猫が舌を出しっぱなしにしているのはなぜ?舌が出ている理由を知ろう

最終更新日:2016年11月7日

猫は舌を使って食べ物を味わい、体毛を整えます。

使用頻度が多いからこそ、その舌が口元からちょっと出ているままになっている猫を、一度は見たことがあるのではないでしょうか。

猫が舌を出しっぱなしにしているとき、どんな理由があるのか考えたことはありますか。

ここではそんな猫が舌を出しっぱなしにしている時に考えられる理由についてご紹介します。

1.リラックスしている証

猫はリラックスするほど体の筋肉を緩め、四肢を投げ出すような格好になります。

緊張感を全身から削ぎ落して、体も心も休ませているのでしょう。

その際には顔の筋肉も緩み、口元が開きやすくなります。

舌が出しっぱなしになっているなら、猫は心底今の環境に満足してリラックスしているといえるでしょう。

舌が出ているとき、猫の表情には柔らかな安心感も見ることができるかもしれません。

子供の頃から室内飼いされている猫ほど、リラックスしやすく、それゆえに舌を出しっぱなしにしやすくなります。

逆に野生だった猫は常に緊張が求められる環境で育っているので、そう簡単に舌を出してはくれないでしょう。

猫が一切の緊張を必要としないで生活できるように、愛情と信頼をこめてお世話してあげたいですね。


2.単純にしまい忘れてる

猫が手や体を舐めているとき、何か物音がしたり飼い主が動いたりすると、猫はそっちに気をとられて舌を出しっぱなしにすることがあります。

好奇心のあまり、つい舌をしまうことを忘れてしまうのでしょう。

舌の出しっぱなしは再び体のケアを始めるか、飼い主が指摘するまでそのままになっていることもあります。

もし気になるようでしたら、指先で舌に触れてしまい忘れを教えてあげましょう。

毛づくろい中に名前を呼ぶことで、意図的に猫の舌を出しやすくすることもできます。

写真や映像に残したいときは、リラックスしながら舌を使っている瞬間を狙いましょう。

しかしあまりしつこく求めすぎると、気まぐれな猫は不機嫌になることが予想されます。

舌をしまい忘れているところを見れたらラッキーくらいに思っておく方が、猫の精神衛生上はいいのかもしれません。

3.疲れてしまった

キレイ好きである猫は自分の舌を使ってグルーミングする際、かなり念入りに時間をかけて行います。

長毛種となればさらに作業時間は伸び、舌は酷使されるでしょう。

丁寧なグルーミングをする猫ほど、疲れて舌が出しっぱなしになっていることがよくあります。

舌が出ているなら、それは猫がキレイな毛並みを保つために努力した証といえるでしょう。

飼い主はそんな猫の習性もときには褒めてあげるようにしてください。

猫が自らキレイな体を維持してくれるおかげで、ずいぶん飼いやすくなっているはずです。

グルーミング中に舌を出したまま長いこと休憩しているようなら、猫の代わりにブラッシングしてあげる必要があります。

猫が嫌がらずに受け入れてくれるなら、時間をかけて毛並みを整えてあげましょう。

猫は疲れずにキレイになり、飼い主は猫との貴重な時間を過ごせる。

一石二鳥で得した気分になりますね。


4.舌が出やすい猫の種類がある

顎が小さくて前歯が短い種類の猫ほど、自然と口から舌が出やすくなります。

ペルシャやマンチカンなどは生まれつきの特徴として、舌が上手にしまいにくい猫だといえるでしょう。

出しっぱなしになりやすい特徴が気にいって、それらの猫を飼うという人もいるかもしれませんね。

飼育している猫がどのような顎をしていて、舌が出やすい構造になっているのか、一度はその目で確認しておくといいでしょう。

老化や犬歯が抜けてしまった猫も、舌が出しっぱなしになることがあります。

顎の筋肉も弱まっているので、舌をずっと支えているのが難しいのでしょう。

その猫にとっては、舌が出しっぱなしの方が楽にいられる場合もあるので、無理して舌をしまわせようとはしないでください。

5.口呼吸になっているかもしれない

猫が舌を出しながらぐったりとしている場合、心筋症などの病気が想定されます。

息が荒い、元気がないなどの異常が少しでも確認できたら、早急に獣医に相談するようにしてください。

多量の運動をしたなどの理由がなければ、猫は基本的に鼻呼吸で生活をしています。

舌を出したままの口呼吸は、猫がかなり苦しんでいる証拠です。

いずれにせよ素早い対処が求められるので、猫が楽に呼吸できる姿勢を確保して最寄りの動物病院へ向かいましょう。

舌を出しっぱなしにした状態で、口臭が感じられる、よだれが垂れる、食事をとらないなどの症状が見られるなら、病気の可能性が高くなります。

また舌そのものに違和感がないかどうかもチェックしましょう。

色の変化から病気の原因を突き止めることもあるので、飼い主は健康時の舌の様子を把握しておく必要があります。

舌が出しっぱなしなことも、猫の可愛らしさを増す大事な要素

多くの動物は、通常あまり舌を見せることなく暮らしています。

人間だってよっぽどのことがなければ舌を出したままにはしておかないでしょう。

そんな中で猫の見せる舌を出しっぱなしにした姿は、多くの人を魅了して当然といえるのかもしれません。

可愛らしさを最大限に引き上げる猫の舌を、飼い主は心ゆくまで観賞しましょう。

「猫が舌を出しっぱなしにしているのはなぜ?舌が出ている理由を知ろう」の関連記事

「猫が舌を出しっぱなしにしているのはなぜ?舌が出ている理由を知ろう」と合わせて読みたい