【ジャック・ラッセル・テリアの成長】どこまで・いつまで大きくなるのか

最終更新日:2018年9月28日

ジャック・ラッセル・テリアは、小柄な体ですが、果敢に自分よりも大きな動物に向かい合ったりすることがあります。

猟犬としてとても優秀な能力を持ち、現代にまでその気質が引き継がれています。

日本ではあまり見かけることがありませんが、きちんとしつけをすれば良きパートナーになる素質を持っています。

今回は、そんなジャック・ラッセル・テリアを実際に飼うときに気になる、体の大きさや子犬の成長について紹介します。

1.ジャック・ラッセル・テリアの特徴と魅力

ジャック・ラッセル・テリアは、イギリス原産の小型犬です。

19世紀後半に、牧師であるジャック・ラッセルによって、そのルーツとなる犬が作出されました。

当時、優秀な猟犬を作ろうとして、こうした試みがされたようです。

ジャック・ラッセル・テリアは、フォックス・テリアがベースとなっています。

狩りに適した体や性格のために、ビーグルやボーダー・テリアなどと交配されてきました。

また、勇猛な性格のために、ブルテリアなども使用されたそうです。

その結果として、ジャック・ラッセル・テリアは、小さな体にたくましい筋肉を持ち、精悍な顔立ちになりました。

よく似ている犬として、パーソン・ラッセル・テリアが知られています。

ジャック・ラッセル・テリアは、より小柄で、足の短いプロポーションをしています。

2.成長した犬の体の大きさ

もともとジャック・ラッセル・テリアが誕生した頃には、性格的な部分を重要視していました。

そのため、あまり体の大きさや特徴も多様でしたが、徐々に愛好家によって体の特徴が固定されていきます。

現在のジャック・ラッセル・テリアは、動物の巣穴にも潜り込めるような小柄な体が特徴です。

体格は骨太でしっかりとした筋肉がつくため、見た目以上にずっしりとした重みを感じるでしょう。

骨の太さやその出で立ちには、ビーグルのような骨太感が見えます。

多くのテリア種の持つ軽やかさよりも、安定感が強く出ている体型をしています。

成長したジャック・ラッセル・テリアの体重は、だいたい4〜6kgくらいです。

首や胸元、胴などはしっかりとした厚みがあります。

尻尾は断尾されることもありますが、もともとは根元にしっかりとした太さがあります。

3.生まれた子犬のジャック・ラッセル・テリアの成長

ジャック・ラッセル・テリアの子犬は、大人の体の大きさになるまでに約1年ほどの時間を要します。

小型犬の成長のペースとしては、一般的なスピードと言えるでしょう。

たった1年でも、立派な若犬のように凛々しい姿になります。

生後3週間くらいの子犬の体重は、1〜1.5kgくらいが普通です。

ブリーダーから子犬を譲り受けるときには、3ヶ月が経過したくらいが一般的です。

しっかりとした骨や筋肉をつけるために、高タンパクな食事を心がけましょう。

大人になると、負けん気が強く出る性格でもあります。

子犬のときには、社会性を身につけたり、しつけを覚えさせることが重要な意味を持ちます。

飼い主の言うことを聞いて、おとなしくしていられるように、早いうちから取り組むようにしましょう。

4.大人になってからの変化

ジャック・ラッセル・テリアは、1歳くらいになると体の大きさや体重には大きな変化がなくなります。

しかし、しっかりした筋肉がついてくるのは、もう少し先になっての話です。

成犬としての成熟には、まだもう少し時間が必要です。

1歳を過ぎてからの変化は、まず、胸や足にしっかりとした筋肉がつくようになります。

徐々に体の均整が取れてきて、ジャック・ラッセル・テリアらしい体つきになります。

また、顔つきもあどけなさがだんだんと抜けて、キリッとした表情になってくるでしょう。

また、しっかりと筋肉がつく一方で、太りやすい体質でもあります。

毎日しっかりと散歩をさせてあげることや、おやつを与え過ぎないように気をつけましょう。

特に6歳を過ぎてからは次第に運動量も減ってくるので、うまく調節するようにししましょう。

飼育や成長について気を付けるポイント

ジャックら・ラッセル・テリアは、飼い主の命令には忠実な性格です。

しかし、良い犬になってもらうためには、やはりしつけがとても大切になります。

意外に力が強く、吠えたりすることもあるので、吠えグセなどには根気を持って対処しましょう。

小動物を追って、狩りをするという役割上、少し気性が荒い部分もあります。

他の犬やペットなどにも敵対心を見せたり、ライバル意識を出したりするため注意が必要です。

見知らぬ人には警戒心を持つこともあるので、来客や散歩中にも目を離さないようにしましょう。

比較的健康で、元気に長生きしてくれることが多い犬種です。

しかし、少し足が短く胴が長いという体の特徴を持っています。

ダックスフントなどと同じように、ヘルニアなどの腰や膝のケガや病気に注意するようにしましょう。

ジャック・ラッセル・テリアの成長を知ろう

テリアのような猟犬は、とても飼い主に忠実な性格を持つものが多いグループです。

そのため、好奇心旺盛で茶目っ気もありますが、ときに思慮深い一面を見せたりして、賢さや独立心も垣間見えます。

ジャック・ラッセル・テリアはそうした性格にプラスして、小さな体にパワフルな力を発揮する筋肉を秘めています。

家の中では、遊び相手としても、パートナーとしても、しつけ次第で優秀な存在になってくれるでしょう。

【ジャック・ラッセル・テリアの成長】どこまで・いつまで大きくなるのかに関連するペット情報

動物関連記事(外部サイト)