ダックスフンドには3種類いる!種類ごとの性格や特徴

最終更新日:2016年10月19日

ダックスフンドを飼いたいと思った時に、ほとんどの人がダックスフンドの種類の多さに驚くことでしょう。

大きさ、毛並、毛色まで様々ですし、性格も全然違っていたりするので、とても興味深い犬でもあります。

そんなダックスフンドの種類には、それぞれどういった特徴があるのでしょうか。


1.スタンダードダックスフンド

スタンダードダックスフンドは3種類あるダックスフンドの中では、一番大きいサイズの種類です。

生後1年では体重は10kg前後が理想となっており、胸囲は35cmを越えるサイズとなっています。

古くは1600年代のドイツで、ハウンド犬をいくつか掛け合わせて生まれたのが起源だとされていますが、正確にはよく分かっていないのが現状です。

元々アナグマを狩るために掛け合せられた犬で、狭い穴に潜り込みやすいように胴長短足になりました。

性格は毛質によってもバラツキがあるようで、愛情深い人懐っこい性格の持ち主や、遊び好きで狩りをしていた時の本能が残っているような警戒心の強い犬もいるようです。

体は3種類の大きさのダックスフンドの中では大きいですが、短足なので散歩の時間も短くて済みますし、室内飼育の方が適していると言えます。


2.ミニチュアダックスフンド

国内では最も知られているダックスフンドで、生後1年では体重が5kg弱で胸囲が35cmほどが理想な体型となっています。

ミニチュアダックスフンドの起源はスタンダードダックスフンドで、サイズの小さい犬と、テリアやピンシャーを掛け合わせたことで生まれたとされています。

ミニチュアダックスフンドもアナグマ狩りをする為に生まれてきた犬で、名前の由来もドイツ語でアナグマを表すダックスと、犬を表すフンドに由来しています。

性格もバラツキがありますが、愛情深い人懐っこい性格な犬が多いです。

狩りをする為に生まれてきた犬なので、番犬にも向いている犬ということで室内で番犬用に飼われていることも多いです。

体の比率では、犬の中でも一番胴長で短足とされているのが特徴でもあります。

ストレスが溜まってくると無駄吠えをすることもあるので、適度に散歩をしてストレスがなくなると無駄吠えもしなくなります。

3.カニンヘンダックスフンド

3種類あるダックスフンドの大きさの中では、一番小さいサイズの種類となっています。

生後約1年くらいでは、体重が3kgくらいで胸囲が30cm以下となっており、ドイツ語でカニンヘンはおもちゃの意味を表します。

ミニチュアダックスフンドをさらに小型化したサイズで、狩りをする本能はそのまま残っています。

更に小さい穴の中に入ることができるのが特徴にもなっているようです。

怖がることを知らない好奇心旺盛な性格なので、昔の狩りをしていた本能がそのまま引き継がれているようです。

室内で飼うことが多いですが、とても賢い犬なのでしっかりとしつけをすることで、室内の番犬の役割も果たしてくれるので人気となっています。


4.毛並みの違い

ダックスフンドは毛並みによっても3種類に分けられています。

スムースヘアーのダックスフンドは基本の毛並みとされていて、最も筋肉質な肉体が見える毛並みです。

元は狩りをする犬なのでとても筋肉質な肉体を持っていますし、体が丈夫でたくましいのも特徴となっています。

ロングヘアーのダックスフンドは、3種類の中では特に気品がある様に見えます。

室内犬として飼われるダックスフンドですが、ロングヘアーは性格も大人しいので可愛らしい体つきと合わせて人気となっています。

ワイヤーヘアーのダックスフンドは、ごわごわした感じの毛に覆われているのが特徴で、やんちゃな性格でも知られています。

テリア系の血が混ざっているので、気が強いのも特徴なために番犬にも向いています。

5.毛色の種類

ダックスフンドは大きさや毛並みでも分けられていますが、毛の色でも数種類に分けられています。

毛並の3種類に加えて、毛色は1色、2色、ダップル、プリンドル、パイボルドなどに別れます。

パイボルードは公認されている毛色ではありませんが、ロングヘアーのダックスフンドに見られ、ワイヤーヘアーにはその他の毛色として、グリズル・ソルト ペッパー・ワイルトボアがあります。

毛色の種類でも15種類に分類されているので、ダックスフンドを飼いたいと思っている人でも初めはとても迷うことが多いでしょう。

毛色によってある程度の性格も違っているので、大人しい性格ややんちゃな性格など、自分好みの見た目や性格を選ぶことができるのがダックスフンドの特徴でもあります。

3種類の中から好みのダックスフンドを見つけよう

ダックスフンドは元々狩りをする為に生まれてきた犬ですが、室内で番犬として飼われている人も多いですよね。

見た目に可愛さとは違って、勇猛果敢で臆することもない性格なのでとっても賢い犬でもあります。

ダックスフンドは見た目でもある程度の性格の違いなども分かるので、ぜひダックスフンドを飼いたい思った時には、毛色や毛並などを参考に自分好みのダックスフンドを探してみてはいかがでしょうか。

「ダックスフンドには3種類いる!種類ごとの性格や特徴」の関連記事

「ダックスフンドには3種類いる!種類ごとの性格や特徴」と合わせて読みたい