ハリネズミがなつくためのポイント

ハリネズミがなつくためのポイント。時間をかけてなつかせよう

最終更新日:2015年11月3日

犬や猫に比べて周りに飼っている人がいない動物、ハリネズミは、とても気まぐれで、臆病です。

もちろん簡単にはなつきません。

そんなかわいい小動物をもっと知るために、どうすればてのひらの上でお昼寝をさせることができるのか。

そこで今回は、ハリネズミがなつくためのポイントをご紹介します


1.自分のにおいのするものを小屋に入れておく

ハリネズミはとても嗅覚が優れていて、飼い主と他人の嗅ぎ分けができます。

一番最初にお迎えしたら、自分の持ち物を寝床に置いておきましょう。

もちろん汚れてしまうので、使わない服や布製品がいいでしょう。

ケガをしてしまう可能性もあるので、固い物や尖ったものは避ける必要があります。

ある程度慣れてきたら、飼い主の手で覚えさせるのが一番効果的です。

初めて手に乗せたら、自分の体に泡をつけるかもしれません。

これは、新しいにおいを嗅いだ時にする行動なので、まったく問題ありません。


2.毎日少しでもコミュニケーションをとる

声を覚えることは、ハリネズミでもできます。

できることなら、小屋に手を入れて気配やにおいに慣れてもらうことが、早くなつくための最大の方法です。

しかし、お迎えしたはじめは、ほとんどの子は人に触れることを極度に嫌がります。

少しずつ怖がらせないように、声をかけたり抱っこしましょう。

触ろうとしたらビックリして、針が刺さってしまうことも少なくありません。

それはハリネズミを飼う上で絶対に避けられないことです。

猫のようにひっかくということはありませんが、犬のように手に噛みついてくる場合もあります。

そのような時は、体をつかんで引っ張りましょう。

出血してしまうまで噛み続けることはめったにありません。

怖がらなくても大丈夫です。

ハリネズミは嫌がって噛むのではなく、「気になるから」という理由で噛みつきます。

そう、とても気まぐれです。

また、感情がまったくと言っていいほど表情や行動にでない動物です。

毎日の変化を注意深く見守りましょう。

もし足を引きずっていたり、出血してる場合は要注意です。

特に、眼球に少しでも異変があった場合は速やかに動物病院へ連絡、診察してもらいましょう。

早期の発見が、小さな命を助けます。

3.好きな食べ物を見つける

野生界の中でもとてもグルメな動物、それがハリネズミです。

基本のエサはハリネズミフード。

ですが、なんとハリネズミ専用フードを嫌う子もいるのです。

その時にはシニア用フェレットフード、同じくシニア用ドックフードなどを専用ミキサーで砕いてあげてください。

小動物用の野菜や、ベビー用ミルクも喜びます。

たまにおやつがわりのゼリーやシロップも出せば、喜んでくれるでしょう。

あげすぎにも注意してください。

太りすぎてしまっては元も子もありません。

生きエサ(ワームなどの虫)をあげないといけないのか、ということも気になるのではないでしょうか。

本来は、虫が食べた「緑」を栄養を体に取り込むためと言われているので、虫は与えなくても平気です。

ただ、あまりにもおいしそうに食べるので、苦手ではない方は与えることを推奨します。

ホームセンターやペットショップに手ごろな価格で売っているので試す価値はあります。


4.大きな音をださない

とても怖がりな生き物のため、慣れない音や大きな音がすると、とてもおびえてしまいます。

特に最初はビニール袋のガサガサ音や、目の前でのくしゃみなどお気を付けください。

頭の針を立てて寝床に隠れるか、すみっこの陰に逃げてしまいます。

そうなると、不機嫌のままふて寝してしまいます。

しかし、音も慣れればハリネズミでも気にすることはないでしょう。

鳥の鳴き声や赤ちゃんの声、最初こそ怖がりますが全て受け入れてくれます。

5.他の動物やハリネズミに会わせない

絶対に一緒に遊ばせちゃダメ。というわけではありません。

人間と同じで、気が合う子やどうも苦手だと思う子もいます。

まずは飼い主のにおいを覚えさせ、リラックスした状態で、そっと近づけさせていきましょう。

焦らず、ゆっくりとが、ハリネズミをなつかせる鉄則です。


6.最初から放し飼いにしない

ハリネズミはゲージの中で飼っても、放し飼いをしてもいい動物です。

ですが、小さい彼らの目には見慣れない、大きくて怖いものがたくさん動いています。

万が一、行方不明になってしまったら一大事です。

暗くて狭い場所が大好きなハリネズミは人の手の届きにくい場所へすっと入りこんでしまうので、姿が見えなくなることも日常茶飯事。

なつかせるためには、怖がらせないことが第一条件です。

放し飼いをしている方もいますが、一軒家などの大きい家ではあまり向いていません。

初めての方はゲージ飼いをオススメします。

ハリネズミは時間をかけてなつかせよう

ハリネズミを飼うのは大変です。

エサや温度調節、気にするところはたくさんあります。

人になつくのも少し時間がかかります。

しかし、針を怖がらず優しく育てていけば、必ずかわいいと思える不思議な生き物です。

飼育している人も年々増えています。

詳しいことは小動物のブリーダーや専門書などを使いましょう。

「ハリネズミがなつくためのポイント。時間をかけてなつかせよう」の関連記事

「ハリネズミがなつくためのポイント。時間をかけてなつかせよう」と合わせて読みたい