犬に牛乳をあげるのは良くないと言われる理由

犬に牛乳をあげるのはダメ!牛乳の乳糖が下痢を引き起こす

最終更新日:2015年11月15日

たくさんの栄養素が含まれている牛乳ですが、犬には与えてはいけないという声を聞きます。

その一方で、与えても問題ないとも言われていますが、犬に牛乳を与えるとどのような影響があるのでしょうか。

好んで飲んでいるように見えても、実は体に異変があるかもしれません。

そこで、犬に牛乳をあげるのは良くないという理由をご紹介します。


1.下痢を引き起こしてしまうから

ほぼ高確率で、犬が牛乳を飲むと下痢をすると言われています。

牛乳には乳糖といった成分が含まれています。

乳糖を分解する酵素が少ないと、下痢を起こしてしまうのです。

これは人間も同様ですが、犬の方がより分解酵素が少ない傾向にあります。

分解酵素は個体によって差があるため、同じ量の牛乳を飲んでもまったく大丈夫な犬もいれば、すぐに下痢になってしまう犬もいます。

また、牛乳には骨を強くするカルシウムが豊富に含まれているため、健康に良さそうなイメージもあるのではないでしょうか。

しかし下痢をしないからといって与えすぎていると、尿結石になる可能性が高くなります。

尿結石の原因が必ずしも牛乳だとは限りませんが、牛乳に含まれている成分によって、より発症しやすいです。

また、牛乳はどうしても冷たいまま飲ませるイメージがあり、お腹を冷やして下痢になってしまうこともあります。

ホットミルクなら大丈夫と思いますが、温かくしても乳糖の量は変わらないので、結果分解できずに下痢を引き起こしてしまうでしょう。

どうしても牛乳を飲ませたい場合は、子犬の頃から日常的に牛乳を飲ませ続ける必要があります。

分解酵素は大人になるにつれて現象していきますが、子供の頃から乳糖の分解に対応できる体だと、大人になっても下痢等をしづらい体質になります。

また、犬用の牛乳も販売されているのでそちらも検討してみましょう。


2.肥満になりやすいから

栄養素も高い牛乳ですが、意外とカロリーも高いのです。

100ミリリットルでおおよそ67キロカロリー前後です。

体に栄養が必要な場合は別ですが、特に問題もなく健康体なのに、過剰にカロリーを摂取してしまうと肥満になる可能性があります。

現代のエサは栄養素をしっかり含んでいるものが多いので、牛乳を飲まなくても必要な栄養が摂取できます。

牛乳が好きな犬の場合などは、エサを少し減らしたり、運動量を増やしたりと調整が必要です。

すでに肥満傾向にある場合などは与えないようにした方が、犬にとっては健康のためになります。

本来犬は、牛乳を与えなくても生きていける生き物です。

どうしても牛乳を与えたい場合などは、牛乳を水で薄めて与える手もあります。

ただし体が弱っている場合や老犬などの場合、牛乳を与えることはかえって良いときもあります。

そのときはカロリーの計算に気をつけながら、エサに牛乳をかけてふやかしたり、食べやすい方法をとってあげるのも大切です。

3.牛乳アレルギーがあるから

ごく稀に、牛乳アレルギーを発症する個体もいます。

牛乳を飲むと吐いてしまったり、かゆみ・体の震えなどといった症状があります。

特に嘔吐、痙攣、皮膚病、血便などの症状が出てしまった場合は重症なので、急いで専門家に診てもらいましょう。

また、妊娠している犬が牛乳を飲む際も注意が必要です。

母体に症状がなくても、お腹の子にアレルギーの症状が出てしまう可能性もあります。

そうなってしまうと、母体にも危険が及ぶ可能性があります。

妊娠している犬に牛乳を飲ませるのは控えるか、どうしてもという場合は獣医に相談しましょう。

どうしても大人の犬はアレルギーだけでなく下痢などの症状を起こしやすいので、最初は少量ずつ与えて様子を見ましょう。

問題がなければ量を増やしていくといった方法をオススメします。


4.犬用の牛乳の場合

上記は全て人間が飲んでいる牛乳を与えた場合の症状です。

実は犬用の牛乳も市販されています。

犬用の牛乳は下痢の原因になる乳糖が取り除かれているため、下痢になるリスクは低いです。

しかしカロリーに関しては大差がない場合もあるので、好んでいるからといって与えすぎには気をつけましょう。

牛乳は栄養が豊富ですが、主食にはなりません。

あくまでおやつといったカテゴリーのため、食生活に偏りが出ないように注意が必要です。

なお、値段は人間の飲んでいる牛乳の2~4倍する場合もあります。

無理に牛乳を飲ませる必要はありませんが、どうしても飲ませたい場合は犬の健康に気をつけながら与えましょう。

犬に牛乳は良くない

人間の10倍ものカルシウムが犬には必要だと言われています。

牛乳は手軽でどこでも買えるものですが、犬にとっては体に悪影響を及ぼす場合もあります。

中毒症状とは違い、危険な症状に陥ることはほぼありませんが、体調を崩してしまう個体が多いのは事実です。

しかし飲むこと自体に問題はないので、与える量や与えた後の様子など、飼い主が細かくチェックしながら牛乳をあげましょう。

「犬に牛乳をあげるのはダメ!牛乳の乳糖が下痢を引き起こす」の関連記事

「犬に牛乳をあげるのはダメ!牛乳の乳糖が下痢を引き起こす」と合わせて読みたい