【ワイヤーフォックステリアの特徴】性格・由来・寿命・価格などを知ろう

最終更新日:2016年10月6日

小さな体にすっとした長い脚がとてもスタイリッシュに見えるワイヤーフォックステリア。

小型犬に分類されますが、ダックスフントやチワワとは違った雰囲気がある犬です。

とても走るのが大好きで、ドッグランでも人気者のワイヤーフォックステリアですが、実際に飼うとなるとどうなのでしょうか。

そんなワイヤーフォックステリアの特徴をまとめてみました。

1.ワイヤーフォックステリアの外見的特徴

テリア種の犬の身体の特徴としてまず挙げられるのは、長い脚とそのスタイルの良さでしょう。

ワイヤーフォックステリアに関しても同様で、シュッとした出で立ちには独特の気品が漂います。

普段の歩き姿は、馬のように地面を踏みしめるような歩き方をします。

時折見せるこうした落ち着きも、昔から貴族に愛されてきた犬種と聞くと、妙に納得してしまいます。

ワイヤーフォックステリアは室内でも飼いやすい小型犬です。

体長は大人の犬で約40cmくらいになります。

同じような小型犬と比べてみると、脚が長く高さがあります。

このようなスタイルなので、実際には少し大きく感じるかもしれません。

被毛は、「ワイヤー」と名がついたように固いトップコートに覆われています。

くるんとカールしている短毛種で、独特の触り心地があります。

一般的には白地に茶色と黒のまだら模様が入るものが多くなります。

まだら模様が黒のみ、または茶色のみのものも見かけることがあります。


2.ワイヤーフォックステリアの由来

もともとは「フォックステリア」の名の通り、キツネ狩りのために改良されてきた犬種です。

そのため、走ったりするのが大好きというのは、こうした出生に関係していると言われています。

古くから人気のある犬種で、原産はイギリスのウェールズ地方と言われています。

19世紀後半からはペットショーの人気者として、安定した人気を得るようになりました。

3.ワイヤーフォックステリアの性格としつけ

ワイヤーフォックステリアは、元々の狩猟犬としての性格をかなり濃く引き継いでいます。

とても好奇心が旺盛で、わかりやすく言えば元気でアクティブな性格をしています。

また狩猟犬として、飼い主にとても忠実であるという性格も持ち合わせています。

見て楽しむというよりも、飼い主の良きパートナーとしてとても魅力のある犬種と言えるでしょう。

運動や遊びも好きで、ドッグランでは元気いっぱいに駆け回るようなタイプです。

ボール遊びのような物を探したり運んだりすることも大好きで、遊びのバリエーションも豊富です。

一方で、警戒心が強いというのも、狩猟犬の名残りを残す部分です。

吠えたり噛み癖が出やすいので、しつけも念入りに行う必要があります。


4.ワイヤーフォックステリアの寿命と価格

ワイヤーフォックステリアの寿命は、一般的に10~14年程度と言われています。

ごくごく平均的な犬の寿命と言えるでしょう。

寿命に関しては個体差が大きいので、飼うときにはしっかりとストレスケアをする必要があります。

運動が大好きな犬種なので、散歩や運動が足りていないと犬にとって大きなストレスになります。

ペットショップで見かけるワイヤーフォックステリアは、10~30万円で販売されていることが多ようです。

ペットショップの狭いケージの中ではストレスを貯め込みやすく、せっかくが荒いものも見受けられます。

小さなころのしつけが大切な犬種なので、ブリーダーさんから購入するのがオススメです。

5.ワイヤーフォックステリアを飼うときに注意すること

先述したように、何よりも運動が大好きなので、毎日の散歩は欠かさずに、しっかりと行いましょう。

運動不足は犬のストレスに繋がり、性格や寿命に大きく影響してしまいます。

また、ワイヤーフォックステリアの大きな特徴である、カールしたトップコートはとても絡みやすいです。

そのためこまめなブラッシングも欠かせないケアの一つです。

ブラッシングやトリミングにより、毛並の美しさも楽しめる犬種でもあります。

二日に一回はブラッシングをするようにしておきたいものです。

皮膚が脂っぽくなりやすく、また被毛の性質上、皮膚病にかかりやすい傾向があります。

被毛が絡まり毛玉になってしまうと、よけいに皮膚炎を起こしやすくなるので、普段からのブラッシングは大切な健康管理の一つになります。

皮膚が赤くなったり痒がったりする素振りがあれば、注意して観察するようにしましょう。

また目の病気にもかかりやすいと言われています。

涙が多かったり、目の異常に気が付いた時には、早めに動物病院を受診するようにしましょう。

ワイヤーフォックステリアの特徴を知ろう

典型的なイギリス犬として、ワイヤーフォックステリアは日本でも高い人気があります。

その独特のスタイルや勇敢な姿から、気品と愛嬌を感じられる犬種です。

遺伝性の疾患もなく、体格もしっかりしていて、病気やケガには強い犬種と言えるでしょう。

その一方で、飼い主さんのしつけに性格が大きく左右される犬種でもあります。

いたずらが好きで、ドッグランでは、他の犬とじゃれあう可愛らしい姿も見せてくれます。

飼うときには、他の犬や人に攻撃することがないように、気を付けてしつけするようにしたいですね。

「【ワイヤーフォックステリアの特徴】性格・由来・寿命・価格などを知ろう」の関連記事

「【ワイヤーフォックステリアの特徴】性格・由来・寿命・価格などを知ろう」と合わせて読みたい