日本にいる野生のうさぎの種類とは

最終更新日:2017年3月13日

うさぎはペットとしても可愛らしくておなじみの動物です。

しかし実は日本にもペットではありませんが、たくさんの野性種のうさぎ達が生息しています。

今回はそんな日本の野性うさぎ達についてご紹介します。

日本の野性うさぎの種類と、飼いうさぎとの違い

日本のうさぎ達は特徴や生息地により、様々なグループに分けられています。

一番多く分布しているのは、ニホンのうさぎと呼ばれるグループです。

それぞれ異なる特徴もあるため、トウホクのうさぎ、サドのうさぎ、オキノうさぎ、キュウシュウのうさぎの4種として扱われる場合もあります。

一方、北海道に生息するエゾのうさぎはユキうさぎというグループに属するうさぎで、エゾナキうさぎはユーラシア大陸などに生息するナキうさぎと同じ仲間です。

また、アマミのクロうさぎも独立したうさぎの種類です。

飼いうさぎと野性のうさぎの違いについては、日本の野性うさぎが野うさぎであるのに対し、ペットのうさぎは大抵が穴うさぎです。

野うさぎは深い穴を掘らず、草地などに浅いくぼみを作って暮らします。

一方穴うさぎは入り組んだ深いトンネルを掘ります。

子うさぎについても野うさぎは生まれた時から毛も生え、目も開いているのに対し、穴うさぎの子どもは毛が生えておらず、目も開いていません。

エゾうさぎ、エゾナキうさぎ

まずは日本の一番北の方に生息するうさぎ達についてです。

北海道に生息するのはエゾうさぎとエゾナキうさぎの二種です。

エゾうさぎは北海道の平野や高地などあらゆるところに生息しており、体長は50cm~60cm、体重は1、6㎏~3、95㎏ぐらいです。

体毛が夏は茶色、冬は白に変わりますが、特徴的な耳の先端部の黒い色だけは変化がありません。

冬は雪に穴を掘って白い体をその中に隠して暮らしています。

足の裏にかんじきのような毛が生えています。

もう一つの種類はエゾナキうさぎです。

別名ハツカうさぎ、イワうさぎなどと呼ばれます。

見た目は耳が丸くて短く、ネズミのような外見にも見えます。

尻尾はありますが毛に隠れて見えません。

体毛の色は夏場は赤褐色、冬は灰褐色~暗褐色をしています。

生息地は北見山地、大雪山、夕張山地、日高山脈などです。

名前の通りよく鳴くのが特徴です。

この鳴き声で仲間同士コミュニケーションを取るのだと言われます。

トウホクのうさぎ、サドのうさぎ

二番目にご紹介するのは北海道より少し下に行った東北地域、新潟佐渡島に生息するうさぎです。

まずはサドのうさぎです。

やはり積雪の多い地域ということもあり、北の地域のうさぎ達と同様に、夏は茶色く冬は白色になります。

体長は50cmほど。

他の野性のうさぎに比べて後ろ足が小さ目です。

数も少なく、絶滅危惧種にも指定されている希少な島うさぎです。

一方、トウホクのうさぎは日本海側の雪の多い所に生息しています。

体長は45cm~55cmぐらいです。

こちらも夏は茶色、冬は体毛が白に変わります。

オキノうさぎ、キュウシュウのうさぎ

次は本州の中国地方や九州に生息するうさぎ達です。

まずオキノうさぎは島根県の隠岐諸島に生息するうさぎです。

体長は50cmぐらいです。

冬になっても茶色に少し白い毛が混じる程度にしか変化がありません。

中国地方の民話として因幡の白うさぎがありますが実際は茶色っぽいようです。

キュウシュウのうさぎはその名の通り、九州に生息するうさぎです。

こちらは南に近いこともあり、体毛が一年中茶色いのが特徴です。

体長は45cm~50cmほどです。

なぜ白くならないかと言えば、一番有力なのは雪が降らないので茶色い方が天敵から身を隠しやすいということのようです。

アマミのクロうさぎ

最後は日本の南、鹿児島県の奄美大島と徳之島に生息するうさぎです。

このうさぎはアマミのクロうさぎと言い、見た目は真っ黒で目が小さく耳も非常に短い、明らかに他のうさぎ達とは違う見た目をしています。

体の特徴としては後ろ足が短く、爪が長いことです。

他のうさぎのようにあまり飛び跳ねるような足の構造はしておらず、爪で土を掘り、巣穴などを作るそうです。

メスは子育ての際、自分の巣穴からかなり離れた所に子うさぎの巣穴を作り、授乳時以外は入口を土で塞いでしまうそうです。

これはハブなどの天敵に子供が襲われないようにするためと言われています。

また、アマミのクロうさぎは国の特別天然記念物及び、希少野生動植物種に認定されています。

鳴きうさぎの他には、最もよく鳴くうさぎとしても知られています。

日本にいる野生のうさぎについて知ろう

日本にはあまり知られていませんが様々な野性のうさぎがいます。

うさぎ達は性格が非常に臆病なのでなかなか人前に出てきませんが、旅行に行った際など運が良ければ会えるかもしれません。

見つけたら驚かさないようにそっと可愛い姿を観察しましょう。

愛らしいうさぎ達にきっと癒されることでしょう。

「日本にいる野生のうさぎの種類とは」の関連記事

「日本にいる野生のうさぎの種類とは」と合わせて読みたい