ジャックラッセルテリアってどんな犬?値段・性格・寿命などを紹介

最終更新日:2016年6月29日

小柄な体からは考えられないほど、パワフルで勇猛果敢なジャックラッセルテリア。

明るい性格で、一緒にいるとこちらまで元気になれそうな気がしてくるくらい元気な犬です。

今回は、そんなジャックラッセルテリアの値段や寿命はどのくらいなのかを見ていきます。

1.一般的な値段は15万円から30万円くらい

ジャックラッセルテリアの一般的な価格は、15万円から30万円くらいと言われています。

値段にばらつきがあるのは、親または祖父母などにチャンピオン犬がいるかどうか、ジャックラッセルテリアの特徴のひとつである目の回りの模様(アイパンチ)の入り方などで変わってくるからです。

アイパンチは、左右対称に入るよりも片方だけの方が値段が高くなります。

中には数万円代の破格値で販売されているジャックラッセルテリアもいますが、このような場合、生まれつき病気や障害を抱えていることがあります。

何故この値段で販売しているのか、ペットショップやブリーダーにきちんと確認を取るのをオススメします。


2.オスとメスの値段の違い

ペットショップなどに行き犬の値段を確認すると、多くの犬種でオスとメスの値段が違うことが確認出来ます。

ジャックラッセルテリアも同様で、オスとメスで値段が違います。

一般的にオスよりもメスの方が高い値段で取引されており、差額はおよそ1万円から2万円くらいです。

メスの方が割高な理由は、繁殖が出来る=子どもを産むことが可能だからです。

すなわち、ペットとして可愛がるだけではなく、繁殖のために購入してブリーダーとして利益を得ることも可能です。

とは言え、ブリーダーとして利益を得ようとするためには犬の健康や繁殖管理をしっかりしなければならないし、エサ代や設備費やワクチン代などの費用もかかります。

無理な繁殖で犬がひどく疲弊したり不衛生な環境になり、飼育崩壊して犬を放棄しまうブリーダーも後を絶ちません。

安易な気持ちで始めないようにしましょう。

3.子犬と成犬の値段の違い

ジャックラッセルテリアを飼いたいと思い、多くの人がまず向かうことのはペットショップです。

一般的に子犬よりも成犬の方が値段は安くなります。

ペットショップの中には売れ残りを防ぐために生後4ヶ月前後で大幅に値段を下げ、売ってしまおうとするところもあります。

そのため、子犬よりも成犬の方が値段が安く取引されるのです。

ジャックラッセルテリアは明るく活動的な性格をしており、小型犬ながら運動量はかなりのものになります。

おもちゃや他の犬に攻撃的になる一面もあり、事故やトラブルを防止するために人や犬などに噛まないようにするしつけが必要です。

しつけは子犬の頃から始めた方が成功率は上がるため、初めてジャックラッセルテリアを飼うのであれば、成犬よりは子犬の方が良いでしょう。


4.ペットショップとブリーダーから購入するときの値段の違い

ジャックラッセルテリアをペットショップで購入しようかブリーダーから購入しようか迷っている場合もあるでしょう。

ペットショップは、犬や猫などの動物を仕入れて販売することにより利益を得ています。

子犬を仕入れたり中間業者に料金を支払うので、その分のコストがかかります。

したがって、ジャックラッセルテリアの値段はコスト分が上乗せされて高くなります。

一方、自家繁殖させているブリーダーのジャックラッセルテリアには、ペットショップのようなコストはかからないため、ペットショップよりは値段が下がる傾向にあります。

ですが、ペットショップもブリーダーも千差万別です。

売って終わりではなく、飼育の上で困ったことがあったら相談に乗ってくれるか、清潔な環境で飼育しているかをよくチェックしておきましょう。

ホームページを見るだけでなく実際に足を運び、現場を見ることがトラブルを防止する上でも重要です。

5.寿命は13年から16年くらい

一般的に犬の重要は10年から15年くらいだと言われています。

ラブラドールレトリバーなどの大型犬より、チワワのような小型犬の方が長生きしやすいと言われています。

大型犬はその大きな体の割りに心臓や肺が弱く、常に全身に酸素が行き渡りにくい酸素不足の状態です。

そのため、細胞の老化を早め短命になってしまうと考えられています。

逆に小型犬は酸素が行き渡りやすく、細胞の老化のスピードが大型犬と比較して緩やかなため、大型犬より長生きしやすいのです。

ジャックラッセルテリアの一般的な寿命は13年から16年くらいだと言われているため、小型犬の中でも長生きな部類に入ります。

ちなみに、同じジャックラッセルテリア同士だと体の小さい個体の方が長生きしやすいです。


6.オスとメスの寿命の差

ジャックラッセルテリアを含めた犬は、人間と比較して外見の性差があまり顕著ではありません。

オスの方がメスよりも少し大柄であるくらいです。

人間の男性と女性の平均寿命は10歳以上差がありますが、ジャックラッセルテリアの寿命はあまり差がありません。

寿命の面では差はありませんが、それぞれの性別で特徴があります。

オスはメスや縄張りを巡ってオス同士で争うことがあるし、メスはメス同士でケンカすることはあまりないですが、発情期があり、子どもを出産することが出来ます。

繁殖を望むか望まないか、自分や家族のライフスタイルに合わせてオスとメスのどちらを飼育するか検討した方が良いでしょう。

7.ジャックラッセルテリアの寿命を延ばすために

ジャックラッセルテリアの明るい性格や可愛い見た目やしぐさに癒されることも多いでしょう。

大切な存在だから1日でも長く一緒にいたい。

これはどの飼い主も考えることです。

しかしながら、老いは止めることは出来ず、年を取ると病気や怪我を発症する確率が高くなります。

ジャックラッセルテリアは糖尿病に罹患しやすい犬種だと言われています。

原因は遺伝や肥満など様々ありますが、特にメスはオスと比較して約4倍から5倍の確率で糖尿病になりやすいと言われています。

糖尿病にならないために、適度な食事と運動を心がけ、肥満にならないように気を付けましょう。

糖尿病になってしまうと、インスリンを注射しなければならない場合もあり、治療費もかかります。

愛犬の体に負担をかけることになるので、予防が大切です。

ジャックラッセルテリアは環境を整えてから飼おう

ジャックラッセルテリアは15万円から30万円くらいと高額です。

そして、寿命も13年から16年くらいと長生きな部類に入ります。

また、ジャックラッセルテリアは運動量がかなりあるので、運動をさせないとストレスが溜まったり肥満の原因になったりもします。

犬を飼うということはお金も手間もかかります。

可愛いからという理由だけで飼うのはオススメ出来ません。

まずは、最後のときまで面倒みてあげられる環境を整えることから始めましょう。

「ジャックラッセルテリアってどんな犬?値段・性格・寿命などを紹介」の関連記事

「ジャックラッセルテリアってどんな犬?値段・性格・寿命などを紹介」と合わせて読みたい