噛まないインコの種類5種。比較的大人しく温和なインコたち

最終更新日:2016年6月8日

静かなブームを続けているインコですが、最近では、様々な種類の珍しいインコを、ペットショップで見かけるようになりました。

インコはフィンチ類の文鳥などと比べて、噛むイメージが強いかもしれませんが、比較的大人しくて、噛むことの少ないインコもいます。

そんな大人しいインコには、どのような種類がいるのか、ご紹介します。

1.セキセイインコ

日本で飼われている、小型インコの代表とも言える、とてもポピュラーなインコです。

小鳥好きの方は、一度は飼われたことがあるのではないでしょうか。

オーストラリア原産で、雛から育てれば、とても慣れた手のりになるので、初めて飼う人にも、オススメな入門のインコです。

性格はとても温和で、個体差もありますが、噛まれることは、比較的少ないでしょう。

頭も意外に良く、2才児の知能があると言われています。

そのため、教え方次第で、歌や言葉を覚えるセキセイインコもいます。

身体も比較的丈夫で、大切に飼えば、10年以上生きることもあります。

値段も手頃で、雛なら2,000円前後で売られています。


2.オカメインコ

中型のインコになりますが、オカメインコも、セキセイインコ同様に、とても人気のあるインコです。

原産国は同じく、オーストラリアです。

頬に赤い斑点を持つことから、おかめのお面になぞらえて、オカメインコと名付けられました。

赤い斑点がとても可愛いインコです。

最近では、様々な色変わりが作り出され、斑点を持たないオカメインコもいます。

性格も温和で人にも良く慣れます。

臆病なところがあるので、しばしば、オカメパニックという、パニック状態になることがあります。

セキセイインコに比べると、おしゃべりは上手ではないかもしれません。

値上はノーマルで10,000円から15,000円、一番ポピュラーなルチノーが、15,000円から20,000円位で販売されています。

ホワイトフェイス、シナモン、エメラルドなど、珍しい羽色になると高額になります。

身体も比較的丈夫なので、寿命は10年から15年と言われています。

大切に飼えば、長生きしてくれるインコです。

3.サザナミインコ

まだ日本でペットとしての歴史が浅く、どこのペットショップにも、いるようなインコではありませんが、ずんぐりとした身体と大きな目、ブルーやグリーンなど様々な美しい羽色があるので、これから人気が出てきそなインコです。

南アメリカの山岳地帯などに生息しているインコなので、暑さに弱く、注意が必要です。

水を良く飲むので、水っぽい便をします。

性格はおっとりしていますが、鳴き声が意外と大きいです。

臆病なところがあるので、慣れるまで時間がかかりますが、一度慣れると、素晴らしいパートナーになってくれるでしょう。

飛ぶよりも、地面を歩くのが好きな変わった鳥でもあります。

グリーンなどは15,000円位から販売されています。

珍しいカラーだと40,000円位と高額です。


4.アキクサインコ

オーストラリア原産で、珍しい鮮やかなピンクの羽色が人気のアキクサインコは、穏やかな性格で、ベタベタするのはあまり好きではありませんが、飼い主の肩にそっと寄り添ってくれるような、そんな控え目なところが、可愛いインコです。

鳴き声も小さいので、住宅事情を気にしなくても飼えます。

飼いやすさとピンクのカラーで、女性に特に人気が高いようです。

最近では、ペットショップでも、時々見かけるようになりましたが、ノーマルで15,000円から20,000円位、色変わりで20,000円から30,000円位で販売されています。

5.アケボノインコ

南米ブラジルが原産のアケボノインコ。

インコ特有の青とグリーンのカラフルな羽色が美しい、中型のインコです。

性格は温和で人にも良くなつきます。

スキンシップが好きな種類のインコでもあります。

平均寿命が30年と言われ、とても長生きします。

普段は鳴き声が比較的小さいですが、時々、甲高い声で鳴くことがあります。

あまりかまってもらえないと、ストレスから大きな声を出すことがあります。

運動不足にならないように、自由に遊べる時間を必ず作り、広いケージを用意してあげましょう。

価格は10万円から30万円と購入店や仕入の数によって変わってきます。

温和な性格な種類のインコを選ぼう

インコも生き物なので、全く噛むことがないと言える種類はいませんが、比較的、性格が温和で、おっとりした、攻撃性が低い種類のインコはいます。

そうした種類の中から、インコを選び、インコの飼育方法をしっかり学んで、愛情をかけて育ててあげれば、噛むことが少ない、優しいインコに育ってくれるはずです。

インコが噛む時には、必ず理由があるはずです。

その理由を理解し、受け止めてあげられる、飼い主になりたいですね。

インコも、そうした飼い主を信頼し、より強い絆を生むことでしょう。

「噛まないインコの種類5種。比較的大人しく温和なインコたち」の関連記事

「噛まないインコの種類5種。比較的大人しく温和なインコたち」と合わせて読みたい