猫をケージ飼いする際のポイント。ずっとケージの中はNG

最終更新日:2016年1月31日

猫を室内飼いしている方の中には、家の中を自由に移動させている方も多くいます。

とは言え小さな子供がいる、床やインテリアに傷をつけたくない、等の理由からケージ飼いを行っている方もいます。

そこで今回は猫をケージ飼いする際のポイントをご紹介します。


1.猫の大きさに合わせて十分な高さのあるケージを用意する

ケージを用意する際の1番のポイントとなるのは、高さのあるケージを用意することです。

それは、猫が高低差のある運動を好む動物であることが理由になります。

猫を飼ったことのある方はもちろん、飼ったことの無い方でも猫が木に登っていたり塀の上にいたりするのを見かけたことがないでしょうか。

猫というのはもともと木に登る習性を持っている動物のため、家猫でも平面移動ではなく高低差のある移動を行います。

逆に上下に動くことができないとストレスが溜まりますし、高いところに登り下を眺めているだけで安心しストレスの解消にもつながります。

そのため、ケージ飼いを行う際には十分に高さのあるものを用意してあげましょう。


2.居住空間が分かれているタイプのものを選ぶ

高さのあるケージを用意すると先述しましたが、ただ単に高さがあるだけでは良くありません。

居住空間が分割されているものの方が、よりリラックスして生活することができます。

例えば1階はトイレや食事、2階は遊ぶ場所、3階は寝る場所、という風に分けてあげます。

猫は非常にキレイ好きな動物で、トイレと他の居住空間が隣り合っていることを好みません。

そこで階が分かれているものを選び生活スタイルごとに分けてあげることで、猫もストレスを感じにくくなります。

ただし、ケージ内の隙間や端っこの方にゴミや汚れが溜まりやすくなるので、こまめに掃除を行ってください。

3.快適な場所選びと寒暖差の対策を行う

ケージは猫にとってテリトリーでもあり、長時間過ごす家にもなります。

そこで気を付けるべきなのが、場所と寒暖差に対する対策です。

場所に関してですが、人の出入りが多い場所や音を立てる電化製品が稼働する場所はあまり適しません。

それは、音や光に敏感な猫にとって落ち着けない場所だからです。

そのため、あまりうるさくなく落ち着ける場所に設置してあげましょう。

次に大切な事が寒暖差の対策です。

猫は夏の暑さも冬の寒さも苦手とする動物のため、春夏秋冬それぞれ快適な環境づくりが必要となります。

場所について落ち着ける場所を、と先述しましたが、夏の日差しや冬の風が入り込む窓や出入り口の近くは避けましょう。

どうしても日差しが当たる場合は、時間によって日差しの角度が変わることも考慮してカーテンを閉めておく、冷却用のグッズをケージの中に置いてあげるなどの対策を講じてあげます。

また冬になると人間が思っている以上に寒さを感じるものなので、ケージ自体を毛布でくるむ等温める工夫が必要です。


4.お気に入りの寝床と水場を用意する

猫はよく寝る動物です。

そこで、ケージの中で飼う際にはどれだけストレスを感じさせずに寝てもらうかがポイントになります。

夏場には冷却タイプのベッドや、冬には温かい毛布やドームなどを用意して快適な寝床を作ってあげることで、猫も安心して寝ることができます。

また、日中に仕事等で不在の時間が長い場合は、飼い主の匂いのする毛布や遊んでいる玩具を一緒においてあげるとより安心します。

そして、ケージの中で飼う際に非常に大切な事が水分の補給です。

猫はもともと水分補給が苦手な動物のため、放っておくと脱水症状などの水分不足に陥ります。

そこで、ケージ飼いをする際には必ず24時間水分を取れる状態にすることが必要です。

水を入れた容器を置くだけでも構いませんが、吸い口の付いた給水器タイプを利用すると、不在の間に容器から水がこぼれてケージが汚れるのを防ぐことができます。

5.長時間ケージに入れておかない

これまで猫をケージ飼いする際のポイントをお伝えしてきましたが、猫をケージの中だけで飼うことは難しいです。

仮に生まれたての子猫の時からしつけてきたとしても、成長するにつれて外に出たがるようになりますし、運動を必要とする猫にとって健康面でも良くありません。

どれだけ快適な寝床や遊び場を作ってあげたとしても、ケージの中だけではストレスが溜まってしまい、最終的には寿命にも影響します。

そこで飼い主が家にいる時はケージの外に出してあげる、もしくはケージ内と外を自由に行き来できるような状態にしてあげることで、運動不足解消につながります。

また、ケージから出している間はたくさんかまって遊んであげましょう。

ケージにいる間のストレスは大きいため、飼い主がかまってあげることが最大のストレス解消法になります。

もし一人暮らしなどで長時間家を空けてしまう状況が日常的に続くのであれば、ケージ飼いではなく室内飼いをするなどの選択することも時には必要となります。

猫がストレスを感じないように工夫してケージ飼いをしよう

猫をケージ飼いすることで、猫が安心できるテリトリーができる反面、長時間ケージの中に閉じ込めておくと大きなストレスを抱えてしまう事になります。

ケージ飼いをする際には、常にケージの中に入れておくのではなく積極的に外に出して構ってあげ、寝る時や食事の際にケージを利用させるくらいが猫にとっては良いでしょう。

「猫をケージ飼いする際のポイント。ずっとケージの中はNG」の関連記事

「猫をケージ飼いする際のポイント。ずっとケージの中はNG」と合わせて読みたい