猫の妊娠時の兆候。猫の妊娠を見極めよう

最終更新日:2016年1月24日

可愛い愛猫が妊娠しているかどうかを知るには、色々な兆候が見られます。

飼い主としては、猫が妊娠していると分かれば少しでも快適な環境を作ってあげたいですよね。

そこで、猫が妊娠しているか見極める方法をご紹介します。


1.食欲がなくなってくる

猫は大体発情期から半月くらいで妊娠をするようになります。

初めは妊娠をすると食欲が低下をしていきますが、目安としては妊娠をしてから3週間くらいのようです。

食欲低下は大体1週間くらい続くので、いつもエサをあげている量を食べなくなったり、全く食べなくなることもあります。

初めに気づくのは食欲の低下なので、病気ではないかと思って心配になりますが、その他の症状などと合わせて考えると妊娠していることが分かります。

初めのうちは妊娠しているとは気づきませんが、猫の様子がおかしいことは気づけるので、できるだけストレスを与えないようにすることが大切です。


2.乳首の色を確認する

猫は妊娠するとすぐに体に変調が見られますが、それは猫の妊娠期間が9週間と短いためです。

約2カ月で子供が産まれるようになるので、妊娠をするとすぐに子供を産むための準備をするのです。

妊娠してから1週間くらいは食欲がなくなる傾向にありますが、その時に猫の様子が変だと気づくはずです。

発情期後に元気がなくなれば、お腹の乳首を確認してください。

妊娠してから約2週間くらい経つと、乳首は赤みを帯びたピンク色になって大きく膨らんでいきます。

子猫が産まれた時に分かりやすいように色が濃くなるとも言われており、妊娠を確認する時にはお腹の乳首をみると見極めやすいです。

3.お腹の大きさを確認する

猫の妊娠期間は9週間なので、妊娠するとすぐに体に変調がみられます。

お腹がだんだんと膨らんでいきますが、4週目くらいにはお腹の大きさも大きくなっているので、見てすぐに確認することができるでしょう。

寝ている時の格好も、丸まって寝ないで背筋を伸ばしたような格好で寝るようになり、お腹を突き出したような感じで寝ることが多いです。

出産は一度に何匹も産むので、お腹を突き出してなるべく負担をかけないようにしているのです。

4週目くらいにお腹の大きさや、乳首の色を確認して、そこで初めて妊娠に気づく飼い主もいるようです。

食欲も無くなっていたので、猫がだんだんとお腹が大きくなっていけば妊娠だと見極めることができるでしょう。


4.食欲が出てくる

今まで食欲がなくなっていたのに、急に食欲が出てくるので妊娠だと気づく飼い主もいるようです。

普段からたくさん食べさせていて太っている猫の場合には、なかなか妊娠しているとは気づけないかもしれません。

食欲がなくなって心配でも、太っていたから丁度良いと思ってあまり猫に関心がないかもしれません。

少しお腹も大きくなってくると、子供に栄養を与えるためにたくさん食べるようになっていきます。

いつも通りの食事の量では足りないので、飼い主に鳴いて催促するようにもなるでしょう。

そのまま食べられるだけたくさんあげれば良いですが、栄養の偏りは良くないので、できればタウリンなどの栄養素をしっかりと与えることが大切です。

普段から栄養バランスの良いキャットフードを食べさせていれば、問題はないのでたくさん食べさせてあげましょう。

食欲がなかった猫が、子供の為にたくさん食べるようになることで妊娠だと気づくこともあります。

5.動かなくなっている

普段の行動を見ていると、活発に動いていた猫が急に動かなくなっていれば妊娠の兆候かもしれないと気づけます。

発情期が過ぎた時に猫の様子が違っていれば、少しは察しがつくかもしれません。

妊娠すると動かなくなると言うよりも、お腹が大きくて動けなくなってしまったと言えるでしょう。

安静にしていることが多いので、普段猫に関心を持っていない飼い主でも妊娠したことを見極められます。

この頃にはお腹も大きくなっていますし、まさか食べ過ぎで大きくなったとは思わないでしょう。

その時の寝る姿も丸まらないでお腹を突き出したように、背筋を伸ばしているのでお腹の大きさに気づくことができるでしょう。


6.出産できる安全な場所を作り出す

どれだけ普段からたくさん食べて太っている猫でも、子供を産むための準備をし、理想的な場所を作り出したら妊娠だと見極めることができます。

普段は安全な場所を探すのが得意な猫ですが、自ら安全な場所を作るようになります。

なるべく囲まれていて、暗くて柔らかい布の上などが最適で、そこに居続けるようになります。

いつでも産める態勢をとっているので、なるべく構わないようにすることが大切です。

またこの時期になると、とてもナーバスになったり攻撃的になっています。

子供を安全な場所で産むために、飼い主でも近づけさせないという感じです。

なるべく妊娠だと見極められた時には、猫がリラックスして出産できるように環境を作ってあげましょう。

猫の妊娠を見極めよう

猫の妊娠を見極めるには、だんだんと兆候が見られるので見逃さないことが大切です。

それでも飼い主が気づくのは1ヶ月以上後が多いですし、ギリギリまで気づかないこともあります。

飼い主が妊娠に気づいたとしても、ただ猫がリラックスして出産できる環境を作ってあげる事しかできません。

妊娠の兆候を見つけたら猫にとって理想的な環境を作ってあげましょう。

「猫の妊娠時の兆候。猫の妊娠を見極めよう」の関連記事

「猫の妊娠時の兆候。猫の妊娠を見極めよう」と合わせて読みたい