犬にお酒やアルコールは絶対NG!少しの量で死んでしまうケースも

最終更新日:2016年5月17日

「アルコールを犬が飲んだらどうなるんだろう…?」ということは誰しも気になると思います。

でも、絶対に与えてはいけません。

どうしていけないのか、もし飲んでしまったらどうしたら良いのかご存知でしょうか。

そこで今回は犬にお酒やアルコールを飲ませてはいけない理由をご紹介します。

1.犬はアルコールを分解することができない

犬はアルコールを分解することができない(アルコールを分解する能力が極めて低い)と言われています。

アルコールを飲むと、胃や腸から吸収されて、血液中に入り肝臓に達します。

そして肝臓で分解されて、アセトアルデヒドという物質が産生されるのです。

このアセトアルデヒドは実は発がん性がある物質です。

毒性も強く、アルコールの10倍もの毒性を持つと言われています。

ただ、人間では、このアセトアルデヒドは最終的には肝臓で解毒され、無毒化されるので問題ありません。

お酒に強い人というのは、この反応を行う酵素(アセトアルデヒド脱水素酵素)を多く持っている人で、どんどん無毒化することができます。

逆に、お酒が弱い人はこの酵素の量が少ない人ということです。

犬がこのアセトアルデヒド脱水素酵素を持っているかはまだ明らかになっていませんが、結論から言うと、犬はアルコールを分解できません。

つまり、分解されないアルコールが身体の中を回ってしまい、脳へ達し、呼吸や心肺機能を抑制してしまう可能性があります。

人間はどんどん代謝されるのである程度の量のお酒を飲めますが、飲みすぎてしまうと命に関わるアルコール中毒になることがあります。

体温が下がり、呼吸が抑制され、心拍数が下がり、死に至ります。

アルコールを分解できない犬は、少量でこの状態になりやすいのです。


2.少量のアルコールでも犬には致死量になる

アルコールを分解することができない犬は、体重1kgあたり5.6ml程度の量(…100%アルコールの場合)で致死量に達すると言われています。

アルコール度数によって致死量は変わりますが、アルコール度数が10%程度のお酒では1㎏あたり50mlくらいの量飲むと致死量になるということになります。

3㎏くらいの犬だと、コップ一杯くらいのお酒の量が致死量に当たるということです。

たまたま口にしてしまったお酒がアルコール度数40%のウイスキーだったら、もっと少量で致死量に至ってしまうでしょう。

甘いお酒は犬も好きな場合が多いので、あっという間に飲んでしまう危険性があります。

この致死量は、一般的な数字なので、もちろんこれよりも格段に少ない量で亡くなってしまったという報告もあります。

3.アルコールはすぐに吸収されてしまうので、対処しにくい

犬では、異物を食べてしまうことがたびたび問題になります。

例えば食べ物の種、おもちゃの一部などです。

中毒になってしまうタマネギやチョコレートも問題になることが多いです。

でもこれらは食べた時にすぐ見つけることができ、また、動物病院に連れていくことができれば吐かせることができるため、事なきを得ることもあります。

一般的に、食べた後2時間は胃の中にあると言われています。タマネギやチョコレートも吸収されなければ、症状も出ません。

でもアルコールは吸収されるのが非常に早いので、動物病院に連れて行っても時すでに遅しということがあります。

液体なので胃から腸へ流れ込むのも非常に早いのです。

動物病院に行っても、吸収されてしまうと対症療法しかできません。


4.アルコールを飲んだ時の症状

軽度は興奮したりするところから始まり、中程度酔いが回ると運動神経も抑制されふらふらしたり、ぼーっとしているという症状が見られるようになります。

このような状態を面白がってネット上にアップしている人もいますが、非常に危険な状態です。

もう少し酔いが進んでしまうと、呼吸抑制、心肺機能の抑制が起こります。

放置すれば、間違いなく死に至ります。

5.犬がアルコールを万が一飲んでしまった時の対処法

必ず動物病院に連れていきましょう。

いつ飲んでしまったか、どの程度の量飲んでしまったのか、ということをしっかりと獣医師に伝えることが大切です。

お酒を飲む時間帯なので、犬がお酒を飲んでしまったと問題になることは夜に多いでしょう。

でも、翌日まで様子を見てというのは絶対にいけません。

必ずすぐに近くの夜間救急に行きましょう。

行く前に念のため電話をかけておくと良いです。


6.面白がって犬にお酒を飲ませるのは絶対にNG

ネット上にたくさんアップされている動物がお酒を飲んだ映像は、あくまでも運よく何もなかった場合であって、少し間違えば命を落としていたことでしょう。

犬にとってアルコールは毒物です。

愛するペットにお酒を飲ませるということは言語同断です。

お正月やクリスマスなど、パーティーの増えるシーズンには図らずも犬がお酒を飲んでいたという事故も多いので、気をつけましょう。

一口でも絶対ダメな犬へのアルコール

ほんの少しなら…という気持ちは本当に危険です。

どんな少量であっても、犬にアルコールはNGです。

いつまでも元気でいてもらうために、十分気をつけましょう。

「犬にお酒やアルコールは絶対NG!少しの量で死んでしまうケースも」の関連記事

「犬にお酒やアルコールは絶対NG!少しの量で死んでしまうケースも」と合わせて読みたい