スタッフォードシャー・ブル・テリア | 性格・寿命・価格・外見

最終更新日:2016年11月30日

ブルテリアにはさまざまな種類がいますが、今回はスタッフォードシャー・ブル・テリアについて紹介します。

どちらかというと強面な印象のあるルックスですが、本国のイギリスでは高い人気を誇る犬種です。

その魅力や飼い方についてまとめてみました。

1.スタッフォードシャー・ブル・テリアとは

スタッフォードシャー・ブル・テリアはイギリス原産の犬で、19世紀に誕生しました。

その名前の通り、ブルドッグと数種類のテリア種を交配させて生み出された犬種です。

当時、イギリスで流行っていた闘犬や、番犬としてとても重宝されました。

現在はペットとして飼いやすいように、さらに交配が進んでいます。

体型も当時より小型になり、攻撃的な性格も抑えられていてペットとして海外で多く親しまれています。

原産国であるイギリスはもとより、ニュージーランドやオーストラリアでも人気がある犬です。

2.スタッフォードシャー・ブル・テリアの外見の特徴

まず、スタッフォードシャー・ブル・テリアをみて気が付く特徴は、がっちりと骨太な体型ではないでしょうか。

足はブルドッグなどと比較すると少し長めです。

太く筋肉質な体つきで、かつての闘犬としての姿を彷彿とさせる姿をしています。

体の大きさは、体高が40cmくらいの中型犬として分類されます。

顔立ちはマズルの横幅が広めで、とても力強い顎を持っています。

顔の額のしわは少なめで、屈強そうな印象を持たせるのにじゅうぶんなインパクトがあります。

半立ちの耳とつぶらな目は、渋さや独特な愛嬌と捉えることもできます。

3.スタッフォードシャー・ブル・テリアの性格

ペットとして飼育しやすいように交配が進められ、無邪気で人懐っこい性格をしています。

初めて見る人にも、自分から近寄るような好奇心を併せ持っています。

また闘犬として飼育されていた経歴から、飼い主には非常に従順な犬でもあります非常に素直で甘えすぎず、わがまますぎずと、バランスのとれた性格と言えるでしょう。

ただし、闘犬としての一面も残っています。

他の犬や動物を見た時に、不意に攻撃的な性格が表れることがあったりします。

しっかりとしたしつけや訓練をしないと、飼うのは難しいでしょう。

頭が良い犬でもあるので、きちんとしつけをして良い子に育ててあげたいですね。

4.スタッフォードシャー・ブル・テリアの飼い方としつけのポイント

人懐っこく、人と触れ合うことが好きな性格なので、室内飼いが基本となります。

たくさんの人と触れ合うことで社会性もつき、より素直な性格になるでしょう。

こうしたスキンシップが足りないとストレスをため込みやすいので、積極的な触れ合いを持つようにしましょう。

ストレスは健康面への影響のほか、攻撃的な性格を抑える効果もあります。

しつけに関して、特に気を付けるのは噛み癖です。

闘犬して飼われていたということから、イメージはつきやすいと思います。

しっかりとしつけをすれば小さな子どもや他の小型犬とも仲良く遊べるような犬になります。

そのため、早い段階で社会性を身に着けさせ、噛み癖は徹底的に直しておきたいものです。

5.スタッフォードシャー・ブル・テリアの寿命と気を付ける病気

平均的な寿命は12~14年です。

体の大きさから考えると、ごくごく平均的な寿命と言えるでしょう。

予め気を付けたい病気がいくつかあるので紹介します。

スタッフォードシャー・ブル・テリアには、口蓋裂や口唇裂などの病気を持ったものがいます。

遺伝的にこうした病気を持つものがいるので、予め飼う前には遺伝子検査をしておきたいですね。

他にも遺伝性の白内障や先天的な脳神経症にも注意する必要があります。

先天的な白内障以外でも、犬の加齢とともに白内障は自然と起こりやすくなります。

スタッフォードシャー・ブル・テリアのような犬は、目に異物が入りやすくダメージを受けやすいのが特徴です。

そのため、目の疾患には少し注意が必要なので、気を付けておきましょう。

6.値段と入手方法

日本でも正式な犬種登録がされていますが、飼育されている数は多くありません。

それでも熱心な愛好家が存在します。

残念ながら国内のブリーダーはそれほど多くはなく、購入するには輸入がメインになってくるでしょう。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの相場は20~30万円程度です。

歴史のある犬種でもあり、遺伝的な病気にも注意する必要があるので、信頼のおけるブリーダーから購入したい犬でもあります。

購入する時には、しっかりとしたやりとりのできるところを選ぶようにしましょう。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの特徴を知ろう

ブルテリアには根強い愛好家がおり、スタッフォードシャー・ブル・テリアも多分に漏れません。

どっしりした屈強そうな体つきや、その風貌には独特の貫録やオーラのようなものを感じますよね。

日本では小型犬~中型犬というと可愛らしい顔つきの犬が好まれますが、そうした犬種とはまた違った魅力を兼ね備えています。

家族や他の犬の中でも、スタッフォードシャー・ブル・テリアはしっかりとした存在感で、良き遊び相手になってくれるでしょう。

「スタッフォードシャー・ブル・テリア | 性格・寿命・価格・外見」の関連記事

「スタッフォードシャー・ブル・テリア | 性格・寿命・価格・外見」と合わせて読みたい