犬にアボカドは基本的にダメ!注意点などを知っておこう

最終更新日:2018年10月14日

アボカドは「森のバター」といわれるように、ビタミンEを多く含み、不飽和脂肪酸は血中コレステロールを下げる働きをするヘルシーな食べ物です。

しかし人間にとってヘルシーなアボカドは、犬にとってもヘルシーなのでしょうか?

1.犬にアボカドをあげても良いのか?

まず犬にアボカドをあげても良いのかどうかということです。

結論から言うと、あげない方が良いでしょう。

アボカドには犬にとって有害な「ペルジン」という物質を含んでいます。

また種を誤嚥しやすい、アレルギーを起こしやすい、脂肪分が多すぎるなどのデメリットがあります。

栄養分が多い食物なのでメリットもありますが、リスクを考えるとあげない方が良いということになります。

2.アボカドに含まれる「ペルジン」とは

アボカドに含まれる「ペルジン」は、犬が摂ると中毒を起こす危険な物質です。

ペルジンを摂った犬は、嘔吐、下痢などの胃腸障害を起こし、最悪死に至ることもあります。

ペルジンは人間には害はありませんが、犬、猫、うさぎ、牛、ブタ、羊、鳥類などには有害です。

どのアボカドにもペルジンが含まれるのかというと、アボカドの品種によって違います。

「グアテマラ腫」というアボカドは特にペルジンの含有量が多いので危険です。

その他のアボカドは種類によって違っていて、ほとんど含まないものもあります。

しかしアボカドは約700種類もあるので、市販のアボカドのどれが有害でどれがそうでないのかを見分けることはできません。

実際犬がアボカドを食べてしまったけれど大丈夫だったという話は良くあります。

もしかするとペルジンをあまり含まない種類だったのかもしれません。

また犬の体質や体重や年齢によって、少しの量でも中毒になる犬と、かなり食べても大丈夫な犬とがいます。

しかし念のために用心してどの犬にもあげないようにした方が良いでしょう。

3.アボカドの種と皮が特に危険

ペルジンはアボカドの種と皮に特に多く含まれています。

人間がアボカドを食べるときは種や皮は取り除きますが、犬がアボカドを見つけたら、きっと丸ごと食べてしまうでしょう。

犬は歯が丈夫なので、皮や種も嚙み砕いて飲み込んでしまうかもしれません。

犬はアボカドの毒性の強い部分を食べてしまいがちなので、丸ごとのアボカドは犬に見せないようにしましょう。

またアボカドの種は球形で滑らかなので、誤嚥を起こしやすく危険です。

アボカドの皮は、中毒を起こさなかったとしても、硬くて消化が悪く、便秘を起こしたり胃腸を傷つけることがあります。

4.アボカドはアレルギーを起こしやすい

アボカドは、天然ゴムと同じ分子構造を持っていて、アレルギーを起こしやすい食べ物です。

犬がアボカドでアレルギー反応を起こすと、痙攣、呼吸困難などを引き起こし、死に至る場合もあります。

アボカドや天然ゴムと似たような分子構造を持つ食べ物には、トマト、キウイ、バナナなどがあり、同じ理由でアレルギーを引き起こします。

犬がもしアレルギー反応を起こしたら、すぐに獣医師に連れて行きましょう。

5.アボカドを食べ過ぎると肥満になる

アボカドの品種によって、また犬の体質によって、全く害が無く食べられることもあります。

クリーミーで口触りが良いアボカドを犬は喜んで食べますが、アボカドは脂肪分が多くカロリーが高いので、食べ過ぎると肥満になります。

アボカドはヘルシーであるとはいえ、100gで190kcalあり、丸ごと一個で260kcalあります。

これは人間の成人の平均的な一日の必要カロリー(1800kcal~2200kcal)の7分の1から8分の1にあたります。

身体が小さい犬がアボカドを丸ごと食べてしまったら、完全にカロリー過剰になってしまいます。

またアボカドは成分の約4分の1が脂肪分なので、いくらヘルシーといっても過剰に摂るのは良くありません。

人間でもアボカドは1日半分が摂取量の上限といわれます。

もし犬にアボカドをやって毒にあたらないとしても、やはりあげない方が良いでしょう。

6.アボカド入りのドッグフードとアボカドのメリット

このように害があるアボカドですが、実はアボカドを使った「アボダーム」というドッグフードがあります。

1970年代からアボカド入りフードを作っているということなので、おそらくペルジンを含まない品種のアボカドを使っているか、製法で毒性を無くしているかだと思われます。

犬にどうしてもアボカドを与えたいという人は、アボカドを食べさせるよりはこのようなフードの方が安全かもしれません。

アボダームは、アボカドに含まれるビタミンやミネラルが、犬の皮膚疾患を改善して毛並みを良くしてくれます。

不飽和脂肪酸が血中コレステロール値を下げ、肥満や防ぎ、ダイエット効果もあるということです。

またアボカドオイルの抗酸化作用で細胞を若返らせます。

ただアボカド入りのフードがすべての犬に安全かというとそれはわかりませんので、もし試してみる場合は最初は少しずつにしましょう。

リスクを考えてから犬にアボカドをあげよう

アボカドは栄養価が高くメリットが多い食品ですが、犬が中毒を起こす危険な物質を含み、その他にもデメリットがあるのであげない方が良いでしょう。

どうしてもという場合は、アボカド入りのドッグフードがあるので試してみてはいかがでしょうか?

犬にアボカドは基本的にダメ!注意点などを知っておこうに関連するペット情報

動物関連記事(外部サイト)