キジシロの特徴とは。キジトラに白い毛が入った猫

最終更新日:2017年7月14日

猫は毛の色や模様が様々で、毛色によって性格までも違ってくると言われているので面白いですよね。

キジトラと呼ばれる模様がありますが、そこに白い毛色が入った猫を「キジシロ」と呼びます。

キジシロの毛色を持つ猫にはどのような特徴があるのでしょうか。

1.キジシロとはどのような外見なのか

黒と茶色の縞模様の「キジトラ」に白い部分が交じる猫の毛色を「キジシロ」と呼びます。

逆に白ベースにキジ模様がワンポイントで入るような猫も、同じようにキジシロと呼ばれます。

キジ模様の部分が多い猫の特徴は、鼻と口周り、喉からお腹にかけて、足の先が特に白くでることが多くなります。

顔に白い部分が入るキジシロは、顔全体がキジ模様の猫に比べると顔が優しく見えると言う人もいます。

また白い模様はどのような形で入るかの決まりはありません。

眉間から口の周りにかけて雫のような形にでたり、顔の大部分が白いのに鼻の下だけキジ模様が付いてちょび髭のようになっていたりと猫によって様々です。

身体もバンダナを巻いているように首の辺りだけが白かったり、お腹全体が白かったりと様々です。

白いお腹にまるで腹巻きを巻いているようにキジ模様がでる猫もいて、様々な模様を楽しめるのがキジシロの特徴ですね。

2.まるで靴下を履いているような足

キジシロで特に可愛いと言われるのが、「まるで靴下を履いているみたい」と言われることもあるように足の先が白くなるタイプです。

白い部分の面積によって「足袋」や「ハイソックス」など言われることもあります。

足は白いのに指の一本だけキジ模様がでていて「穴あきソックス」なんて呼ばれてしまう猫もいます。

前足の先っぽだけが白い猫は「手袋」と呼ばれることもあります。

足は白いのにかかとの部分だけ黒っぽく色が付くことも多くあります。

足の色も規則性はなく、左右対称に同じように色がでるわけではありません。

勿論猫によって色の付き方はまちまちなので必ずしも足が白くなるというわけではありませんが、顔よりも足のほうが白い色がでやすいようです。

3.シロ部分が多くてもキジシロ

先程も書いたように、身体全体が白ベースに少しだけキジ模様が入っている猫も同じようにキジシロと呼ばれます。

このタイプの猫でキジ模様がでやすいのは頭や背中、そしてしっぽです。

特に頭のてっぺんとしっぽは色がつきやすいようでそこだけキジ模様という猫も多いですね。

真っ白な背中にワンポイントでキジ柄がでる猫もいます。

背中にでる模様は形も面白く、丸だったり、時にはハートの形の模様がでたりする子もいます。

しかし白い靴下とは逆にキジ柄靴下を履いているような模様がでることはありません。

それは猫の色の付き方に理由があります。

猫の毛色は上から絵の具を垂らしたように付いていきます。

色が垂れていって途中で止まった先が白いまま残るので、お腹や足だけに色が付くと言うことはないようです。

特に色が付きやすいのが頭やしっぽなので、このようなキジシロ猫が生まれてくるのですね。

4.キジシロの性格

同じキジシロですが、白の割合の多さで性格は違うようです。

キジ柄の部分の割合が多いキジシロ猫は、警戒心が強く何事にも慎重なキジトラの性格が強くでるようです。

また少し怖がりな子が多く、大きな物音がしたり知らない人が家にいるだけですぐに隠れてしまう猫もいます。

警戒心が強い、怖がり、と言うこともあり、少し攻撃的な猫も多くなります。

しかし、警戒心が解けて心を許した相手にはとても甘えん坊になります。

他人には懐かないのに飼い主には甘えてくれるというタイプですね。

甘えてくるようになっても、何故か抱っこは嫌いと言う猫も多くなります。

白の部分が多くなると、わりと脳天気な明るい性格の猫になる子が多くなります。

自分以外の子猫のお世話をしてあげたりと優しい面もあります。

白の割合の多さに比例して、おっとり感が増えるのではと言う意見もあります。

5.キジシロ猫を飼う上での注意

キジシロと言う毛色だから特につけないといけない、というような病気は特にありません。

一般的に猫が気をつけないといけないような「腎臓」や「泌尿器」には勿論注意してあげて下さい。

キジトラの性格が強くでるキジ模様の多いキジシロには、とても活発で走り回るのが大好きな子もいます。

元気に走り回れる環境や、危険な物は置かない等の対処をしてあげるようにしましょう。

キジ模様の猫は抱っこされるのが嫌いな子が多いです。

無理に抱っこするとストレスになるので、嫌がっていると感じたら必要以上に抱っこするのは控えてあげるようにしましょう。

キジシロだからと特別なことはなく、基本的には普通の猫と一緒の飼い方で大丈夫です。

白の割合で見え方も性格も変わる

キジシロ猫は基本的にはキジトラと同じでしたが、白い部分が加わることで表情も少し優しく見えたりするようです。

白い部分の割合が増えると性格もおっとりしてきたりする猫も多いようで、本当に毛色で性格が変わるんだなと感じられます。

少し警戒心の強いキジトラの性格を持っていますが、心を許すととても甘えん坊になると言う性格も同じように持っています。

キジシロ猫は毛色も性格も、成長する度に色々楽しませてくれそうですね。

「キジシロの特徴とは。キジトラに白い毛が入った猫」の関連記事

「キジシロの特徴とは。キジトラに白い毛が入った猫」と合わせて読みたい