気品がある猫の品種6種。ロシアンブルーからソマリまで

最終更新日:2016年7月17日

猫の種類はとても多いものですが、犬のように個体の大きさにさほど変わりがないため、一般的に種類を認識されているのは10~20種程度かもしれません。

その中でも気品が高いと人気の種類をご紹介します。

1.ロシアンブルー

名前から見てとれるようにロシア原産の短毛種。

ロシアンブルーの特徴はなんと言ってもその美しいグレーの毛並み。

短毛種ではありますが、毛並みが良く手触りは滑らかです。

丸くグリーンの大きな目と、微笑んでいるようなロシアンスマイルの口元がチャームポイント。

非常に温和でおとなしく、頭の良い猫です。

鳴くことは滅多になく、静かな子が多いのが特徴です。


2.バーマン

ミャンマー産の長毛種のバーマンは一見するとヒマラヤンとよく似ています。

耳・顔・手足・尻尾にグレーかかった色が入っており、身体はクリーミーな色合いが特徴です。

穏やかで優しい気性が多く、多少甘えたな部分も併せ持っています。

バーマンの特徴は四肢から先にあるソックス状の被毛と、長く美しいタブルコートの被毛。

とても手触りが良く、まるでシルクを撫でているかのような感触を与えます。

毛足が長いので毎日のブラッシングは欠かせませんが、手入れすればするほどとても美しい風貌で楽しませてくれます。

3.メインクーン

アメリカ原産の長毛種です。

猫の個体の中で一番大きいと言われる種類であり、その大きさは普通体型であっても10キロを超えるものもあります。

平均的な猫と並ぶと2倍くらいの大きさがあるのが特徴です。

身体はがっしりとした骨格、その上に毛足の長い被毛を持ち、胸元にはライオンのたてがみを思わせる気品のある長い毛を持っています。

大きくがっしりしているので野性的な印象の猫ですが、とても温和で人にも優しい猫です。

特に子供には優しく、面倒見も良い面白い猫です。


4.シャム

タイ原産の短毛種です。

海外ではサイアミーズと呼ばれるこの種類の特徴は、部分的な被毛の色で顔、耳、四肢、尾に見られます。

瞳の色はサファイアブルー以外シャムとして認められていません。

短毛種ではありますが、動く姿はとても優雅で気品を感じさせます。

多少ワガママな面もありますが、社交的で愛情深い部分も持ち合わせています。

シャム猫の起源は正確な記述は残っていませんが、とても古いものだと考えられています。

気品のある猫として昔からたびたびお金持ちのペットやマフィアのボスのペットなど、ちょっと優雅な感じにデフォルメされて登場することが多く、今なお人々の中には「気品のある猫」のトップに挙げられる種類とされています。

5.ソマリ

イギリス原産で、短毛と長毛の種類が存在します。

元々は短毛種のアビシニアンから改良されたものですが、長毛種のアビシニアンという認識のされ方もあります。が、ソマリは種類として独立している種です。

全体的には茶系の毛色が多いですが、その1本1本をよく見てみると3~10色ほどがグラデーションになっており、それが全体を多いなんとも言えない美しい個体の色を出しています。

額には大きなMの字のようなスカラベマークが入っているのが特徴です。

鳴き声はとても高く、鈴を転がしたような鳴き声と言われています。

とても好奇心旺盛な性格ですが、飼い主には忠実で甘えん坊の一面を見せます。


6.スフィンクス

名前とは裏腹にカナダが原産の無毛種。

名前や風貌からエジプトをイメージしてしまいがちですが、歴史はさほど古いものではなく、突然変異で生まれた無毛の猫とデボンレックスという種類を掛け合わせて作られたものです。

まったく毛が無いように見えますが、身体はうっすらとした産毛で覆われています。

他の猫のような毛を持たないため、夏の暑さには弱く冬の寒さにも弱いという部分があり、飼育にあたっては気温の調節が必要不可欠です。

さらには身体を守ってくれる毛が無いため傷を作りやすく、遊んでいるだけでも傷を作ってしまうため、多頭飼いなどには向かない傾向にあります。

また紫外線にも弱いので、直射日光の当たる場所での飼育もさけなければなりません。

耳は大きく、頬骨が出ていて頬はくぼみ、とても特徴のある顔立ちをしています。

大きな目はレモン型で、かの有名なアメリカ映画「E.T」のモデルになった猫とも言われています。

好奇心旺盛の遊び好きですが、肌の弱さから放し飼いは絶対避けるようにしましょう。

とてもオリジナリティのある風貌の猫ですが、机や家具の上で佇んでいる姿はやはりエジプトのパピルス画に出てきそうな気品と兼ね備えています。

優雅で気品がありつつも、やっぱり可愛い猫たち

基本的に猫という生き物はとても気品のある動物です。

子猫の時代はやんちゃであちこち走り回っていることが多いですが、大人になれば落ち着き、優雅に歩く様は人々を魅了します。

また神秘的な目を持っているのでとても上品に見えます。

しかし、一旦遊びだすと好奇心旺盛な部分が垣間見え、とても可愛い動物です。

「気品がある猫の品種6種。ロシアンブルーからソマリまで」の関連記事

「気品がある猫の品種6種。ロシアンブルーからソマリまで」と合わせて読みたい