犬が散歩中に急に止まってしまう時の心理や理由とは

最終更新日:2018年10月14日

散歩をしていて、犬が急に立ち止まって動かなくなってしまうと戸惑ってしまいますね。

犬は何を考えていて、何が理由なのでしょうか?そんな時の犬の心理や理由についてご紹介します。

1.病気や怪我のため、散歩中に急に止まる

足に怪我をしていれば、歩き方で気づくことができるでしょう。

とげが刺さっていたり、肉球が傷ついていないか、関節を傷めていないかなど注意して見てあげましょう。

病気が原因のこともありますが、犬は体に不調があっても隠そうとするので、散歩に行く前は何の異常も見られないことがあります。

野生の犬は弱みを見せると敵に襲われるので、体の不調はできるだけ隠すようにしていたころの本能の名残です。

夏の暑い日に散歩をさせると熱中症になったり、熱くなったアスファルトで肉球を傷めることがあります。

犬が散歩中に急に立ち止まって動かなくなったら、何か痛みに耐えているか重い病気かもしれません。

犬の様子を見て、苦しがっていたら無理に歩かせようとせず、休みながらゆっくり歩かせたり、抱いて連れて帰って獣医師に連れて行きましょう。

2.疲労や体力不足のため、散歩中に急に止まる

老犬の場合、散歩の途中で疲れて歩けなくなることがあります。

いつもと同じコースで歩いていても、だんだん体力が衰えていつもどおりに歩けなくなります。

様子を見て散歩の時間を減らしたり、楽なコースに変えましょう。

肥満や運動不足で体力が続かなくなる犬は、根本的に健康を改善しましょう。

フレンチブルドッグなど短頭腫の犬は、マズルの構造上呼吸困難になりやすいので、激しい運動をすると酸欠や熱中症になって動けなくなることがあります。

こうした種類の犬が散歩の途中で立ち止まったら、無理をしないように休みながらゆっくり歩くようにしてください。

また小型犬の場合、散歩が長すぎると体力が続かないことがあります。

その犬に合う散歩の量にして、多すぎるようなら調整しましょう。

3.恐怖や不快を感じるものがあるため、散歩中に急に止まる

犬が急に立ち止まって動かなくなったら、何か恐怖を感じるものがあるのかもしれません。

大きな音を出す工事現場、嫌な音や臭いを出す工場、車の通りが激しい道路、大声を上げて遊ぶ子供たち、自分よりも強そうな犬がいる場所など、何か犬が嫌がりそうなものがあるはずです。

何もなさそうでも、犬は他の犬がつけた臭いなどを嗅覚で察知しています。

またその時に恐怖や不快感を感じるものがその場になくても、以前に遭遇した時のことを覚えていてトラウマになっている可能性があります。

例えば公園で他の犬にいじめられた経験をすると、その公園に行く前に足が止まってしまいます。

原因になるものがわかったら、それを取り除くか避けて通る、または大丈夫であることを学ばせるようにしましょう。

4.気になるものがあり警戒しているため、散歩中に急に止まる

犬が急に立ち止まったら、何か気になるものがあって耳をすませたり鼻を働かせて警戒しているのかもしれません。

犬の優れた聴覚や嗅覚は、人間にはわからない微妙な音や臭いを察知することができます。

犬は警戒心が強いので、未知のものに対してはすべて警戒します。

聞きなれない音、嗅ぎなれない臭い、見慣れないものなど、すべて警戒の対象になります。

特に散歩コースがいつも決まっている場合はいつもと違う気配がすると、立ち止まってしまいがちです。

5.自分が好きなように歩きたいので、散歩中に急に止まる

犬は縄張り意識が強いので、歩いている途中で自分がマークした縄張りが荒らされていないか、他の犬の縄張りがどうなっているのか、臭いを嗅いで確かめたがります。

散歩をしていてそれが思うようにできないと、機嫌を悪くして立ち止まってしまうことがあります。

これは犬と飼い主の主従関係が逆転している時に起こりがちです。

散歩中は自分がリーダーであると思っている犬がこのようになりがちです。

もう一度しつけや生活を見直して、飼い主がいつでもリーダーであることを犬にわからせる必要があります。

6.首輪やハーネスが合わないので、散歩中に急に止まる

もしかすると、首輪やハーネスが合っていなくて犬が痛がったり苦しがっているのかもしれません。

犬が引っ張ると首がしまるチョークチェーンや、胴がしまるハーネスや、マズルを縛るタイプの装具などは、しばしば犬に痛みや不快感を与えるものです。

そのために犬が立ち止まっている可能性があります。

こうしたものを着けている場合は、犬が不快感を感じていないか確かめてみましょう。

7.散歩に慣れていない

散歩を始めたばかりの子犬は、経験が浅いためになかなか歩かないことが多いものです。

子犬にとっては外の世界はすべて未知のもので、経験が浅いためにちょっとしたことにも警戒したり恐怖を感じて動かなくなってしまいます。

しかし歩かなくなるたびに抱き上げると「立ち止まると抱き上げてもらえる」と覚えてしまってますます歩かなくなってしまいます。

リードの引き方を工夫したり、おやつやおもちゃをうまく使って、上手に散歩ができるようにしつけていきましょう。

犬が散歩中に急に止まってしまう理由とは

犬が散歩中に立ち止まってしまう時には、いくつかの理由があります。

病気や怪我や体力不足、恐怖心や警戒心から、自分の好きなように歩きたいから、装具が合っていない、経験不足などです。

犬が立ち止まる原因を見つけて、原因を取り除いたり犬に必要なしつけをして、犬が快適な散歩ができるように改善してあげましょう。

犬が散歩中に急に止まってしまう時の心理や理由とはに関連するペット情報

動物関連記事(外部サイト)