オールド・イングリッシュ・シープドッグってどんな犬?性格・価格・特徴を紹介

最終更新日:2016年6月6日

全身がふわふわの被毛で覆われたぬいぐるみのようなオールド・イングリッシュ・シープドッグ。

その独特の風貌にはたくさんのファンがいます。

今回は、そんなドラマなどでも活躍するほど人気が高い、オールド・イングリッシュ・シープドッグの性格や特徴などご紹介します。

1.かつて有能な牧羊犬として活躍

オールド・イングリッシュ・シープドッグは、頭文字をとって(OES)や、「オールド」の愛称でも親しまれているイギリス発祥の牧羊犬です。

オールドという名前がついていますが、歴史は比較的新しい犬種で、19世紀のイギリスでは「羊飼いの犬」と呼ばれて、牧場から市場へ移動させるとき、羊の群れの後ろで警護や追い立てを仕事をして活躍してきました。

祖先犬は、イギリス土着の犬やヨーロピアン・シェパードなど複数の犬種から繁殖されたと推測されていますが、はっきりしたことはわかっていません。

もともとはオオカミから家畜を守ることを目標につくられた犬種で、どんな侵入者をも怖がらせるに充分な強さを持っています。

また、当時オールド・イングリッシュ・シープドッグのような作業犬には税金がかかりませんでしたので、その目印として断尾されていたことから、ボブ・テイル(短い尻尾)とも呼ばれています。


2.クマのように横揺れに歩く

体高は、50~65cmほど、体重は30~45kgくらいの大型犬ですが、メスはオスより概して小さいです。

体長と体高がほとんど同じで正方形のような体型をしています。

立っているときは肩よりも腰の方が高く、足長のプロポーションです。

大きな頭と頭部の両側に平たく垂れた耳、離れた目のバランスが愛らしく、歩く姿も後ろから見ると、まるで大きなぬいぐるみが歩いているかの様です。

右手と右足、左手と左足、と同じ側の手足を同時に出す、側対歩と呼ばれるクマのような横揺れの歩き方がなんとも愛嬌があります。

ですが速足や駆け足で見せる、無駄のない足の伸びと強力な後肢で推進する弾力のある動きは、牧羊犬を思わせます。

3.全身ふわふわの被毛におおわれている

充分な骨量があるがっしりとした体を覆うふわふわの被毛は、長毛のダブルコート(下毛に上毛が覆う二重構造)となっていて、下毛は水をはじく性質があります。

強い日差しにも寒さにも雨風にも適応できるという特徴がありますが、その反面、被毛に覆われた皮膚の通気性が悪いところから皮膚疾患にかかりやすく、また垂れ耳に多い外耳炎にもかかりやすいので注意が必要です。

被毛の色は、胴体はグレーやブルーが基調となり、胸から頭にかけてと手足や下腹部にはホワイトが広がっています。

被毛は羊毛に似ていて、紡いで糸にすることもできました。


4.甘えん坊でいたずらっ子

もともと牧羊犬として活躍していたため頭の良い犬種ですが、性格は荒々しかったと言われています。

ですが、現在では改良されて従順で信頼できる伴侶犬として人気があります。

子どもにも優しいことから、海外では子守犬としても活躍しているほどです。

犬自身や飼い主がいじめられることがなければ、突然攻撃的になったりすることはほとんどなく、知らない人にも友好的です。

オールド・イングリッシュ・シープドッグは、子犬の頃のままの心で成長したと言われるほど甘えん坊で、いたずらっ子。

長い被毛で隠れた瞳を子犬のように輝かせていたずらを企てている姿は、たまらないほど魅力的です。

5.子犬のときからのしつけが大事

従順で優しい性格ですが、体の大きい犬種です。

犬は遊びのつもりでも、人間にとっては大きな力となります。

飼うときには、飼い主さんがしっかりコントロールできるようにしつけをする必要があります。

子犬のうちから、知らない人や他の犬に慣れさせて、社会性を身につけさせることが大事です。

また牧羊犬だったことからスタミナがある犬種ですので、ストレスを溜めないためにも毎日1時間ほどの散歩も欠かせません。

体が大きく力も強いので、被毛の手入れや耳掃除も子犬の頃から慣らしておきましょう。

毎日のブラッシングや月に1~2回のシャンプー、さらに週に1度の耳の手入れも、子犬の頃から習慣づけておけば、オールド・イングリッシュ・シープドッグがかかりやすいと言われている皮膚や耳の疾患の予防にもつながります。


6.購入は専門店やブリーダーから

ペットショップではほとんど見かけることのないオールド・イングリッシュ・シープドッグは、専門店やブリーダーを探して購入することができます。

インターネットの検索で見つけられますが、購入するときには、サイトの内容をしっかり確認することと、購入を決める前に直接犬舎に出向いて、子犬だけではなく飼育の環境なども含めてご自分の目で確かめましょう。

さらにブリーダーの方としっかり話をすることも大事です。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの価格は、はっきりした基準がなく、血統や犬の月齢によっても変わりますが、250,000円~300,000円くらいが相場と言えます。

大切な家族になれるオールド・イングリッシュ・シープドッグ

とても愛らしいオールド・イングリッシュ・シープドッグですが、日々の散歩やブラッシングなどのケアは予想以上に大変な作業です。

また、怪我や病気になったときのことも考えておかなければなりません。

大切な家族の一員として最後まで幸せに暮らせるように、愛情と責任を持って可愛がってあげましょう。

「オールド・イングリッシュ・シープドッグってどんな犬?性格・価格・特徴を紹介」の関連記事

「オールド・イングリッシュ・シープドッグってどんな犬?性格・価格・特徴を紹介」と合わせて読みたい