸が短いため、食物繊維を多く含む植物性の食べ物の消化は苦手です。

その点、豆乳は大豆に熱を加えて作られた加工食品なので、基本的にアレルギーの心配をする必要はありません。

また、絞ることで植物繊維をある程度取り除いていますので、消化についても大きな問題はありません。

大豆の問題点を取り除いた加工製品だと言って良いでしょう。

付け加えれば、大豆に含まれているのはタンパク質だけではありません。

カリウムやカルシウムといったミネラル、ビタミン類、イソフラボンなど、他にも犬の体にとって有益な栄養素を含んでいるのです。

ドッグフードだけでは摂取できない栄養素もあるため、犬に豆乳を与えることはメリットが大きいと言って良いのではないでしょうか。


2.必ず無調整豆乳を与える

犬の舌は人間に比べて味覚を感じる器官が少なく、味音痴だと言われています。

ただ、味覚を感じる器官のうち甘さに関するものが最も多いため、甘いものが好きだとされています。

犬に砂糖などの入った豆乳を与えた場合、甘いものが好きですから、喜んで食べることでしょう。

食欲増進という意味では良いことなのかもしれませんが、問題は糖分の過剰摂取が体に悪影響を与える可能性があることです。

最近は基本的に室内飼いの犬が増えていることもあり、犬の肥満が問題となっています。

犬は甘いものが大好きで、際限なく食べてしまいます。

調整豆乳には糖分が含まれるため、あっという間に過剰摂取になってしまいます。

人間でも糖分の過剰摂取は糖尿病の原因になりますし、それは犬にとっても同じことです。

犬に豆乳を与えるのでしたら、糖分の過剰摂取を防ぐという意味でも、必ず無調整のものを与えるようにしていきましょう。

3.下痢などの原因になるため量を抑える

ある意味当たり前のことですが、豆乳は液体ですから水分を多く含んでいます。

犬が欲しがるからといって無闇に与えていては水分の過剰摂取になってしまい、下痢などを起こす可能性があります。

また、豆乳にはカリウムが多く含まれています。

カリウムはナトリウムを体外に排出して血圧を下げるなど、体に無くてはならないミネラルではあるのです。

ただ、利尿効果があるため、過剰摂取になると尿量が増えすぎてしまったり、場合によっては室内で粗相をしてしまったりすることもあるでしょう。

付け加えると、豆乳は100ミリリットル当たり45.9キロカロリーと、カロリーが高めです。

最近は犬の肥満が問題になっています。

カロリーの高い豆乳を無制限に与えていると、あっと言う間にカロリーオーバーになってしまうでしょう。

豆乳にはいろいろなメリットがあるとはいえ、どんな食材でも過剰摂取になると体に良くないものです。

与える際にはちゃんと量を決めて、与えすぎにならないようにしましょう。


4.大豆アレルギーのある個体に注意

生の大豆にはトリプシン・インヒビターという物質が含まれています。

これは犬にとっては下痢や嘔吐、アレルギーなどを引き起こす有害物質です。

ただ、このトリプシン・インヒビターは加熱することによって破壊されてしまいます。

このため、生の大豆は犬にとっては危険ですが、加工品は基本的に問題がないとされています。

「基本的に問題がない」と書いたのは、大豆アレルギーを持っている個体がいるためです。

大豆アレルギーを持っている個体に大豆製品を与えると下痢や嘔吐、じんましんなどで体調悪化を招いてしまいます。

豆乳を与えるのは犬の体にメリットがあるからで、デメリットがメリットを上回ってしまっては与える意味がありません。

犬の体調変化に気を配り、大豆アレルギーのある犬には豆乳を絶対に与えないようにしてください。

付け加えるとシベリアンハスキー、アイリッシュセッター、シャーペイなど、大豆に耐性がない犬種もいます。

これらに対しても、大豆を与えないようにしましょう。

犬に豆乳をあげる時は注意しよう

犬に豆乳を与えることはメリットが大きいですが、同時に注意すべきことが多いというのも実情です。

犬の体調を十分にケアし、長生きしてもらうためにも、豆乳を与える際には上こうした注意点を考慮しましょう。

「犬に豆乳を与えるメリットと注意点。タンパク質を含むも下痢になることも」の関連記事

「犬に豆乳を与えるメリットと注意点。タンパク質を含むも下痢になることも」と合わせて読みたい