ヨープーの性格と特徴。人気のミックス犬

最終更新日:2016年11月7日

ヨークシャーテリアの純血種とトイプードルの純血種をミックスして生まれたヨープー。

ミックス犬の中でも人気のある犬種です。

根強いファンのいるヨークシャーテリアと、人気急上昇中のトイプードルのミックスなので、人気が出るのもうなずけます。

ここでは、ヨープーの性格や特徴についてご紹介します。


1.賢く勇敢なヨークシャーテリア×愛嬌があって賢いトイプードル

ヨークシャーテリアは勇敢で賢く、少し頑固な一面もあり、テリアらしい性格の持ち主です。

そして、トイプードルは愛嬌があり、頭も良いことで有名な犬種です。

このふたつの犬種の性格が混ざるので、頭が良く、愛嬌があって、わんぱくなことが多くなります。

しかし、個体によって、ヨークシャーテリア寄りの性格、トイプードル寄りの性格、もしくは本当に中間ということもあるので、いざ飼ってみないと、その個体の性格はわからないと言えるでしょう。

これがミックス犬の醍醐味とも言えます。

ただ、どちらの性格が強く出ても、比較的しつけがしやすく、飼いやすい犬と言えます。

ですが、テリアの生まれ持った頑固で賢い性格を持つヨークシャーテリアと頭の良いトイプードルのミックス犬なので、飼い主さんがきちんとリーダーシップをもって関係を築いていくことがとても大切です。

小さいときから甘やかしてしまうと、飼い主さんを馬鹿にして手の付けられない、わがまま犬に成長してしまうこともあります。

でも、しっかりと良好な主従関係を築くことができれば、何も問題はありません。


2.ヨープーのサイズは?

ヨープーのサイズは2~5㎏くらいであることが多いですが、親の体格によって大きく左右されます。

もしサイズが気になる場合は、両親のサイズを聞いてみると良いでしょう。

だいたい想像はできるかもしれません。

一般的に、お母さんの体形に似ることが多いと言われています。

3.ヨープーは散歩にきちんと連れて行ってあげる

ヨークシャーテリアはさほど運動量が必要ないですが、ヨープーはトイプードルとミックスされたことで、それなりの運動量が必要になります。

散歩にはきちんと連れて行かなくてはいけません。

回数は、散歩は1日1回でも構わないと思いますが、その分お部屋の中で遊んであげたりしましょう。

元々どちらの犬種も遊び好きなので、一緒に遊ぶ時間を設けてあげることで良好な関係が築けるでしょう。

トイプードルはトレーニングされることが好きで、物覚えも非常に良いです。

ボールを投げて持ってくる遊びは、体を動かすこともできますし、頭も使うのでオススメです。


4.ヨープーの見た目の特徴

ヨープーの見た目も、性格と同様でヨークシャーテリア寄りだったり、トイプードルの寄りだったりすることが多いです。

例えば、ヨークシャーテリアのように立ち耳のことも、トイプードルのように垂れ耳のこともあります。

また見た目はヨークシャーテリア寄りでも、体形がトイプードルの特徴を引き継いで足がすらっと長かったりすることもあります。

兄弟間でも違いがあるほどなので、とても面白いです。

毛質はヨークシャーテリアのようなストレートよりは、トイプードルを引きついで、少しカールしている犬が多いです。

そして、ヨークシャーテリアもトイプードルも一般的に尻尾を短く切るのですが、ヨープーは特に決まりがないので尻尾が長いことが多くなります。

5.ヨープーは被毛が成長に伴って変化

ヨークシャーテリアは、被毛の色が変化するということをご存知でしょうか。

幼い頃は黒い被毛のことが多いですが、成長に伴ってスチールブルーという毛色になったり、ゴールドやシルバーが出てきたりします。

毛の色が7回ほど変化する上、キレイに伸びた艶やかな被毛の特徴から、動く宝石と称されるほどです。

ヨープーでも、この毛色の変化は見られるようで、毛の色が成長に伴って変化していくのは非常に面白いです。


6.ヨープーは抜け毛が少ない犬種

どちらもシングルコートの犬種なので、抜け毛は少ないというのが特徴です。

換毛期はありません。

ただ、毛が伸び続けるので、こまめにケアをしてあげる必要があります。

特に目の周りの毛が伸びると、目の中に毛が入って目に炎症が起こってしまうこともあります。

カットは定期的に行いましょう。

ヨープーの性格や特徴を知ろう

ミックス犬なので、個体によって違いがありますが、それがミックス犬の面白さです。

非常に魅力的なヨープー。

きちんとしつけをすれば、両方の犬種の良いところを引き継いだ素晴らしい犬に育ってくれることでしょう。

「ヨープーの性格と特徴。人気のミックス犬」の関連記事

「ヨープーの性格と特徴。人気のミックス犬」と合わせて読みたい