チワマルの性格や特徴。散歩が毎日必須でない小型ミックス犬

最終更新日:2016年11月7日

チワマルはチワワとマルチーズのミックス犬で、とても可愛い愛嬌のある犬種です。

まだ知名度は低く、比較的珍しい犬種ですが、ペットショップでも見かけることがあります。

ここでは、チワマルの性格や特徴についてご紹介します。

1.愛嬌があり、飼い主さんに対して忠誠心のある性格

チワワは飼い主に対して忠誠心が強く、活発で好奇心旺盛な一面があります。

ただ、神経質な一面を持つので、初対面の犬や人には警戒心を見せることが多いです。

一方で、マルチーズは愛嬌があり、利口でしつけもしやすい従順な犬種です。

そして、チワワ同様、マルチーズも飼い主に対する深い愛情を持つ性格です。

チワマルはこれらの両者の性格がミックスされた性格になりますが、チワワが強くでる場合も、マルチーズが強くでる場合もあります。

ただ、一般的にマルチーズの性格が入ることで、チワワの神経質な性格が緩和され、マイルドな性格になる可能性があります。

生まれ持った性格はありますが、子犬の時からしっかりと社会化をさせてあげて、他の犬や人間に慣れるように努めることで、過度な怖がりや攻撃的な性格は緩和されることでしょう。


2.チワマルの見た目の特徴

チワマルの外観はマルチーズに似ていることが多いです。

毛質は柔らかで、ふわふわしています。

被毛のカラーは、両親によって影響を受け、とてもバリエーションが豊富です。

耳は垂れ耳のことも、立ち耳のこともあります。

どんな見た目に成長するかわからないところや、同じチワマルでも見た目が違うというところがミックス犬の楽しみです。

どんな子に成長するのか想像しながら飼うのは、ミックス犬を飼う醍醐味とも言えるでしょう。

サイズは、マルチーズよりは少し小さめで、2㎏程度になることが多いです。

両親のサイズによって、子供がどのくらいの体重まで成長するかは変わるので、もし気になるようであれば両親のサイズを確認してみても良いかもしれません。

ペットショップでは両親のことまでは詳しくわからないことが多いですが、ブリーダーさんから購入する時には教えてもらえます。

3.チワマルには散歩は毎日必須ではない

チワワもマルチーズも、さほどたくさんの運動量を必要としない犬種です。

そのため、チワマルも毎日散歩が必須というわけではありません。

家庭の中での活動でも十分な運動量になるでしょう。

家の中でおもちゃを投げて持ってくる遊びは、適度な運動になるだけでなく、飼い主さんとのコミュニケーションにもなるので非常にオススメです。

ただ、たまに散歩に出かけてあげると犬も気分転換になるので、時には外で目いっぱい走らせてあげましょう。

運動をして筋肉をある程度つけていると、関節疾患などの病気の予防にもなります。


4.抜け毛は少なめの犬種

マルチーズのシングルコートを引き継ぐことが多く、抜け毛は少なめの犬種です。

シングルコートには、換毛期に抜けるアンダーコートが無いため、換毛期がありません。

日常的に多少の毛の生え変わりがある程度なので、室内飼育にはぴったりです。

しかし、抜け毛は少ないですが、毛が長いのでもつれてしまう可能性があります。

そのため、こまめにブラシをかけてあげましょう。

毛がもつれてしまうと、毛玉ができる元になってしまい、毛を短くカットするしかなくなってしまいます。

キレイな被毛を維持するためにも、ブラシをかけてあげることは欠かせません。

ブラッシングをしてあげると、抜け毛が取り除かれるだけでなく、皮膚の血行が良くなるので皮膚病の予防にもつながります。

コミュニケーションの一環としてもオススメです。

5.ケアはシャンプーだけでもOK

抜け毛も少ない犬種で、毛が伸び続けてしまうわけでもないので、こまめにトリミングに出してカットをしてもらう必要もありません。

ケアはシャンプーをするだけでもOKです。

そのため、慣れてしまえばご家庭でも難なくケアができます。

シャンプーがご家庭でできると何かと便利なので、子犬の時から慣れさせてあげると良いでしょう。

その他は、爪切りや肉球の間の毛のカットを定期的に行う程度で大丈夫です。

でも、これらのケアは慣れてしまえば、ご家庭でも簡単に行えます。

必要な器具もバリカンと爪切りだけ。

そのため、これらをご自分でしている飼い主さんも少なくありませんが、動物病院やトリミングサロンでも行ってくれるので、無理であれば頼んでしまってもOKです。

爪が伸びると折れてしまう危険性があり、また中で血管も伸びてしまうのでどんどん爪を切りにくくなってしまいます。

そのため、こまめに切る必要があります。

また、肉球の間の毛が伸びると滑りやすくなるので、関節疾患の原因にもなります。

たかが日常のケアですが、病気の予防という意味でもとても大切なケアです。

チワマルを飼ってみよう

チワマルはまだ知名度も高くはない犬種ですが、魅力的な犬種です。

室内飼育をする時には、とてもオススメの犬種と言えるでしょう。

「チワマルの性格や特徴。散歩が毎日必須でない小型ミックス犬」の関連記事

「チワマルの性格や特徴。散歩が毎日必須でない小型ミックス犬」と合わせて読みたい