なぜ三毛猫のオスは生まれにくいの?遺伝子的に非常にレアケース

最終更新日:2016年2月13日

三毛猫の雄は、昔から貴重な存在として認識され、幸運を呼ぶという縁起物としても知られていました。

その珍しさから、最近では、三毛猫の雄は、一匹2,000万円や3,000万円という超高額金額で取引されるとの都市伝説まであります。

本当に、血統書のつかないいわゆる雑種の猫にそこまでの大金が動くかは疑わしいものはありますが、存在する個体数が少なく、希少な存在であることは間違いありません。

でも、なぜ三毛猫の雄はなかなか生まれないのでしょうか。

その理由をご紹介します。

遺伝子学上、雄には茶色と黒色の毛が発現しないという問題

猫の毛色は、全てその猫が持つ遺伝子で決まっています。

O遺伝子と呼ばれる茶色(オレンジ色)の毛色に関係する遺伝子と、o遺伝子と呼ばれる黒色の毛色に関係する二つの遺伝子が組み合わさって初めて、茶色と黒色の二色が出てきます。

この二つの遺伝子は、白色などを決める遺伝子などの毛色の遺伝子と異なり、性染色体に存在します。

性染色体とは、性別に関与する染色体のことで、X染色体とY染色体に分けられます。

母猫の卵子から一つ、父猫の精子から一つ受け継ぎ、XとXの組み合わせで雌、XとYの組み合わせで雄になります。

ここで問題になるのは、このO遺伝子やo遺伝子はX染色体にしか受け継げないため、雄では、O遺伝子、もしくはo遺伝子の遺伝子しか存在せず、理論上、白色、黒色、茶色の三色の雄は生まれないのです。

遺伝子変異は、奇跡的な確率でしか起らないという問題

理論上は存在しない三毛猫の雄ですが、ごくまれに遺伝子変異が起こり生まれてきます。

遺伝子変異で起こる可能性の一つは、クラインフェルター症候群と呼ばれる通常XとYの組み合わせに、もう一つXが組み合わさる性染色体異常のパターンです。

この場合、Xが二つ存在するためO遺伝子とo遺伝子が存在することが可能となり、三色の毛色の猫が生まれます。

この性染色体異常は、発症確率30000分の1と言われており、非常に珍しい現象です。

もう一つの可能性として、性染色体は、XとXの組み合わせながらそのX染色体にY染色体の一部がくっつき(学術的には「転座」と呼ばれます)、Y染色体として性別を決める働きをしているパターンです。

こちらの遺伝子の転座は偶然の産物なので、確率としてはかなり低くなります。

このように、遺伝子学上存在しない雄の三毛猫を生み出す遺伝子変異は、奇跡的な確率でしか起こらないのです。

三毛猫から三毛猫が生まれるのではないという問題

クラインフェルター症候群の三毛猫は、性染色体の異常が原因のため、繁殖能力がないとされています。

一方、X染色体にY染色体の一部が転座して発生した三毛猫には、繁殖能力があります。

奇跡的な確率で生まれてきた三毛猫の雄のうち一部は、生まれながらにして不妊症です。

とはいえ、三毛猫の雄のうち、一部は繁殖能力を持っていますので、この雄からどんどん三毛猫が生まれるのでは?と疑問が出てくるでしょう。

しかし、残念ながら、この三毛猫になるための特別な遺伝子は子供に遺伝子ません。

そのため、父猫が三毛猫の雄だった場合も、上述で説明したような遺伝子変異を経て同じような確率でしか、三毛猫の雄は生まれてこないのです。

血統書付きの純血種と異なり、三毛猫の父猫、母猫から生まれた子猫が三毛猫とはならないのです。

実は日本以外では珍しい三毛猫という問題

日本で雄の三毛猫は希少ですが、雌の三毛猫はよく見かけ、三毛猫自体はそんなに珍しい種類ではありません。

飼い猫が三毛猫だという飼い主の方も多々いらっしゃるでしょう。

しかしながら、日本以外では、三毛猫自体が珍しい種類とされています。

厳密にいうと三毛猫は、日本原産の猫のみを指すので、三色の毛色の猫と枠を広げて考えるのが正しいと思いますが、三色の毛色の猫として探してみても、日本以外ではなかなか生まれない珍しい存在です。

世界規模で考えた時に、三毛猫の雄は、三毛猫(もしくは三色の毛色の猫)自体が珍しい上に、雄が生まれる確率は奇跡的な確率で、より希少性を増しているのです。

オスの三毛猫を見つけたらラッキー

根本には遺伝子に刻まれた運命が引き起こす現象と言えます。

遺伝子というのはその生き物の特徴をすべて刻み込んだ、いわゆる設計図とも言えます。

人間でも、遺伝子により、髪の毛の色や目の色、なりやすい病気やはたまた性格まで運命づけられてしまっています。

すべて雌になると遺伝子で決められた三毛猫。

毛色も性別も遺伝子ですべて運命づけられている中、神様のいたずらなのか、運命からはずれ、ふいに生まれてくる三毛猫の雄。

そのように考えると、三毛猫の雄は、その価値や価格を考える前に、神秘的で超越した存在であると感じませんか。

もし、あなたのもとにそんな神秘的な猫がやってきたら、大事に育ててあげてください。

「なぜ三毛猫のオスは生まれにくいの?遺伝子的に非常にレアケース」の関連記事

「なぜ三毛猫のオスは生まれにくいの?遺伝子的に非常にレアケース」と合わせて読みたい