犬のサプリメントの選び方。犬の状態に合ったサプリをあげよう

最終更新日:2016年1月17日

毎日あげるドッグフードの中には犬のバランスを考えた栄養素が含まれています。

しかし犬には様々な症状や病気がありますが、それを改善させるには普通の食事だけではなくサプリメントが活躍します。

犬のサプリメントの選び方のポイントをご紹介します。


1.関節症に効くサプリメントを選ぶ

犬の種類によって体の強さや骨格も様々なのが犬の特徴です。

特に大型犬では、股関節形成不全などといった関節症になってしまうことがあります。

歩く時に痛みを感じるので、歩行障害のような感じになり、見るからに歩き方がおかしくなっていきます。

関節症は完治させることが難しい病気でもあります。

しかし、サプリメントをうまく活用することで、痛みを抑えたり病気の進行を遅くしたりすることが期待できます。

コンドロイチンは軟骨に含まれている成分で、これが無くなってくると柔軟性が無くなり、痛みが出てきます。

摂取することで柔軟性が高まるので、痛みを軽減させる効果があります。

キトサンは血圧とコレステロールの値を下げてくれるサプリメントです。

グルコサミンは老化などですり減ってきている関節の痛みを、軽減させてくれます。

どれも人が摂取しているのと変わらないもので、人間と同じ関節の痛みを和らげてくれます。

犬の様子が少し痛そうに歩いている時には、試してみると効果が出てきます。


2.皮膚疾患に効くサプリメントを選ぶ

犬には多くのアレルゲンがあるので、犬が痒がっていたら必ず皮膚を確認することが大切です。

皮膚病は治りが非常に遅いので、何度も掻いてしまうとそこの皮膚がさらに悪化してしまいます。

皮膚の痒みを抑えるために、それぞれの効果を確認してからサプリメントを活用しましょう。

海藻エキス配合のものは、ヨウ素を多く含んでいるので、犬の皮膚の新陳代謝によく効くと言われています。

荒れた皮膚の新陳代謝を行うことで、少しでも治りを早くしてくれる効果があります。

竹酢液は人間の皮膚の疾患にも効果があると言われており、弱酸性の竹酢液が皮膚を守ってくれる役割を担ってくれます。

月見草オイルは犬のアトピー性皮膚炎に効果があり、症状の改善に特に効果的なので活用しましょう。

犬は毛に覆われているのでなかなか皮膚の状態を見ることができませんが、犬が痒がっていたら様子を見てサプリメントを活用しましょう。

3.犬のガン予防のサプリメントを選ぶ

犬の病気の症状はなかなか見つけられるものでもありませんが、ガンなどの重い病気も見つけた時にはもう手遅れになっている状態がほとんどです。

長く飼っている犬は、人間が思っているよりもかなりの高齢犬になっているので、いつ病気になってもおかしくはありません。

ガンに効果のあると言われるサプリメントを活用することで、病気自体にならないように予防すると共に、自己治癒能力を高めてくれる効果が期待できます。

ウコンはターメリックとも言いますが、生薬として幅広い効果があるとも言われています。

プロポリスは多くの成分が入っており、アミノ酸やミネラルの他にも犬の抗菌や鎮痛作用もあります。

普段の食事で補えない時の補助食としても利用されています。

アガリクスも犬の抗ガン作用があると言われており、ベータディーグルカンが多く含まれています。

ガン予防のサプリメントは、普段の食事で補えない栄養分を、補う時にも多く用いられています。


4.犬の老化に合わせたサプリメントを選ぶ

犬は人間の年齢よりも早く年をとるので、いつのまにか高齢犬になっていることがあります。

高齢犬の特徴としては、動かなくなる、大人しくなる、食事量が減るなどがありますが、老化現象なので正常な状態です。

人間もいつまでも健康でたくさん動きたい時には、サプリメントを活用するでしょう。

膝が痛ければ膝の痛みを和らげてくれるサプリメントがありますが、犬も同様にいろいろ体にガタがきているのです。

犬は4つ足歩行なのであまり足に負担がかからないと思っている人もいますが、人間と同様に関節などは老化していくものです。

犬の食欲がなくなれば、それを補うためのサプリメントを与えないと、だんだんと栄養不足になってしまうでしょう。

犬の老化の症状に合わせたサプリメントは、犬と長く付き合っていく上ではとても大切なものです。

言葉が通じない分、犬の様子をよく見てあげて効果的なサプリメントを選びましょう。

5.犬の栄養補給の補助としてサプリメントを選ぶ

毎日ドッグフードを食べさせていますが、栄養分を考えたドッグフードでも、毎日同じものを食べると栄養が偏ってしまいます。

ドッグフードでは補えないような栄養素を、サプリメントで補うことがとても大切です。

関節症や皮膚炎にはそれぞれ効果のあるサプリメントもありますが、普段のドッグフードでは補えないものを与えます。

ビタミンはその代表で、疲労回復や免疫力を高めてくれる栄養なのでサプリメントで摂取する方が効率的です。

その他には、カリウムやビオチンなどの成分も必用ですが、これもサプリメントから摂取すると効果的なので、毎日の食事にプラスして与えると良いでしょう。

犬にサプリメントをあげよう

犬のサプリメントは、犬の状態や体調に合わせて選ぶことが大切です。

特に犬には言葉が通じないので、犬の様子を見ながらあげることが大切になります。

また、サプリメントの効き目は絶対という訳ではありませんし、用量を誤って使用すると悪影響となることがあります。
そのためあげる場合には事前にかかりつけの獣医師に相談することも大切です。

「犬のサプリメントの選び方。犬の状態に合ったサプリをあげよう」の関連記事

「犬のサプリメントの選び方。犬の状態に合ったサプリをあげよう」と合わせて読みたい