【スカイテリアの特徴】性格・寿命・価格・外見・しつけ方

最終更新日:2016年10月20日

イギリスのスコットランドにあるスカイ島原産の犬種であるスカイテリア。

当初は、野うさぎなどを捕まえる猟犬として使われてきましたが、後にショードッグとしても活躍するようになりました。

日本では、まだまだ知名度が低いスカイテリアですが、どのような犬種なのでしょうか。

ご紹介します。

1.スカイテリアの警戒心の強い性格

スカイテリアに限らず、テリア種は主に、頑固で警戒心が強い犬種が多いのですが、スカイテリアも例外ではありません。

興奮したり怒りを覚えたりした場合、攻撃的になり噛みついたり飛び掛かるなどの危険な行動を取りかねません。

しつけが出来ていないうちは、子供や年配のかた含め、他の動物や人物との関わりには注意が必要です。

しかし、心を許した相手には非常に友好的です。

また、飼い主やその家族に対しては忠実です。

そのため、しつけさえきちんと成されていれば、前記のような性格を生かして、良い番犬にもなり得ます。


2.スカイテリアの外見

スカイテリアは、体重が8.5kg〜10.5kg、体高が24cm〜26cmで分類としては小型犬となります。

体型としては胴長短足で、胴体に関しては体高の2倍ほどもあります。

耳の形が2種類あり、立ち耳と垂れ耳となっていますが、どちらかというと立ち耳の方が人気です。

尾は垂れ尾となっています。

マズルは中くらいの長さで、アゴが頑丈です。

被毛の長さが13cm前後もあり、毛先が地面に付いてしまうほどです。

耳や尾や目は、その長い被毛に隠れてしまいます。

被毛自体は二層構造になっており、密生する短い下毛と硬い直毛の上毛で構成されています。

毛色はスチール&ブルー、シルバー、ブラックなどがあります。

3.スカイテリアの寿命とかかりやすい病気

スカイテリアの寿命は、12年〜15年とされています。

かかりやすい病気としては、軟骨異形成や椎間板ヘルニアなどがあります。

軟骨異形成とは、頭の大きさは正常に成長するにも関わらず、手足が極端に短く成長してしまう病気です。

この病気は、主に遺伝によるものが原因とされています。

人間が、様々な犬種を掛け合わせて来た結果、このような病気を持つ犬種が現れてしまったのです。

遺伝によるもののため、ハッキリとした治療法はありません。

もう1つの、椎間板ヘルニアは、軟骨異形成と併発しやすい病気の1つです。

椎間板と呼ばれる、背骨の間に挟まっているクッションがつぶれてしまい、変形する病気です。

この病気になると、様々な部位に痛みや麻痺が起こる可能性もあります。

肥満や老化も原因の1つのため、普段から予防をしておきましょう。


4.スカイテリアのしつけ方

まず犬というものは、自分よりも立場が下だと認識した相手の言うことは全くといっていいほど聞きません。

そのため、服従訓練を徹底することが基本です。

特にスカイテリアなどのテリア種は、先にも記したように頑固な部分があるため、成長するほどしつけをするのが難しくなります。

子犬の頃から、上下関係を認識させてあげることが大切です。

しつけをする際は、あまり厳しくしすぎると、それも頑固な性格を持つスカイテリアにとっては逆効果になる可能性が高いです。

また、信頼関係も失いかねません。

かと言って、不必要に誉めすぎると、また上下関係が逆転しかねません。

誉めるところは誉め、厳しくするべき時は厳しくするというメリハリをつけることが大切です。

5.スカイテリアを飼う際の注意点

スカイテリアは、特に多くの運動量を必要とはしません。

1日30分〜1時間程度の散歩を行えば充分です。

ただし、運動量が少なくて良いからと運動自体を怠ると、運動不足によるストレスで、攻撃的になることもあるので注意が必要です。

また、散歩以外にも、ゲームなどを取り入れるのも有効です。

食べ物に関しては、胃腸が弱く痛めやすい傾向があるため、硬いドッグフードなどを1度に多量に食べさせることはしない方が良いです。

被毛のお手入れは、毎日のブラッシングとコーミングが必要です。

その際、毛が長く皮膚が隠れているため、皮膚の確認も行うことが好ましいです。

こまめに確認することで、皮膚病がある程度防げます。


6.スカイテリアの価格と入手方法

犬の主な入手方法は、一般的には2種類あります。

ペットショップからの購入と、ブリーダーからの購入です。

中でもペットショップでの購入が一般的にはより馴染みがあるでしょう。

比較的点々と存在しており、気軽に訪れやすいというメリットがある一方で、仲介が入るため価格がやや高くなるというデメリットもあります。

もう1つのブリーダーからの購入は、仲介を挟まないため比較的安く購入出来るというメリットがあります。

しかし、必ずしも近くに目的の犬種を扱うブリーダーがいるとは限らないというデメリットがあります。

そんな中、スカイテリアに関しては、まだまだ日本では知名度も低いため、どちらの方法でも入手は困難です。

そのため、海外からの輸入が確実です。

ただし、海外からの輸入となると価格は高くなり、50万円程度となります。

スカイテリアの特徴を知ろう

入手方法からしつけまで、やや苦労しそうなスカイテリア。

入手出来たとしても、先にも記したように日本では知名度も低いため、何かあった時に対応が出来る機関があるかという不安もあります。

飼うことのメリットとデメリットをしっかりと把握した上で、迎え入れることを考えましょう。

「【スカイテリアの特徴】性格・寿命・価格・外見・しつけ方」の関連記事

「【スカイテリアの特徴】性格・寿命・価格・外見・しつけ方」と合わせて読みたい