【フェレットの寒さ対策】寒さに弱いフェレットに寒さ対策をしてあげよう

最終更新日:2016年10月20日

フェレットは寒さに弱い動物なので、室温には常に気を付けておかなければなりません。

外出している時には寒さ対策も必要ですが、暑すぎても問題があります。

フェレットの寒さ対策についてご紹介します。

1.フェレットのケージを厚手の毛布で覆ってあげる

フェレットの寒さ対策としては、フェレットが1日の大半を過ごすことになるケージの内部の温度を、なるべく一定に温めることが大切です。

そのためにはケージ自体を厚手の毛布で覆うことによって、内部の温度を温めることができます。

厚手の毛布を使うことによって、風も通りにくくなるので、内部の温度も下がりにくくなります。

外出している時でもケージの内部は温度が下がりにくい状態になるため、フェレットの寒さ対策とてしても有効な手段です。

どうしても風邪通りの良い場所にケージを置かなければならない時には、段ボールを使って風をシャットアウトする方法もあります。

ケージと厚手の毛布の間に段ボールをはさむことによって、より風対策をすることができます。

厚手の毛布でケージを包むことによって、内部は室温に比べて温かいので、過ごしやすい環境を作ることができます。


2.ケージの中にいらなくなった毛布を入れておく

フェレットの寝床にも使えますが、ケージ内にいらなくなった毛布を入れておくと、寒さ対策としても利用できます。

室温などを常に管理していても、外出している時までしっかりと温度管理をすることは難しいものです。

フェレット自信が自分で温まれる環境を作ってあげるために、厚手の毛布を入れておくのがオススメです。

寒ければ毛布にくるまって温まりますし、寝床としても使ってくれるので、一石二鳥の役割を果たしてくれます。

寝床として利用してもらうために、できるだけ厚手の毛布で柔らかい素材の物を使用すると、より寝やすくなるのでオススメです。

フェレットの寒さ対策としては、身の回りの物から温かい物に替えていくと、比較的簡単に寒さ対策をすることができます。

ケージを覆ったり、中に毛布を入れるだけで済むので、比較的簡単に寒さ対策をすることができます。

3.風邪の当たらない場所にケージを置く

フェレットを飼う時のメリットとしては、体も小さくて細い動物なので、飼うスペースが狭くても良いのが特徴です。

そのため部屋が狭くてもペットとして飼いやすいですし、ケージのサイズ分のスペースがあれば、飼うことができます。

フェレットは寒さにはあまり強くはない動物なので、寒さ対策をするためにいろいろと工夫しなければなりません。

室温を温かくしたりケージに布を被せたとしても、風が直接当たるような場所ではケージの内部の温度が下がってしまいます。

室内を温めていても、ドアを開けた時に隣の部屋や廊下の温度が低いと、低い温度の風がケージに当たってしまいます。

せっかく室温を温めても、頻繁にドアを開けて風が当たるような場所にケージを置いておけば、ケージ内の温度が室温よりも低くなります。

ケージを置く場所はできるだけ動線の少ない場所や、風の当たりにくい場所に置くようにしましょう。


4.ペット用のヒーターや湯たんぽを利用する

冬になると外出した時にずっと暖房をつけっぱなしにすることもできないので、温度管理が難しくなります。

そこでペット用のヒーターや湯たんぽを利用するのがオススメです。

寒さ対策として暖房をつけっぱなしにするよりも、ペット用のヒーターを使った方がフェレットにも優しいです。

また湯たんぽは冷めにくいので、ヒーターをずっとつけっぱなしにしたくないという時にはオススメです。

またケージの中にウォームマットを敷くこともできるので、ヒーターや湯たんぽと共にお好みの器具で寒さ対策をしましょう。

飼い主がいる時はペット用のヒーターや湯たんぽの温度など、なるべく定期的にチェックすることが大切です。

熱すぎても困るので、もしもの時のためにフェレットが逃げられるスペースや場所を確保しておくと良いでしょう。

5.暖房器具などの取り扱いには注意が必要

一般的な暖房器具は、人間を対象とした物なので、フェレットなどの小さい動物には熱すぎることが予想されます。

寒さに弱いからといってケージを暖房器具の近くに置いたり、ヒーターやストーブの近くに置いておくと、予想以上に温まってしまってフェレットが弱ってしまいます。

人が使う器具の近くに置くよりも、室温を一定レベルに保って、後はフェレット自信が調整できるように毛布などを置いておくようにすれば大丈夫です。

寒さに弱いと言っても20℃前後の温度が、フェレットにとっては快適な温度となります。

寒さに弱いからといって外出する時にストーブなどはつけっぱなしにできないので、器具だけに頼らずにいろいろな方法を合わせて寒さ対策をすることが大切です。

フェレットの寒さ対策をしよう

フェレットは寒さに弱い動物なので、しっかりと温度管理をすることが大切です。

室温を一定にしたり、毛布を上手く活用すると寒さ対策もしやすくなります。

ケージを置く場所にも気を配ることで、風による温度の変化の影響を減らすこともできます。

フェレットの寒さ対策では、ひとつの方法だけではなく、複数の方法を活用してやるのがオススメです。

「【フェレットの寒さ対策】寒さに弱いフェレットに寒さ対策をしてあげよう」の関連記事

「【フェレットの寒さ対策】寒さに弱いフェレットに寒さ対策をしてあげよう」と合わせて読みたい