ソフトバンクのお父さんの犬種は北海道犬!その特徴や生態とは

最終更新日:2016年6月5日

CMによって人気となったソフトバンクのお父さんのカイくん。

真っ白な日本犬。

可愛い賢い等のイメージが持たれていることが多いとは思いますが、お父さんは何の犬種、どのような特徴を持った犬種なのでしょうか。

1.お父さんの犬種とは

白色の柴犬と勘違いされる方も多いかと思いますが、お父さんは「北海道犬(ほっかいどういぬ)」です。

北海道の先住民族アイヌ人が狩猟犬として飼いだした犬種です。

なので「アイヌ犬」とも呼ばれます。

柴犬と同様に、1937年に文部省によって天然記念物に指定されています。

現在3つの団体(JKC・天然記念物北海道犬協会・天然記念物北海道犬保存会)が北海道犬の保存の為に登録管理、展覧会(ドックショー)を行い、北海道犬の犬種を育種、守っています。

お父さんを演じて人気が出た「カイくん」は北海道の“海”から来ているとも言われています。

カイくんは真っ白ですが、北海道犬の毛色は白の他に、赤・黒・虎・狼灰・胡麻等の様々な毛色があり、カイくんのような真っ白の毛色は珍しいとも言えるでしょう。


2.北海道犬の特徴

柴犬とよく似ていますが、大きな違いとして柴犬は小型犬ですが北海道犬は中型犬です。

体高.42~53cm、体重15~29kgです。

オスの方がメスより大きめです。

外見としては、少し吊り上った三角形の目、小さめの立耳で、尾は太くほとんどは巻き尾で差し尾(まっすぐ立つ)もいます。

そして舌に舌班という黒い班があり、甲斐犬やチャウチャウと同様な特徴です。

鼻の付け根には浅いストップ凹みがあります。

毛はダブルコートで2層に分かれおり、上毛は硬く、下毛は柔らかいです。

冬の寒さでも耐えられる耐寒性を持っており、雪の中に潜ることもへっちゃらです。

そして優れた狩猟性を持っているため、太く力強い足をもっています。

平均寿命は一般的な中型犬同様12歳程と言えますが、個体差があるのでもっと長生きする場合もあるでしょう。

3.北海道犬の起源

北海道犬の始まりは、縄文時代の初期に縄文人が東北地方から北海道へ連れてきた犬と言われています。

その後、北海道の先住民族のアイヌ人によって狩猟犬として飼育されていました。

うさぎ、キツネの小型な動物から大きなシカやクマまで追っていました。

人によって改良作出された犬種ではなく原始犬と言えます。

北海道犬は、狩猟犬として活躍する為キビキビとした動きや激しく大胆な気性が好まれてきました。

その為、人を噛むということもあるため、現在は繁殖させる際気性が激しい個体を避けています。


4.北海道県の特性と飼い方、価格

北海道犬も他の日本犬と同様に飼い主に対して忠実な「一代一主」な性格を生まれ持っています。

きちんとしつけを行えば、言う事を聞かない・荒い等のこともなく、従順で無駄吠えも比較的少なく飼いやすい犬種と言えるでしょう。

ただ飼い主に忠実な面も持つため、他人には警戒心を持つ場合もあります。

狩猟犬の特性として興奮しやすい遺伝子を持っている個体もあり、走るものを追いかけ飛び掛かる性質もあります。

猟犬だったこともあり運動量は多いです。

散歩は1日1時間以上は必要で力も強いです。

被毛の手入れは1週間に1回程ブラッシング、1ヶ月に1回シャンプーをしてあげることで十分です。

しかし、季節の変わり目の換毛期は大量の毛が抜け換わる為、ブラッシングをしっかりしてあげなければいけません。

かかりやすい病気は、皮膚疾患、関節炎、眼疾患です。

また、老犬になると認知症が出てくる場合もあります。

認知症は洋犬にはあまり発生せず、日本犬に多く起きます。

日頃の食事管理、運動量をきちんと管理してあげ、定期的な動物病院での健康診断を行いましょう。

北海道犬の子犬の価格は10万円前後になるかと思いますが、ペットショップ等ではあまり置いていない犬種なので、直接ブリーダーさんに問い合わせる方が良いかも知れません。

真っ白なお父さん犬のイメージ

北海道犬はCMで見るカイくんのような真っ白な子だけでなく、一見柴犬に見える毛色の子の方が多くおり「北海道犬=(イコール)真っ白」なイメージを覆されます。

そして実際には意外と大きい犬種です。

過去には狩猟犬として、クマとの闘いをしてきた勇敢な北海道犬で、CMのお父さんからイメージしていたものとは非常にギャップがあります。

よく見かける柴犬とは違い、あまり見かける機会がない北海道犬ですが、柴犬同様に天然記念物に指定させている日本にとって重要な歴史のある日本古来の原始犬です。

ちなみに現在はCMに出ているのはカイくんではなく、カイくんの息子の海斗くんがソフトバンクのお父さんを演じています。

そして、カイくんには孫も生まれており、おじいちゃんになっています。

カイくんができないことは、代役としてメスの妹のネネちゃんが演じていたこともあるそうです。

ずっと声は北大路欣也さんなので気が付かないですね。

「ソフトバンクのお父さんの犬種は北海道犬!その特徴や生態とは」の関連記事

「ソフトバンクのお父さんの犬種は北海道犬!その特徴や生態とは」と合わせて読みたい