動物愛護活動で有名な芸能人4人

最終更新日:2016年4月7日

最近の芸能界では、著名人による動物愛護の運動や活動が盛んになってきている様に思われます。

こういった著名な方による動物愛護活動は、多くの人が動物愛護に関心を示す切っ掛けになり、より一層の動物愛護普及に繋がるかもしれません。

元より愛犬家や愛猫家が多い芸能界ですが、今回はその中でも特に動物愛護活動で有名な芸能人たちをご紹介します。

1.滝川クリステルさん

アナウンサーとして有名な滝川クリステルさんですが、彼女が動物愛護活動に熱心である事をご存知でしょうか。

滝川クリステルさんはニュースキャスター時代に「時代のカルテ命の現場」という特集を通し、被災犬である「アリス」を引き取りました。

そしてこの事が切っ掛けで、動物愛護に関心を持ったと言います。

2014年には一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」という動物愛護と保護を目的とした支援財団を設立し、2020年のオリンピックまでに犬猫の殺処分や虐待・飼育放棄を無くす事を目指している様です。

財団名の「ヴィ・アンサンブル」はフランス語で「共に生きる」「同じ命」と言う意味で、人も動物も同じ価値の命として、支え合い、共存する社会を築きたいという願いを込めて名付けられたらしいです。


2.杉本彩さん

動物愛護活動で有名な著名人と言えば、この人を置いて他はいないでしょう。

セクシーで情熱的な印象の強い女優・杉本彩さんですが、彼女はその印象通り、20年以上に渡って動物愛護活動に力を入れている大の動物好きです。

初めは自宅やオフィスで捨て猫を保護する活動から始まった杉本彩さんの動物愛護活動ですが、今では「Eva」という動物愛護を目的とした財団法人を立ち上げるまでになり、益々精力的に活動に取り組んでいます。

そんな杉本彩さんの活動の中で、特に大きな反響を得たのがPETAのポスターモデルになったことでしょう。

PETAとはアメリカの動物愛護団体の事で、世界的に認知度の高い団体です。

杉本彩さんはこのPETAの毛皮反対ポスターに無償で出演しました。

「毛皮を着るくらいなら裸で良い」と書かれたパネルを持つ杉本彩さんは、セクシーでありながらも堂々としていて恰好良いと話題になっていたので、気になる方は調べて見ては如何でしょう。

3.浅田美代子さん

女優としてだけではなく、バラエティ番組でも活躍する浅田美代子さんもまた、愛犬家・動物愛護家として知られています。

幼少期から犬と共に暮らしてきた浅田美代子さんは大の犬好きで、最近のペット虐待事件や、殺処分される犬の多さに心を痛めていました。

「自分にも何か出来る事があるはず」と2012年から動物愛護団体「FreePets」の活動に参加した事が切っ掛けで、本格的な動物愛護活動を始めたと言います。

浅田美代子さんは「FreePets」の集会で、犬の年間の殺処分数や悪徳繁殖業者の実態などを学び、大変なショックを受けたと言います。

そしてこの事実を少しでも世間に広めたい、と思い芸能活動を控えてまで動物愛護活動に励んでいる様です。

そんな浅田美代子さんは今、殺処分対象の犬を引き取り、里親を探すと言う活動に携わっており、自身でも4頭の捨て犬を保護して飼育している様です。


4.川島なお美さん

2015年に胆管癌で亡くなられた女優・川島なお美さんも、愛犬家で知られていて、動物愛護活動に精力的だったと言います。

川島なお美さんは、浅田美代子さんが携わっている動物愛護団体「FreePets」の活動にも参加していたようで、浅田美代子さんよりも先輩であったそうです。

また、ペットの殺処分ゼロを目指す「TOKYOZERO」キャンペーンでは、自身が幼い頃に飼っていた「ペス」という犬を保健所に預けてしまった過去がある事を語りました。

吠えてばかりのペスに怯える川島なお美さんを心配した母親からの、「友達が沢山いる保健所にペスを預けようか」という提案に、川島なお美さんは同意してしまったと言います。

当時の川島なお美さんは、保健所に犬を預ける事の意味が分からず、大人になってからその意味を知ったそうです。

この出来事は川島なお美さんの中でトラウマとして残ってしまい、少しでも「ペス」と同じような犬を減らしたい、という想いの元に動物愛護活動に励んで来たと言います。

川島なお美さんは2015年の神奈川県の殺処分が0件になった事をとても喜び、日本全国で殺処分が無くなる事も夢ではない、と語っていたそうです。

殺処分ゼロを目指して、動物愛護活動に励んでいた川島なお美さんのご冥福をお祈り申し上げます。

世界中で動物愛護を願う芸能人の方々

日本では芸能人が動物愛護活動を行うようになってきたのは最近の事ですが、海外ではブリジット・バルドーを初めとする、動物愛護の活動で有名な芸能人は昔から多くいました。

日本ではまだまだ動物愛護の意識は低く、年間に殺処分される犬猫の数は18万匹にも上ります。

一般の人達とは異なり、知名度と影響力のある芸能人の動物愛護活動によって、より多くの人にこの事実が知れ渡り、動物愛護活動に関心を持つ人が多くなる事を願うばかりです。

「動物愛護活動で有名な芸能人4人」の関連記事

「動物愛護活動で有名な芸能人4人」と合わせて読みたい