ハチェットと混泳できる熱帯魚・混泳できない熱帯魚

最終更新日:2016年7月31日

ハチェットはその名の通り、手斧のような胸部がアーチ形を描いた体つきをした一見変わった外見の熱帯魚です。

しかしその変わった風貌故に目立ち、水槽内を華やかにしてくれるハチェットは人気の種類でもあります。

そんなハチェットとの混泳に向く魚と、向かない魚をご紹介します。

1.コリドラス

ハチェットは基本的に混泳に向く魚ですが、泳ぐことがあまり得意ではありませんので、弱い水流で飼育する必要があります。

そんなハチェットは同様に強い水流を必要とせず、大人しくてあまり動き回らないコリドラスとの相性が非常に良いです。

双方とも非常に飼いやすく、水質の好み等も似通っていますので、ハチェットとコリドラスを一緒に飼育する人は多いです。

またハチェットは水槽内でも水面近くの上層を泳ぐ魚ですので、下層部を泳ぐコリドラスと一緒に飼育すれば、水槽内が寂しくありません。

コリドラスは砂底に涼んだエサの食べ残しなどを食べてもくれるので、水槽をキレイにしれくれる効果も期待できます。


2.グッピー

言わずと知れた熱帯魚の代名詞であるグッピーは、初心者でも飼い易く、丈夫で華やかな魚です。

グッピーとハチェットもまた混泳し易い間柄にあります。

グッピーもハチェットも、共に弱酸性から中性水質を好み、性格も温和で大人しいところなど、非常に似通った性質をしている為、あまりケンカをすることもなく、仲良く飼育していくことが可能です。

またグッピーは水槽内の中層あたりを泳ぐ魚ですので、上層を泳ぐハチェットとはぶつかり合うこともなく、見ている側にも非常に華やかで賑やかな印象を与えてくれます。

3.ネオンテトラ

こちらも名の知られた有名な熱帯魚です。

ネオンテトラはハチェットと同様にカラシン系の熱帯魚ですので、飼育環境が非常に似通っています。

基本的にハチェットを健康に飼育できている人であれば、あまり問題なくネオンテトラと混泳出来ます。

またネオンテトラは非常に温和で、どちらかと言えば臆病な性格なので、同様に温和で大人しいハチェットをいじめることもないと言います。

泳ぐ層も、ネオンテトラは下層~中層なので、水面付近を泳ぐハチェットと被ることもなく、混泳するならばこの2種は非常に相性が良いと言えるでしょう。

ネオンテトラとハチェットは、双方群れを成して泳ぐ魚ですので、飼育するならば複数飼育することが望ましいでしょう。


4.スマトラ

ここからはハチェットと混泳が難しい熱帯魚を紹介していきます。

スマトラはグッピー、エンゼルフィッシュとの混泳が出来ない熱帯魚として知られていますが、これはハチェットにも当てはまります。

スマトラは非常に気が荒い為、温和な性格のハチェットはいじめられてしまう可能性が高いです。

また泳ぐことが苦手なハチェットに対して、スマトラは動きもが機敏なため、いじめられても逃げ切ることは出来ないでしょう。

スマトラは基本的に同種同士か、同じような性格の魚としか混泳は難しいので、ハチェットとの混泳を考えるのであれば、別の熱帯魚を選んだ方が無難です。

5.グラミー

グラミーとハチェットも混泳するのはやめた方が良いでしょう。

グラミーは成長しても4~5㎝と小型の熱帯魚で、性格も比較的温和だと言われている種類ですが、個体差が非常に大きく、その個体によっては混泳そのものが無理なものもいます。

グッピーやネオンテトラと混泳できると聞いたのにいざ混泳したら、グッピーを突いて殺してしまった、なんて話はよく聞きます。

勿論個体によっては温和なものがいますので、そういった個体とは混泳できるかもしれませんが、一か八かの賭けになりますので、やはりやめておいた方が無難でしょう。

こう書くとグラミーは非常に扱いにくい魚のように思われてしまうかもしれませんが、実は初心者にもオススメできる丈夫な熱帯魚で、体色もカラフルで華やかなものが多く、水質にも煩くありません。

同種のみで飼育するのであれば非常に魅力的な魚です。


6.レインボースネークヘッド

レインボースネークヘッドはここ最近アクアリストに非常に人気のある種の熱帯魚で、雷魚の仲間であるスネークヘッドの1種です。

レインボースネークヘッドは基本的に単独飼育が望ましい魚ですが、同種のスネークヘッドの中では大人しい部類ですので、個体によっては小型魚との混泳も可能であるとも言われています。

中にはメダカとの混泳が成功した、と言う話も聞く程です。

最近ではこのレインボースネークヘッドとカラシン系の熱帯魚との混泳を試してみアクアリストも多いと聞きますが、あまりオススメはしません。

レインボースネークヘッドは成長しても15㎝前後と同種の間では非常に小型で、大人しい性格ではありますが、どんなに大人しくてもやはり肉食魚ですので、ハチェットとの混泳はやめた方が良いでしょう。

ハチェットと相性の良い種類を集めて素敵な水槽をつくろう

ハチェットは温和な性格で混泳に向く熱帯魚です。

あまりにも気性の荒い魚や大型の肉食魚相手でなければ、基本的にどんな熱帯魚とでも混泳は可能だとさえ言われるほどです。

特に同じカラシン系である小型の熱帯魚との相性は抜群に良く、ほとんど何の心配も無く混泳が出来ることが多いです。

ハチェットは水槽の上層、しかも本当に水面近くのみを泳ぐ魚ですので、ハチェットのみの飼育ですと水槽内がガランとして寂しく感じてしまいます。

他の魚と一緒に飼育することで、より華やかで楽しい水槽にする事が出来ますよ。

「ハチェットと混泳できる熱帯魚・混泳できない熱帯魚」の関連記事

「ハチェットと混泳できる熱帯魚・混泳できない熱帯魚」と合わせて読みたい