マルチーズを飼う際のポイント。性格や特徴を知って長く一緒にいよう

最終更新日:2016年3月17日

真っ白で柔らかい毛とクリクリの目が特徴的なマルチーズ。

また、お利口で賢くしつけもしやすい犬種です。

そんなマルチーズですが、もちろん飼うにあたって注意しなければならないこともあります。

今回その5つのポイントをご紹介していきます。


1.ブラッシングは毎日が望ましい

マルチーズは毛が長いので放ったらかしにしておくと、毛玉がどんどん出来てしまいます。

毛玉が酷いと皮膚に炎症が出来てしまいますし、毛玉ができると皮膚が引っ張られている状態になるので、犬にとっても痛みを感じることもあるでしょう。

また、トリミングに行った際に毛玉があると、毛玉をとるのに手間がかかるため毛玉料金を取られてしまうこともあります。

ひどい場合は1000円以上も取られてしまいます。

ですので、スリッカーを使い、ブラッシングをすれば、犬もの被毛も痛みませんし、見た目も良いです。

そしてトリミングで毛玉料金を取られることもないです。

また、よく、トリミングサロンで耳にリボンを付けてもらいますが、長い日数そのままにしておくと大きな毛玉が出来てしまいます。

リボンはとても可愛いですが、リボンをしてもらったらなるべく早いうちに取ることも大切です。

ブラッシングは毎日して良いものですが、する際は皮膚に当てるのではなく、毛を梳かすことを意識し、毛を掻き分けて根元から優しく梳かすようにしましょう。


2.トリミングサロンは定期的に

上記に書いた通りブラッシングをすることも大切ですが、トリミングサロンには定期的に行くようにしましょう。

毛が伸び伸びの状態では見た目も良くないですし、目に毛が入り、涙が出てきたりして涙やけの原因になったり、もちろん毛玉の原因にもなります。

マルチーズには色々なカットスタイルもあるので、トリミングサロンで好きなスタイルでカットしてもらい、より可愛く素敵になるので楽しめると思います。

マルチーズは毛玉になりやすい犬種ですので、体の毛の長さを短くしてもらうことをオススメします。

また、トリミングサロンに定期的に行くことで、マルチーズの特徴でもある純白さを維持することにも繋がります。

3.吠えグセに注意

実は、マルチーズは警戒心も強く、吠えグセが強い犬種になります。

さらに高い声なので、無駄吠えが酷いと近隣の迷惑になってしまいます。

マルチーズを飼ったら無駄吠えをしないようにしつけるようにしましょう。

まずは、甘やかし過ぎないようにしましょう。

マルチーズは甘えん坊な性格です。

ついつい可愛くておねだりを何でも許してしまうと、ワガママな性格になってしまい、何かをして欲しい時に毎回吠えるようになってしまいます。

吠えられてもおやつはあげないなど、その要求に答えないようにして、吠えられても完全無視を心がけることが大切です。

他にもインターホンの音などに吠えた場合は、犬に危害を与えないように大きな音を立てたりして気を逸らさせたり、水の入った霧吹きを犬に軽くかけたりしましょう。

ただし、霧吹きをかける時少し離れた距離から、ワンプッシュだけにしましょう。

褒める時は褒める、叱る時は叱るとメリハリをつけるようにしましょう。


4.室内で飼育しましょう

小型犬は大抵室内飼育が基本ですが、マルチーズは特に室内で飼うようにしましょう。

マルチーズは季節に応じて生えたり抜けたりするアンダーコートがないシングルコートの犬種になり、暑さや寒さに弱いので、暑い日には長い間陽の当たる場所にいさせない、寒い日には暖かいブランケットなどをかけてあげる等、しっかり管理してあげるようにしましょう。

運動量も室内で遊ぶ程度で充分ですので、お家でたくさん遊んであげましょう。

だからといって外にお散歩しないのはストレスも溜まりますし、外の世界が怖くなってしまうので、1日に1回程度はお散歩に連れて行ってあげましょう。

5.かかりやすい病気に注意

犬にも様々な病気があり、それは日頃のケアや対策で充分に防げるものばかりです。

その中でも特にマルチーズにかかりやすい病気があります。

常に涙が流れる流涙症。

これは目の周りの毛が目に入らないようにすることで防げます。

後肢の膝蓋骨が外れる膝蓋骨脱臼。

これは小型犬には多いです。

脚に無理をさせないよう、高い所からのジャンプや後ろ足だけでの二足歩行をさせないよう心がけてください。

そして、タレ耳の犬になりやすい外耳炎。

細菌や耳ダニが耳の内側に入ってなるものです。

他にもシャンプーした時に入った水が残ったままだとなりやすいので、コットンなどで手の届く所だけで良いので拭くようにしましょう。

よく綿棒を使う方もいますが、これはオススメしません。

綿棒の先は犬の耳にとっては硬く、傷つきやすく逆効果になります。

基本は病院やトリミングサロンで耳掃除を頼みましょう。

また、これ以外の病気にはかからないというわけではありませんので、病気にならないように予防接種をしたり、ノミダニ対策をしたりと基本的な対策は必ずするようにしてください。

マルチーズと幸せな生活を

マルチーズは毛玉が出来やすかったり無駄吠えが多かったりする犬種ですが、様々なカットスタイルを楽しむことが出来たり、甘えん坊な性格だったり遊ぶのが大好きだったりと、可愛く性格をしいます。

そして、しつけやすく飼いやすい犬種でもあるので、毎日のブラッシング、定期的なトリミングサロン、無駄吠えのしつけの3つのポイントを心がけていけば、ペットも飼い主さんもお互い気持ち良く生活していくことが出来ます。

「マルチーズを飼う際のポイント。性格や特徴を知って長く一緒にいよう」の関連記事

「マルチーズを飼う際のポイント。性格や特徴を知って長く一緒にいよう」と合わせて読みたい