マンションで飼いやすいペットまとめ

最終更新日:2015年7月29日

ペットは人とともに暮らし、寂しさを癒してくれるものです。

ですが、一軒家ならともかく、マンションの一室となるとなかなかペットを飼うのも一苦労です。

鳴き声が近所迷惑になったり、壁紙や家具を台無しにされてしまったらどうしよう……そんな不安を抱いて、マンションでのペット飼育にふんぎりがつかない人も多いと思います。

そこで、この記事ではマンションで飼いやすいペットについて紹介します。


1.ハムスター

マンションで飼うペットといえばハムスターが定番です。

基本的に水槽ケースやケージなど入れ物の中で飼育することになるので、部屋の中を歩きまわって家具を汚したり壁紙を破いたりすることもありません。

また、ハムスターは滅多に鳴き声を上げず、上げたとしても小さくて隣の部屋まで響くことはありません。

体臭もマウスやラットなどに比べてそれほどきつくないので、フンなどを定期的に掃除をすることを徹底すれば、臭いの問題もそれほど重大ではありません。

ただ、注意するべきなのは夜行性だということでしょうか。

昼間には小さな音でも、深夜にはお隣さんの安眠妨害になるかもしれません。

特に、ハムスターが夜に回し車で遊び始めるガラガラという音には注意しましょう。

小さな音だからと油断していても、深夜にいつまでも音が続くと近所迷惑になってしまうかもしれません。

また、落ち着きがなく、よく動き回って怪我をしてしまったり、すぐに体調が悪くなってしまうなど手がかかる一面もあります。


2.インコ

インコもまたハムスターに並んでマンションで飼うペットの王道です。

遊ぶときには鳥かごから出し、眠るときは鳥かごの中に入れて、窓などを開けておかないように気を付けておけば、知らない間に外に出ていってしまうこともありません。

また、種類にもよりますが基本的に大人しくて人懐っこく、世話にもあまり手がかかりません。

セキセイインコなどは鳴き声もそれほどうるさくなく、生活リズムも人間と同じで、昼に起きて夜に眠るというものですので、深夜にうるさく鳴き出すということも少ないでしょう。

また、どんなペットを飼うときでも悩ましいペットの体臭の問題ですが、インコの基本的な体臭は「インコ臭」と呼ばれる独特のよい香りで、これを好む人もいるほどです。

また、水浴びを嫌うペットが多い中で、インコは種類によっては非常に水浴び好きで、少量の水をためた容器を入れておくと自分から水浴びを始めて、羽根を清潔に保つので鳥かごの掃除さえきちんとすれば、臭いや清潔さについてはまず問題ないでしょう。

ただ、インコはイタズラ好きでよくクチバシで物を突いて壊したり、逆にクチバシを痛めてしまうこともあります。

また、種類によっては大きな声で鳴くインコもいますので、飼う前によく調べておいたほうがよいでしょう。

3.カメ

カメはよほど獰猛な種類を選ばない限り基本的に大人しく、鳴き声もまったくといっていいほど上げません。

基本的に水槽で育てることになるので部屋の中をうろついて汚したりすることもないでしょう。

また、寿命が長いという点もいいでしょう。

カメは数十年以上の寿命を持ち、長く飼い主と寄り添ってくれます。

ただ、カメ自体はそれほど手がかからずに済みますが、カメの飼育環境を整えるのは大変です。

まず、カメを飼っている水槽の水はすぐに汚れるので頻繁に変えなければなりません。

また、カメの甲羅干しのために日光に当てるようにしたり、変温動物で自力で体温調節ができないため、冬にはヒーターが欠かせません。

また、ミドリガメやクサガメなど、飼い始めのころから比べると驚くほど大きくなるカメもいます。

カメが大きくなることを想定してスペースを用意しておくか、最初からなるべく大きくならない種類を調べて選ぶなどの工夫が必要になることでしょう。


4.熱帯魚

マンションでペットを飼うとき、鳴き声も上げなければ臭いもしない、外に出ることもない熱帯魚も選択肢の一つとしてアリでしょう。

ろ過装置やヒーターなど、飼育し始めるときの準備が大変ですが、いったん準備してしまえば、世話はそれほど大変ではありません。

しかし、水槽については注意するべきことがあります。

長く使っていると水槽の底が歪んで水漏れを起こしてしまうこともあります。

水漏れを起こせば床が傷んでしまうし、二階以上に住んでいるのなら、下の階にまで浸水してしまうかもしれません。

さらに、水漏れを落とさなかったとしても、さまざまな装置を取りつけて中を水で満たした水槽は、けっこうな重さになります。

床を傷つけないように台を設置するなど、対策をしておかなければなりません。

マンションの環境を良く調べてペットを飼おう

マンションで飼いやすいペットを紹介してきましたが、どのペットも一長一短があります。

ペットを飼うのは一軒家でも大変なことです。

マンションで飼うとなると近所迷惑や飼育に使えるスペースなど、さまざまなことを念頭に置かなければなりません。

自分の住んでいるマンションの環境をよく考え、ペットのことを予め調べて、飼いたいペットを選ぶことが大切でしょう。

「マンションで飼いやすいペットまとめ」の関連記事

「マンションで飼いやすいペットまとめ」と合わせて読みたい