犬にヨーグルトを与える時の注意点

犬にヨーグルトは与えて良いの?犬へヨーグルトをあげる際の注意点5つ

最終更新日:2015年9月21日

人間などであれば、胃腸が弱っているときにはヨーグルトなど乳酸菌を摂取すると良いと言いますよね。

しかし、犬や猫の動物が相手だと、人間の食べ物を与えてもよいものか、心配になることも。

「え、これがダメだったの?」とビックリしてしまった経験もある方、いらっしゃるのではないでしょうか。

ヨーグルトに関しても、基本的には与えても大丈夫なのですが、注意点やポイントがあります。

今回は、そんな犬にヨーグルトを与えるときの注意点とポイントについてご紹介します。


1.無糖ヨーグルトを選ぶ

先ほども申し上げた通り、基本的には人間用として販売されているヨーグルトを犬に与えても、大きな問題はありません。

しかし、この時にいくつか注意が必要となることがあります。

その一つ目は、「無糖のヨーグルトを選んであげる」ということです。

これは、他の食材にも言えることですが、犬は人間の大人よりも身体が小さい生き物。

人間と同じ塩分、糖分の食べ物を与えてしまうと、糖尿病などの病気リスクがグッと上昇してしまいます。

ヨーグルトを飼い犬に与えてあげる際は、ぜひ、無糖のヨーグルトを選んであげるようにしてください。


2.ヨーグルトは常温に戻してあげる

他の食材と同じことが言えますが、できる限りヨーグルトは常温に戻した状態で与えてあげるようにしましょう。

ヨーグルトをあげたい、とお考えになるということは、現在、飼い犬の胃腸が弱っている。

もしくは、飼い犬の胃腸を強くして免疫を上げたい、という想いがあるかと思います。

そんな状態で、冷蔵庫から出したばかりのキンキンに冷えたヨーグルトをあげることは、どんな影響があるのか。

考えただけでも、お腹が痛くなりそうですよね。

少し面倒だと思う方もいるかもしれませんが、これも全ては可愛い飼い犬のため。

ヨーグルトは一時間前などから皿にだしておき、常温に戻した状態で与えてあげることを意識しましょう。

3.最適なタイミングは「食後」

人間であれば、中には食間のおやつとしてヨーグルトを楽しまれる方もいると思います。

その考えをそのまま適用し、おやつとしてヨーグルトをあげる。

これも絶対的な間違いとは言いませんが、効果が薄まることをお伝えしておきます。

犬だけではなく、人間も同じことが言えますが、ヨーグルトを摂取する最適なタイミングは、ズバリ食後です。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、胃酸など、強い酸性を浴びることで死んでしまいます。

その状態でも、少数の乳酸菌は腸まで届くのですが、効果は半減ですよね。

可能であれば、食後の胃酸が薄まっているときに、ヨーグルトを摂取させることを意識してみてください。

食間の摂取するよりも、多くの乳酸菌を腸まで運び、大きな効果を得ることができるのではないでしょうか。


4.人間の体重換算で適切量を割り出す

与えるときの注意をお伝えしてきましたが、ここまで読まれると「それで、どのくらい上げれば良いのだろうか」と考えられる方もいると思います。

そんなときに便利な考え方となるのが、人間の体重換算で、犬の適切量を割り出すという考え方。

人間で言えば、ヨーグルトの一日当たりの適切な摂取量は300g程度とのこと。

成人男性の平均体重は、年代によっても変わりますが、大体65㎏前後となります。

つまり、この量をご自宅の飼い犬と比較し、適切な量を割り出すことができるのです。

大まかに、体重3㎏の犬であればティースプーン1杯、体重が5㎏であれば2杯弱程度が適切な量となります。

5.毎日、きちんと摂取することが大切

こうした食生活は、西洋医学的な薬品とは異なります。

ですから、一日摂取すれば胃腸が強くなる、ということではないのです。

特に乳酸菌やビフィズス菌は、腸に定住することはないようです。

一日あたり必要となる摂取量は、実はたいしたことがありません。

しかし、この時に大切となるのは、むしろ「毎日、きちんと決まった量を摂取すること」です。

食習慣という言葉もありますが、毎日適量を摂取することで、強い胃腸を育てることが可能となります。

もちろん、毎日のなかで忘れてしまうこともあるかと思いますが、それは大丈夫。

たまに忘れることは「習慣」となるうちに、自然と減ってきます。

まずは、習慣となるまで辛抱してあげてみてください。


6.ヨーグルトといっしょに摂取するとよいもの

最後に、ヨーグルトを一緒に摂取すると良いものについて、ご紹介します。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、生き物です。

エサとなるものや、動きやすい環境をつくってあげることで、その動きは活発となるのです。

乳酸菌やビフィズス菌のエサとなるのが、オリゴ糖や食物繊維。

食物繊維の過剰摂取は、元々肉食であった犬にとってNGですが、オリゴ糖は大丈夫。

犬用のシロップやバナナと一緒にヨーグルトを摂取することで、その効果はさらに高いものとなるようです。

ヨーグルトで犬も人間も健康に

やはり、人間も犬も、腸内環境が健康に大きな影響を及ぼします。

健康な腸で、ずっと元気に過ごしてもらいたいですね。

「犬にヨーグルトは与えて良いの?犬へヨーグルトをあげる際の注意点5つ」の関連記事

「犬にヨーグルトは与えて良いの?犬へヨーグルトをあげる際の注意点5つ」と合わせて読みたい