犬用シャンプー5選。愛犬も喜ぶシャンプーを選ぼう

最終更新日:2017年3月10日

犬の世話においてシャンプーは必須。

アレルギーやノミ、ダニを防止するには2週間に1回はしたいもの。

そのシャンプーですが、口コミ、インターネット、ペットショップなどの専門店、ずらっと並んだ種類の多さには眩暈がします。

子犬、成犬、肌の状態も飼っている犬それぞれ。

肌触りや仕上がりの効果も実際使ってみないとわからない。

結局どれを選んだら良いかわからない、という方の為にオススメの犬用シャンプーをご紹介します。

これからご紹介するのは、どなたでも購入出来る様、通販サイトAmazonにて販売されている商品です。

フジタ製薬の薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー

こちらのシャンプーは初めて犬を飼う方にもオススメ。

定番と言える犬用シャンプーです。

皮膚や毛の洗浄、殺菌消臭効果があります。

なにより安心するのが、このシャンプーに配合されているクロルヘキシジンは動物病院でも処方されている消毒剤。

毒性、刺激性も低いのです。

安全性が保障されており、シャンプーの効果持続は高い傾向があります。

こちらの製品は薬用ですがあまり匂いがしないので、犬を洗っているときシャンプーの匂いが気になってしまう、という方はこちらを選ぶと良いでしょう。

一つ特徴的なのは、洗い終わり5分間程犬をそのままにした後、またぬるま湯で洗い流す事です。

通常よりシャンプー時間は長くなってしまいますが、効果は保障されています。

クイック&リッチのトリートメントインシャンプー

こちらは、歯磨き粉や洗剤、メディカルケア用品を販売しているLIONが元のペット用品会社から販売されているシャンプーです。

名前にもトリートメントインシャンプーと記載されているように仕上がりがサラサラな手触りとなっています。

弱酸性の無着色。

匂いはフレッシュサボンとフォレストグリーンの2種類です。

シャンプーの後のドライヤーは犬が逃げ出してしまったり中々手ごわいもの。

ですが、こちらの商品は被毛の乾きが早く、タオルドライの水切れも良いため、シャンプー後の憂鬱な時間が軽減できます。

また、Amazonでは参考価格のほぼ半額(2016年5月現在)な為、安価でお得です。

ISLEOFDOGS(アイルオブドッグス)のパピーフォミュライブニングプリムローズシャンプーNo.01

米国産のシャンプー。

値段は3000円を超えると少しお高めですが、こちらの商品は生後8週間~使える子犬専用シャンプーです。

生後間もない子犬はどんな世話においても気が抜けないもの。

こちらは月見草オイルを使用しています。

月見草オイルとは最も高価な植物油のひとつ。

皮膚の乾燥や細胞の老化を防ぐ効果が注目されているのです。

この浸透性のあるオイル成分は子犬の保湿力を高め、乾燥を防ぎます。

子犬に最適なレベルの必須脂肪酸そして洗浄成分を配合しています。

そして、米国のドッグショープロフェッショナルの間でも多数使用される、信頼の厚い商品。

オリジナルのフレグランスも配合されているので、手を掛けたい子犬期間には最適です。

ペットバリエーションのピクニックメディケアシャンプーA/B/C

こちらのシャンプーは敏感肌、アトピー肌な犬にオススメの商品です。

敏感、アトピー肌に使用されているマグネシウム系の洗浄剤をベースにし、天然製薬が配合されているのです。

ABCどれも1本300ml。

説明書にも書いてありますが、この商品は5倍に希釈してお使いください。

A/B/Cの内訳ですが、Aはドライスキン。

乾燥肌ぎみの犬に適しています。

Bはノーマルスキン。

敏感、アトピー肌が気になる犬に適しています。

Cはオイリースキン。

脂性肌ぎみの犬に適しています。

低刺激性のシャンプーをお求めの方は、ピクニックメディアケアシャンプーA/B/Cの3種類の中からお選びください。

ZOIC(ゾイック)のファーメイクシャンプー

犬を飼っていればキレイな毛並みに憧れますよね。

犬の美容院、トリマーさんなどの間で使用されているかつ安価な商品。

それがZOIC(ゾイック)のファーメイクシャンプーです。

こちらは仕上がりを重視したプロ仕様。

匂い汚れをしっかり洗い流すのはもちろん、ふわっとしたボリュームある仕上がりになります。

犬本来の持っている毛のハリとコシを甦らせてくれます。

また保湿成分が豊富に入っているので、皮膚へのケアも抜群。

価格も一本2000円しないので、お試しに買ってみても損は無いでしょう。

飼い主も愛犬も気持ちの良い犬用シャンプーを選ぼう

シャンプーは直接犬に触れるものですから、飼い主が一番敏感になるのは当然ですよね。

そして、何を選んだら良いかわからなくなるのも当然です。

一番大事なのは、飼っている犬の状態を見てあげること。

仕上がりの良いシャンプーを選んだとしても、皮膚の状態に合わなければ痛い目に合うのは飼っている犬たちです。

また、飼い主さんもシャンプーの匂いなどで気分を害しては意味がありません。

シャンプーをしている側もシャンプーをされている側も気持ちの良い商品を是非選んでください。

「犬用シャンプー5選。愛犬も喜ぶシャンプーを選ぼう」の関連記事

犬のしつけ方法をお届けします。

利用規約等に同意の上、下記にメールアドレスを入力し「メルマガ登録(無料)」ボタンを押してください。

「犬用シャンプー5選。愛犬も喜ぶシャンプーを選ぼう」と合わせて読みたい