うさぎが添い寝をする時の心理とは。添い寝をしてくる時の気持ちを知ろう

最終更新日:2018年10月15日

うさぎを知らない方からしてみれば、うさぎは懐くのだろうかと思われがちです。

しかし時には、うさぎが飼い主に添い寝をしてくれることもあります。

どのようなときに添い寝をしてくれるのかご紹介します。

甘えているため、添い寝をする

うさぎにとって飼い主は絶対的なパートナーになってきます。

基本、マイペースな子が多いので部屋に話した際、自由奔放に動き回るのですが、あまりほっておいてしまうと、構ってほしいとアピールしてきます。

抱っこは嫌いですが、撫でられるのは大好きなうさぎが多いのも事実です。

構われすぎると逃げてしまいますが、構わなすぎると自分から寄ってくる場合があり、ツンデレな部分があります。

甘えているというのは、飼い主のことをとても信頼し、飼い主のことが大好きということです。

普段から適度なボディタッチを欠かさず、うさぎとのコミュニケーションがとれていれば、十分このような心理になりえます。

ここにいるんだよと、アピールで添い寝をする

飼い主がゴロゴロしながら何かに没頭しているとき、例えば携帯やスマートホンなどの使用をしているとき、雑誌や本などを読んでいるとき。

構われなく寂しくなったうさぎは、自分の存在アピールをします。

自分は無視されてるのではないか、自分のことを忘れてしまってるのではないか、と不安になり添い寝してくる場合があります。

うさぎは適度に構われないと、飼い主にわかってもらうために自分から行動を起こすことがあります。

なので、飼い主から大丈夫だよ・ここにいるのはわかってるよと言われると安心します。

普段から話しかけていれば、言葉を理解する能力はあるので、ちゃんと話してあげることが大事になります。

撫でてもいいよ、という気持ちで添い寝をする

うさぎはツンデレの子が多いので、普段寄ってこなくても、撫でて欲しいなと思うと自分から寄ってきたりします。

飼い主が撫でようとうさぎに近寄ろうとすると逃げたりします。

また、撫でられる気分じゃないと、首を振って拒否をしたりします。

ただ、自分から寄ってくるということは、撫でてもいいと許可しているときです。

縄張り意識が強く、自分が上に立っていないと気に入らない子もいるので、飼い主より自分が強いと思ってる子に多いです。

あくまでも、自分のペースで撫でられたり、触られたいしたい子がこのように感じています。

そのようなときは、今は撫でられたいんだね。

しょうがないから撫でてあげると言うと、うさぎは満足して喜びます。

作戦会議のために、添い寝をする

うさぎは頭がいいので、自分が何をしたらおいしいものを貰えるかわかっています。

飼い主と添い寝をしたら、かわいいと思ってくれて、撫でてもらえるし、さらにおやつをくれるかもしれない。

と思っている確信犯の時があります。

自分のかわいいしぐさや、飼い主ウケのする行動など十分熟知しています。

うさぎの頭の中では、さっきこうしてもらえなかったから、今度は添い寝してみようと、様々な思考をまき散らして、どうしたらおやつが貰えるかを考えています。

そこで、おやつが貰えたら、味を占めて繰り返し添い寝をしてきます。

貰えなかったら、また、違うしぐさや行動をすることがあります。

頭の中で作戦会議をしながら、添い寝してくれてるのです。

そばにいるよ、と添い寝をする

飼い主が悲しんでたり、落ち込んでいたりすると、いち早く心情に気づき、一緒に添い寝してくれることがあります。

うさぎは、飼い主の心情を読み取るプロなので、悲しんでいたりすることを理解します。

自分はここにいるから大丈夫だよ。

悲しまないで、と飼い主を慰めてくれてます。

黙ってそばに居てくれるのです。

普段から、かわいがられているうさぎは、飼い主との意思の疎通がしっかりできているので、自分が寄り添えば、笑ってくれると知っているのです。

うさぎは、飼い主が元気ないのが嫌です。

いつものように、一緒に遊んで、走り回って、楽しく過ごしたいのです。

だから、慰めるように、じっと動かず添い寝したりします。

いつも一緒だよ、と添い寝をする

自分が、かわいがられていると認識してるうさぎは、飼い主のことが大好きなので、くっついていたいという感情が芽生えます。

それは、とても懐いている証拠でもあり、うさぎさんとのいい関係が築けているということでもあります。

特に一羽飼いされているうさぎに多いです。

うさぎは、元々群れで暮らしている動物で、縄張り意識が強い反面、仲間意識も非常に強いとされています。

同じ群れの仲間に対しては、非常に心を開き、寝るときも、エサを探すときも、ずっと一緒に行動しています。

飼いうさぎさんに関しては、群れなどないため、必然的に飼い主に寄り添う形になります。

時と場合によってうさぎが添い寝する心理は違う

うさぎは、その時その時で、違ったことを考えている、とても感情豊かな動物です。

きっちりとその場の状況を判断し、出来事と重なり合わせていけば、同じ添い寝でも、色々な可能性が考えられたりします。

うさぎから沢山の情報を掴んでいけば、この先もっとより良い関係が築けることでしょう。

うさぎが添い寝をする時の心理とは。添い寝をしてくる時の気持ちを知ろうに関連するペット情報

動物関連記事(外部サイト)