ペットを飼うのに向く人・向かない人の特徴

最終更新日:2016年11月30日

ペットを飼うのに向いている人、向いていない人がいます。

ペット飼おうと考えている人には気になることです。

ペットを飼うのに向いている人、向いていない人にはどのような特徴があるのでしょうか。

ここで紹介していきます。

1.ペットをしっかりと理解しているか

ペットを飼うのに向いている人は、ペットの飼育についてしっかりと理解している人です。

ペットに対して知識がないまま飼育をすると、後々様々なトラブルになることがあります。

可愛いペットを店で見つけると、ついつい衝動的に購入してしまいがちです。

でも実際に飼育してみるとこんなつもりじゃなかった、となるケースもあります。

ペットを飼うなら事前に飼育環境やエサ、寿命、習性など、幅広い知識を持っていることが大切です。

またペットを飼育しながら、学んでいくこともたくさんあります。

常にペットについて学ぶ姿勢のある人が、ペットの飼育に向いています。

2.金銭計画を立てられるか

ペットは種類によってかかる費用が変わってきますが、どのようなペットでも多かれ少なかれ費用はかかります。

ペットの生体の費用の他に、飼育ケースなどを準備する必要があります。

またエサ代やトイレ砂などは、今後もずっとかかっていく費用です。

自分や家族が生活していく費用の他に、ペットの費用もしっかりと払っていけるのか、事前に考えておく必要があります。

また自分の経済的な状況に合わせて、それに見合ったペットを飼育しようと考えることも大切です。

ペットを飼育するには、金銭計画をしっかりと立てられる人が向いています。

3.責任感があるか

ペットを飼育したら最後まで責任を持って、面倒を見ることが非常に重要です。

ペットは飼育してみないと分からない面があります。

ペットが思った以上に大きくなってしまったり、費用がかかってしまうことがあります。

様々な理由で飼育が上手くいかないからといって、飼育を投げ出すようなことは避けるべきです。

外に逃がしてしまうのも、絶対にしてはいけません。

またペットを飼えるような状況でないなら、最初からペットを飼わない、という選択も必要です。

ペットも家族の一員だと思って、継続的に愛情を持って接していくことが大切です。

ペットを飼うのに向いている人は、責任感のある人だと言えます。

4.留守にすることが多いか

ペットの世話の仕方は、種類によって違いがあります。

でもどんなペットであっても多かれ少なかれ、手間はかかります。

日常的な世話としてエサをあげたり、水を交換する必要があります。

その他にも定期的に掃除をしたり、犬ならば散歩が必要になります。

家を留守にする機会が多いと、世話がおろそかになってしまうことがあります。

特に長期間留守にすることが多い場合は注意が必要です。

日常的な世話ができない他に、ペットにもストレスがかかる恐れもあります。

そのため留守にすることが多い人は、ペットを飼うのに向いていません。

でも留守が多いからといって、ペットを飼えないというわけではありません。

旅行に行く回数などを見直してみたり、ペットホテルの利用などを検討することも大切です。

また留守にしても負担が少ないペットを飼育する方法もあります。

5.ペットの飼育環境が整っているか

ペットを飼育するには、それに見合った飼育スペースが必要になります。

また近所迷惑にならないような、環境であることが重要です。

そのため部屋の広さやベランダの有無、庭などの状況に合わせて、ペットを飼育することが必要です。

部屋が狭い場合は、小さな飼育ケースでも飼えるペットを検討することも大切です。

マンションやアパートに住んでいる場合、ペット可であるのが条件になります。

一軒家の場合でも犬や猫を飼育している場合、近所の方とトラブルになるケースもあります。

トラブルを発生させるような飼育環境である場合は、ペットを飼うのに向いていません。

事前に飼育できる環境であるのか、しっかりと考えることが大切です。

6.家族の理解が得られるか

家族と一緒に住んでいてペットを飼育するなら、事前に理解を得る必要があります。

家族にペットアレルギーがあったり、ニオイに敏感な人がいる場合は、飼育自体を見直す必要があります。

ペットの種類によっては、家族が単に苦手というケースもあります。

また飼育をする場合、どの場所にケージを置くのか、世話は誰が行うのか、事前に家族に確認しておくことも重要です。

ペットを飼うにあたって、家族の理解が得られない人はペットを飼うのに向いていません。

もしペットを飼いたいなら、事前に家族としっかり向き合うことが大切です。

ペットの種類や飼育場所など、様々なことを話し合うようにしましょう。

事前に確認をしてから飼育を検討しよう

ペット飼うのに向いている人は、ペットを理解していたり、金銭計画がしっかりと立てられる人です。

責任感がある人も向いています。

逆に向いていない人は留守が多かったり、ペットを飼う環境が整っていない人です。

家族の理解が得られない人も向いていません。

ペットを飼育する場合、事前に様々なことを確認してから検討しましょう。

「ペットを飼うのに向く人・向かない人の特徴」の関連記事

「ペットを飼うのに向く人・向かない人の特徴」と合わせて読みたい