フェレットのしつけ方。トイレトレーニングから散歩方法まで

最終更新日:2016年2月24日

近年、ペットとして人気が出てきたフェレット。

見た目もとても可愛いですよね。

実はフェレットも犬や猫と同様にきちんとしつけをして、愛情をもって飼ってあげる事で、もっと快適に一緒に過ごせる事を知っていましたか?

そこで今回は、フェレットを上手にしつける方法をご紹介します。


1.トイレのしつけ方

フェレットの排泄物は結構においます。

まず一番にしつけた方が良いでしょう。

トイレの大きさはフェレットの体が全て入るくらいの大きさのものをオススメします。

と言ってもそこまで難しいものではなく、フェレットの習性を上手く活用します。

フェレットは毎回決まった場所に排泄をする傾向がありますので、飼い主が決めた場所にトイレを置きます。

このとき、置く場所は、ゲージの角がオススメです。

もし、すでに違う場所でしてしまった、する場所が決まってしまった(ゲージの真ん中等)場合は、一度した排泄物をトイレの中に置いてみてください。

そして、元々してあった場所のにおいを消して下さい。

それでもダメな場合は排泄する場所のにおいを消してから、いつもあげているエサかおやつを置いてみてください。

そうする事でフェレットはトイレと認識しなくなります。


2.フェレットに噛まれた時のしつけ方

フェレットは噛む力が強く、一度噛まれると流血してしまう場合もあります。

フェレットもずっとゲージの中だけで飼うのではなく、ゲージの外に出して遊んであげたりした方が良いので、噛んできたらきちんとしつけましょう。

まず、どうして噛まれたのかを考えてみてください。

赤ちゃんの時は、歯がかゆくて噛んでいるだけかもしれません。

大人になってからは、まず愛情不足が考えられます。

ずっとゲージの中に閉じ込めていませんか?

フェレットは愛情を持って接してあげれば、伝わります。

まずはとことん可愛がってみてください。

それでも噛み癖が治らない場合は、噛まれた時に我慢してもっと手を突っ込んでみてください。

そうすればフェレットは怯んで放してくれる事が多いです。

軽く、「ダメ」という程度なら大丈夫かもしれませんが、闇雲に怒鳴ったり叩いたりしたら怖がってしまいますので、これは最終手段としてとっておいてください。

3.フェレットを呼び寄せるしつけ方

先ほども少しお話しましたが、フェレットも犬と同じように散歩が大好きです。

出来れば毎日ゲージの外に出してあげて遊んであげた方が良いですし、リードをつけて散歩をしてあげるのも喜ぶと思います。

部屋の中で遊ぶ分にはリードは必要ありませんが、実はゲージに戻す時が結構大変です。

何故なら、呼んでも戻ってきてくれないからです。

例えばソファーの下にいて出てこない、となるとゲージに戻したくてもフェレットが出てくるまで待つしかありませんよね。

でも呼び寄せる方法さえ覚えさせていれば、簡単にゲージに戻す事ができます。

フェレットは音にとても敏感です。

オススメは口笛。

吹けなければただの笛でもかまいません。

さらに、フェレットの大好物を用意します。

そして、一回あげる事に笛を吹きます。

この笛の音に反応してくれたら、後は簡単です。

ただ、これを繰り返すだけです。

一度に5回ほど繰り返して、少し時間を置いてからまた同じ事をしてみてください。

もしかしたら、すぐに笛の音に反応して戻ってきてくれるかもしれません。


4.フェレットを大人しくさせるしつけ方

フェレットは懐けばすごくおとなしくなり、ずっと抱っこをしている事も可能です。

ですが暴れて抱っこさせてくれない、というフェレットもたくさんいます。

飼い主としても可愛くて抱っこしていたくなりますよね。

実は、フェレットにおとなしく抱っこされてもらう方法があります。

その方法は、外に散歩に行く事です。

もちろんリードをつけての散歩も良いですが、フェレットくらいの軽さだと、抱っこをしても全く重さも苦にならないと思います。

外で抱っこをされると、いつもいる場所と違うので、フェレットは飼い主の抱っこが一番安心できる場所になります。

なので、家では抱っこで暴れていたフェレットも、外で抱っこをすると大人しくなる場合があります。

そして抱っこして散歩を繰り返す事によって、飼い主の腕の中が一番安心できる場所というのをフェレットが感じるようになれば、抱っこが大好きなとても甘えん坊のフェレットになるでしょう。

フェレットにしつけをしよう

どのペットにも言えることですが、やはりしつけは、「最初が肝心」そして「根気強く」という事がとても大事です。

しつけをきちんとしてあげる事で、ペットと飼い主はより快適に暮らしていけるでしょう。

そして、うまくいかずにどうしてもイライラしてしまう事もあると思います。

そんな時も感情的にならずに、何故悪さをするのかをまずは考えてあげてください。

フェレットはとても賢い動物なので褒めてあげれば喜びますし、怒れば怖がり悲しむ事もあるでしょう。

理解をもって接していれば、フェレットも自ずと寄り添ってきてくれると思います。

その積み重ねで、お互い信頼し合える、素敵な関係になれるはずです。

「フェレットのしつけ方。トイレトレーニングから散歩方法まで」の関連記事

「フェレットのしつけ方。トイレトレーニングから散歩方法まで」と合わせて読みたい