ブサかわ猫の種類。エキゾチックショートヘアやペルシャなど

最終更新日:2016年11月7日

同じ猫のはずなのに、ビックリするくらいブサイクな顔の猫っていますよね。

でも逆にそこが可愛いくてたまらなかったり。

ここではそんなブサかわいい猫を愛する方に、ブサかわ猫の多い猫の種類をご紹介します。


1.エキゾチックショートヘア

エキゾチックショートヘアは、ブサかわと言えばこの猫、というくらいブサかわ猫の多い品種の代表的立ち位置の猫です。

アメリカンショートヘアとペルシャの交配によって生まれたエキゾチックショートヘアは、ペルシャゆずりのくしゃっと潰れた上向きの鼻と短足でボテッとした丸い体つき、ぐりっとした離れ気味の目をしたブサかわいい猫です。

アメリカンショートヘアとの交配により、ペルシャと違い短毛で特徴的な顔がよく見えるせいか、ちょっとアクティブな風貌をしています。

性格はおっとりしていて温厚で甘え上手。

もこもことした毛並みは触り心地良く、撫でられるのも大好きなので室内飼いにはうってつけです。

短毛なので、ペルシャと比べ、ブラッシングの回数が少なくて済むため、初心者にも飼いやすい猫です。


2.ペルシャ

平らな顔が特徴的なペルシャは、上記のエキゾチックショートヘアを初めとした多くの扁平顔の猫の品種交配に利用されてきました。

ペルシャ猫を起源とする品種には、エキゾチックショートヘアの他にもヒマラヤンやナポレオン、チンチラなど多岐に渡ります。

ブサかわ猫の元祖とも言えるペルシャは、歴史を遡ればビクトリア女王やナイチンゲールなど愛好家も多く、西洋の高貴なイメージそのものと言えるでしょう。

潰れた顔のペルシャは、自分の長い毛を毛づくろいしきれません。

飼い主が頻繁にグルーミングしてあげる必要があり、飼うにはなかなか手間のかかる品種です。

大変なメンテナンスでおいそれと飼う事ができないところも、ペルシャを高貴なイメージにしている一つと言えるでしょう。

3.スフィンクス

スフィンクスは、突然変異の種からデボンレックスと交配され生まれました。

毛のほとんど見えないピンク色の肌とシワシワな体は、初めて見るとなかなかに衝撃的な姿です。

しかしながら、一度魅せられてしまうとこの独特な容姿にハマってしまう人も多く、根強い人気のあるブサかわ猫の一種でもあります。

スフィンクスの体は無毛に見えますが、実際は全身にちゃんと産毛が生えています。

ペルシャ系の猫とは正反対の細面の顔つきをしており、耳は大きくほお骨がしっかりした痩せ形タイプのブサかわ猫です。

その宇宙人のような風貌からは想像できないほど、性格はとても温厚で好奇心も強く遊び好き。

見た目と性格のギャッブは猫の中でも上位に入ります。

しかし、スフィンクスのような無毛タイプの猫は暑さ寒さに弱く、毛が無いので怪我をしやすい品種です。

他のペットとじゃれ合うだけでも肌を痛めてしまう危険があるので、多頭飼いにはあまり適しません。

また、屋外に出す事も避けた方が良いでしょう。


4.シャム

猫の血統の中でも比較的知名度の高いシャム猫、品の良いイメージと裏腹に、何故かちょっと悪賢い印象もついて回ります。

海外のアニメや映画の中で、悪役の飼っている猫にシャム猫が多い事もこのイメージの原因のひとつでしょう。

短毛で露になっている痩せた体とシュッとしたアゴが、痩せ形のちょっと意地悪そうなブサ可愛さを生み出し、海外映画のセクシーなヒールを思わせます。

シャムは見た目を裏切らない性格をしていて、例えるならツンとしたお嬢さんといった感じです。

賢くちょっと神経質な面がありますが、猫らしい気ままさと好奇心を持った飼いやすい猫です。

しかし、神経質なので、うるさい所や子供の多い場所はあまり好みません。

家族の多いにぎやかな空間より、一人暮らしや老人の家のような穏やかな家庭に適した猫です。

5.ブリティッシュショートヘア

イギリスの土着猫であるブリティッシュショートヘアは、大きくて丸い顔と短めの毛、筋肉質でしっかりとした体が特徴の猫です。

ネコ界のブルドックとも評されるマフィアのボスのような顔つきは、いかついという言葉がぴったり合います。

特に人気の高いブリティッシュブルーと言われる毛色のブリティッシュショートヘアは、ガッシリした体つきと金色の目も相まって、ブサかわというより強面可愛いという感じです。

シャム猫がセクシーなヒールなら、ブリティッシュショートヘアはゴッドファーザーやハードボイルドな映画が似合います。

しかし、ブリティッシュショートヘアは強そうな見た目とは裏腹に、性格は温厚でのんびり。

ただし、落ち着いた性格の反面あまり触られる事を好まないので、可愛がり過ぎるとストレスを感じてしまいます。


6.ミックス(雑種)

ブサかわ猫で忘れてはいけないのがミックス、いわゆる雑種猫です。

ミックスには人の手では作り出せない特徴を持つ猫も多く、オリジナリティあふれるブサかわ猫に出会えます。

日本猫独特の短いしっぽ、斑柄や三毛猫の奇跡的な模様の位置、サビ猫のような一見汚く見えながら、味わい深さがたまらない模様の猫も雑種らしいブサかわいさでしょう。

ペットショッップでは出会えない天然のブサかわいさは、出会った人間に運命を感じさせずにはおきません。

ミックスは健康で丈夫な猫が多く、メンテナンスをほとんど必要としないため初心者にも飼いやすい猫です。

ただし、野良猫を拾う場合はすでに何らかの病気を持っている事も多く、できるだけ早く獣医さんに連れて行く必要があります。

ブサかわ猫を飼ってみよう

ブサかわ猫の多い品種はその可愛さのために人工的に作り出された種のため、中には猫自身だけでは体を管理しきれない品種もいます。

ブサかわ猫の多い種を飼う時は、その猫の種類の特徴をよく知って、自分の家がキチンと管理してあげられる環境か確認してから飼いましょう。

「ブサかわ猫の種類。エキゾチックショートヘアやペルシャなど」の関連記事

「ブサかわ猫の種類。エキゾチックショートヘアやペルシャなど」と合わせて読みたい