猫のお腹がはげてしまった時の原因とは。ストレスや環境の変化など

最終更新日:2016年11月30日

猫のお腹の毛は他の体毛に比べて若干薄いものです。

しかし、皮膚がみえるほどに薄くなったり、脱毛してしまうのには何らかの原因が関与しています。

主な原因は心因性や皮膚病などですが、特徴的なお腹の脱毛の場合、深刻な病気が潜んでいる場合もあります。

1.過剰グルーミング

心因性による過剰なグルーミング(毛づくろい)をして出来てしまったものです。

猫は体をキレイにするためにグルーミングをしますが、実はストレスを受けたときにもグルーミングをして心を落ち着かせます。

体全体を適度に舐める通常のグルーミングとは違い、心因性による過剰グルーミングは、お腹や尻尾など「舐めやすい箇所」であることが特徴です。

猫のお腹の脱毛は、この心因性の過剰グルーミングであると考えられることがあります。

グルーミングの仕方も、必要以上に執拗に舐めたりカチカチと噛んだりして、毛がなくなることが目的ではないかと思われるほどの異常な舐め方です。

人間にも抜毛症という毛を抜いてしまう心因性の行動がありますが、猫の心因性による過剰グルーミングはそれに似たものがあります。

考えられる猫のストレスの原因を排除した途端に過剰グルーミングがストップして、お腹の脱毛が自然治癒することもあります。


2.環境の変化

猫は環境の変化を非常にストレスに感じる動物です。

それにより前述した心因性の過剰グルーミングを誘発したりもしますが、過剰グルーミングがなくてもお腹が脱毛してしまうことがあります。

人間から見ると些細な変化であっても、猫にとっては大きな環境の変化に感じてストレスを感じることがあります。

主に以下のような環境の変化が考えられますが、猫のストレスの要因も個体差があり何がストレスの原因かを見つけるまでに時間がかかることもあります。

・引っ越しや模様替えをした
・新しい猫が家族に加わったり、仲の良かった同居猫がいなくなった
・よく可愛がってくれた飼い主がいなくなったり、飼い主家族に子供が生まれた
・いつも寝ている場所に違うものが置いてあったり、いつも寝いていた場所が変わった

3.ノミ・ダニ・微生物

脱毛しているお腹を非常に痒がっていたり湿疹が見られる場合は、ノミ、ダニ、蚊、による虫刺されが原因で炎症を起こしていることが考えられます。

虫さされの他、猫がいる場所が清潔でない場合、微生物や細菌による炎症も考えられます。

また、歯肉炎など口腔の病気がある場合には、その唾液と細菌が混ざってお腹に付着したことにより、炎症を起こすこともあります。

猫の使っているブランケットをこまめに洗濯したり日光に干したり、猫のいつもいる場所を清潔に保つことで自然治癒することもあります。


4.アレルギー

食べ物や観葉植物によるアレルギーや体内の寄生虫によるものが原因のこともあります。

食べ物によるアレルギーの場合、キャットフードの中に入っている何らかの食材がアレルギーを引き起こしていると考えられます。

この場合は、どの食材が原因かを突き止めることは時間がかかるか難しいことも多いです。

それでも、一度どの食材がアレルギーを引き起こすかが特定できれば、比較的短時間で治癒することが可能です。

猫の食べ物によるアレルギーの食材として考えられるのは、主に牛肉、魚、鶏肉、卵、牛乳・小麦、大豆、トウモロコシなどが挙げられます。

5.好酸球性肉芽腫症候群

痒みに皮膚の赤みとただれをともなう場合は、好酸球性プラーク(好酸球性局面)が考えられます。

ただれを伴わずに皮膚が盛り上がり、盛り上がった部分が平らなものが多くできることもあります。

首にできることも特徴です。

皮膚の赤みとフケがともなうけども痒みがない場合は、好酸球性肉芽腫も考えられます。

お腹の横側の他に太ももの後ろや前足の外側などにも同じ症状がみられることが特徴で、口の中にできるタイプもあります。


6.副腎皮質機能亢進症

クッシング症候群とも呼ばれる病気です。

腹部が左右対称的に脱毛するのが特徴で、この他の症状として多飲多尿、食欲増進、お腹が膨れるなどがあります。

脱毛した部分の皮膚が黒ずむ場合もあります。

これは、老化、脳内や副腎の腫瘍の他に、ステロイド剤の長期投薬などが原因で発症しますので、必ず病院での治療が必要となります。

主には薬物治療がなされますが、腫瘍が原因の場合には手術や放射線治療も行われます。

早期発見、早期治療が重要になってきます。

猫のお腹がはげてしまった理由とは

猫のお腹が脱毛てしまうと次に毛がキレイに生えそろうまでに数ヶ月かかることもあります。

ストレスが原因の場合はストレスが除去されれば自然治癒も可能ですが、深刻な病気が原因の場合は早めの治療が必要となります。

原因を特定することが難しいとも言われる猫の体の脱毛。

お腹は特に目立たない場所であるだけに、日頃のスキンシップが早期発見へとつながります。

猫のお腹の脱毛を発見したときには、適切な治療ができるように猫を早めに病院へ連れて行くことが望ましいです。

「猫のお腹がはげてしまった時の原因とは。ストレスや環境の変化など」の関連記事

「猫のお腹がはげてしまった時の原因とは。ストレスや環境の変化など」と合わせて読みたい