今と他の動物病院へスムーズに移動する方法

最終更新日:2016年11月1日

「今かかっている動物病院、何か不安だな」とか「他にいい動物病院があるらしい」なんて時、あなたはどうしますか?

不安なまま動物病院へかかり続けるより、動物病院を変える方がうまくいくケースは多いです。

そこで、今回はスムーズに動物病院を変える方法をご紹介します。

1.まずは今と他の動物病院を調べる

目的の動物病院が決まっている場合は必要ありませんが、他に移りたいと思った場合、いい動物病院を見つけないといけません。

動物病院に関する情報で、一番使えるのは生の口コミです。

知り合いで動物を飼っている人がいればその人に聞くのが一番いいでしょう。

他には、公園やペットショップなど、動物を飼っている人が集まっている場所へ行き、他の人に口コミを聞くのもいいと思います。

また、最近ではほとんどの病院が病院のホームページやブログを持っています。

それらをチェックして雰囲気がよさそうな病院へ行くのもいいでしょう。

動物病院の口コミサイトもありますが、信頼できるほどの口コミ件数がありません。

たまたま悪い印象を持った人が書いていたり、病院スタッフが良いことを書いているケースもあり、信用性は高くありません。

口コミサイトは軽く参考にする程度にしておきましょう。


2.動物病院へ一度行ってみる

先生・スタッフの人柄やサービス、動物病院自体の雰囲気や清潔感を見るのには直接行くのが一番です。

まずは下見に行くのがいいと思います。

ただし、何もなく下見はできませんので、何かの用事が必要です。

一番お金がかからない方法は爪切りに行くこと。

ほとんどの動物病院では1,000円程度で爪切りもしてくれますので(最初は初診料やカルテ作成料がかかる可能性がある)、爪切りをしてもらって雰囲気を見るのがいいでしょう。

ただし、爪切りだけの場合は看護師さんやトリマーさんがやってしまい、先生の人柄がわからないこともあります。

先生の人柄や診察の雰囲気を知るためには、診察が必要である理由がいります。

・体調は悪くないが、引っ越してきたので一度健康診断がてら連れてきた
・ちょっと食欲が落ち気味なので心配
・少し下痢気味なので診てほしい
などという理由がいいと思います。

理由によっては「検査をしましょうか?」と言われることもありますので、その場合はいくらくらい費用がかかるのかを聞いて、やってもらうかどうか判断してください。

費用がかかりそうな場合は「身体検査で異常がなければいいです」と断ってもいいでしょう。

金額を聞くことも、検査を断ることも飼い主さんの自由ですし、それが無礼なことにはなりません。

・こちらの意見を聞かずにどんどん検査をしてしまう
・聞きたいことを聞きづらい
・動物の扱いが雑
・親切さを感じられない
などと言ったことがある場合は、今後もうまく付き合っていくことが難しいと思うので、また他の病院をあたってください。

この時点でやっぱり元の病院の方がいいとなることもあります。

3.元の動物病院からできるだけ今までの情報をもらう

もし、特別大きな病気をしたことがない子であれば特に必要ありませんが、大きな病気をしたことのある子では、今までの既往歴(病歴)や投薬歴などは重要な情報です。

できるだけ今までの情報をもらうようにしてください。

堂々と「転院します」ということができればそれでもいいですが、言い出しにくいことは多いと思います。

そんな時は「少し遠くに引っ越すので、転院します」と伝えてもらうのが無難でしょう。

ただし、引っ越すといった場合は新しい病院が合わなくても元の病院へ戻りにくいというリスクはあります。

そうして、今後のために「今までのデータが欲しい」と伝えてください。

血液検査のデータなどはパソコンに入っていることが多く、すぐにいただけることが多いです。

投薬歴や病歴に関しては新しく書く必要があり、それほど高くはないですが、費用がかかることもあるので一度聞いてみてください。

出してくれるかどうか、いくらかかるか、どれくらい時間がかかるかは病院次第です。

しっかり紹介状を書いてくれる場合は後日取りに伺う必要があります。

転院に関しては電話であらかじめ伝えておくのもいいでしょう。


4.新しい動物病院へ再度行く

特に持病がなければ、何か病気になったり、ワクチンの時期になってから行ってもいいでしょう。

もし持病がある場合は、今までの検査データを持って新しい病院へ一度行っておくことをオススメします。

そこでデータや今の薬を見せて、
・さらに必要な検査の有無
・治療の変更の有無
・今後の受診日や治療のだいたいの計画
などを相談してください。

療法食を食べている場合は、在庫があるかどうかも確認しておいた方がいいでしょう。

今までのデータがいただけなかった場合は、再検査などが必要になるケースもあります。

最適な動物病院へと移動しよう

犬や猫の平均寿命は15歳を超えています。

若いころは健康でも、7歳を超えてシニア期に入ると病気は一気に増えてきます。

信頼できる動物病院は病気をしてから探すのは難しいです。

今かかっている病院の先生に信頼がおけないなど不安のある場合は早めに信頼できる病院を探した方がいいでしょう。

特に、口コミと下見は重要ですので、病院を変えるなら早めに一度行っておいてくださいね。

「今と他の動物病院へスムーズに移動する方法」の関連記事

「今と他の動物病院へスムーズに移動する方法」と合わせて読みたい