水槽

【水槽の外掛けフィルター】仕組み・メリット・デメリットを理解しよう

最終更新日:2016年11月19日

外掛けフィルターは、主に小型の水槽に使われるフィルターです。

外掛けフィルターは、どのような特徴のあるフィルターなのでしょうか。

また具体的にメリットやデメリットはあるのでしょうか。

1.外掛けフィルターの仕組み、使用方法

外掛けフィルターはその名の通り、水槽の外側に掛けて使用するフィルターです。

濾過槽にポンプを使って水槽内の水をくみ上げます。

水は重力によって落下する時に濾材を通って、水槽内に戻されます。

このように非常にシンプルな仕組みになっています。

濾材が詰まってしまった場合、濾過されず水槽に水が戻される、という安全な構造になっています。

また外掛けフィルターは用途に応じて、改造して使用することもできます。

静音性は外部フィルターよりも落ちますが、水が下に落ちる音がするくらいで、静音性が高いフィルターです。

外掛けフィルターはポンプが水槽の外側についている物と、中に入っている物があります。

ポンプが外側についている場合、事前に呼び水と言って、濾過槽に水を通す作業が必要になります。

呼び水がいらないタイプのフィルターでは、コンセントを入れた後すぐ作動させることができます。


2.外掛けフィルターは設置が容易で、水槽内の見た目も良い

外掛けフィルターの設置は、他のフィルターよりも非常に楽に行うことができます。

外掛けフィルターは基本的に、専用の活性炭カートリッジを使って使用します。

定期的に交換する必要がありますが、容易に行うことができます。

手軽に設置することができてコンパクトなため、小型の水槽飼育で使用されるケースがほとんどです。

そのためアクアリウムが初心者の方に、オススメのフィルターです。

フィルターを外に掛けるため、水槽のスペースを確保することができます。

外掛けフィルターをずっと使用をしていると目詰まりをするので、定期的なメンテナンスは必要になります。

でも他のフィルターよりも、メンテナンスが容易に行えるのも魅力の一つです。

また同じく手軽に使える投げ込み式フィルターよりも、水槽内の見た目が良いというメリットもあります。

水草を植えたい時も邪魔になりませんし、魚や水草をより美しく鑑賞することができます。

3.外掛けフィルターは安く購入できる

外掛けフィルターは比較的安く購入できるのが魅力です。

近年小型水槽でアクアリウムを楽しむ方が増えたので、アクアショップで入手しやすいフィルターです。

価格は種類や店によって違いますが、だいたい1,000円から3,000円くらいで購入できます。

上部フィルターや外部フィルターよりもかなり安い価格で購入することができます。

また消費電力も安く抑えられます。

外掛けフィルターは専用のカートリッジが販売されています。

これは少し高めに販売されているので、定期的に交換するとコストがかかりやすいです。

でも別の物を使用することも可能です。

濾過能力を考慮して、別の濾材と組み合わせたり、変えることでコストを抑えることができます。


4.外掛けフィルターは濾過能力が低い

手軽に使える外掛けフィルターですが、デメリットもあります。

外掛けフィルターはコンパクトなフィルターであるため、他のフィルターと比べて濾過能力が低いです。

そのため小型の水槽で、水槽内を汚さない魚を飼育するのに向いています。

また水槽の割に魚の数が多いケースでは、水質が悪化しやすいので不向きです。

金魚は小型の水槽で手軽に飼育できる魚ですが、水槽内を汚しやすい面もあります。

外掛けフィルターを使って金魚を飼育するなら、小型の水槽で大きめの金魚を1~2匹飼育する、といった方法もあります。

また小さい金魚を飼育する場合であっても、数を少なめにして飼育する方が良いでしょう。

濾過能力が気になるなら他のフィルターと併用したり、別のフィルターを検討する必要もでてきます。

5.外掛けフィルターは二酸化炭素を逃がしやすい

外掛けフィルターは外部と接触しやすい構造になっているため、二酸化炭素が逃げやすいというデメリットがあります。

そのため水草を育成するには向かない面もあります。

そのため二酸化炭素を添加しても、効率が悪くなってしまいます。

外掛けフィルターは小型の水槽で飼育するケースが多いので、魚の観賞がメインとなるアクアリウムに向いています。

水草メインの水槽にしたい場合は、外部式フィルターを考慮する必要性もあります。

でも外掛けフィルターでも適切な環境であれば、水草は育っていきます。

二酸化炭素の添加を必要としない水草もいくつかあります。

水草を選んで入れるなど、配慮をすれば問題はありません。

水槽の外掛けフィルターのことを理解しよう

外掛けフィルターは設置が楽で、安く購入できます。

アクアリウムが初心者の方にもオススメのフィルターです。

でもその反面コンパクトなため、濾過能力が低いというデメリットもあります。

二酸化炭素を逃がしやすいため、水草メインの水槽には向きません。

外掛けフィルターの特徴をよく理解して、フィルターを検討することが大切です。

「【水槽の外掛けフィルター】仕組み・メリット・デメリットを理解しよう」の関連記事

「【水槽の外掛けフィルター】仕組み・メリット・デメリットを理解しよう」と合わせて読みたい