猫カフェでバイトしたい人が押さえておくべきポイント

最終更新日:2016年11月7日

とっても可愛い猫の傍で働ける猫カフェ、動物好きな方にはとても働き甲斐のあるバイトです。

しかしそんな猫カフェでバイトするには、色々と心掛けておくべき事もあります。

1.接客がメイン

猫カフェでのバイトは、猫のお世話がメインに思う方もいるでしょう。

しかし、基本的には「接客業」となります。

ですから、接客が苦手という方にはちょっと難しいかもしれません。

カウンターで来店されるお客様にお店のメニュー説明をしたり、清算や電話対応をしたりすることもあります。

猫カフェの中には、店内スペースで飲食も出来るというお店もあります。

そういったカフェオーダーを受けつけたり、オーダー品を席まで運んだりという事もあります。

猫もいるけれど来店されるお客様の対応もあるカフェ、なので、接客業が好きという人の方が向いているかもしれません。


2.猫カフェにいる猫の世話はベテランスタッフがする事が多い

いざ猫カフェバイトに採用されたからといって、シフトに入ってすぐ猫のお世話が出来るかと言ったら、そうではない場合が多いです。

猫はのんびり、または気まぐれな性格だと思われがちですが、案外繊細な動物です。

猫カフェにいる猫でも、1匹1匹で性格は全然違います。

人にすぐ慣れる性格の子もいれば、ある特定の人にしか心を許さないという性格の子だっています。

そして、大抵の猫は初めて見る人間を怖がったり警戒したりします。

そういった少しの変化でもストレスを感じてしまう猫は、体調を崩したりご飯を食べなくなってしまったりする事もあります。

その猫の変化を感じ取れるような猫のお世話に慣れているベテランのスタッフが、猫のお世話をしている場合が多いです。

ですから、入ってすぐに任せてもらえる事と言ったら猫のトイレ掃除や店内掃除、後は接客が主となるでしょう。

長く勤めて猫も慣れてくれば、猫のお世話も任せてもらえるようになります。

3.猫を飼った経験がなくても採用してもらえる事もある

猫カフェというとスタッフも猫を飼った事のある人ばかり、というイメージがあります。

しかし、お店によって、猫を全く飼った事のない人がスタッフをしている事もあります。

出来れば猫を飼った事があってお世話も慣れている人の方が一番ですが、飼った事がなくてもチャンスはあります。

もしも猫を飼った事がないけれど猫カフェでバイトしたいという場合は、猫の飼育本を一度読んでみてください。

猫も生き物ですから本の通りにはいきませんが、事前にちょっとの知識があれば、猫が毛玉を吐いた時なんかに焦らず対処できるでしょう。


4.猫は香水やキツイ匂いが苦手

ほとんどの動物がそうですが、猫はとても鼻が利きます。

ほんの少しなら良いと思って、人間がちょっと香る位の香水をつけているとしましょう。

しかし、猫にとってみればその匂いも「物凄く匂ってしまう」のです。

猫カフェでバイトをする時は香水をつけない、また、他に動物を飼っているならばその匂いが服につかないようにしておきましょう。

その匂いだけで警戒してしまう猫もいます。

勿論、髪用の香水や香り付きのヘアスプレー、デオドラント、洗剤、ファンデーションやネイルといった物等です。

どうしても使用するなら、あまり匂いのしない物を使用してあげてください。

因みに、猫の苦手な匂いはシナモン、柑橘系フルーツフレーバーと言われています。

仲良くなりたいのにどうしても懐いてもらえない場合、こういった匂いに反応して近寄りたくても近寄れないのかもしれません。

5.猫アレルギーを持っているなら止めた方がいい

動物の毛や唾液に反応して、発疹が出たり呼吸困難になる程咳が出てしまう、動物アレルギーを持っている人もいます。

そういう人の中にも猫が大好きという人はいますが、猫に反応するアレルギーを持っている場合は猫カフェでのバイトはオススメできません。

最初は体が痒くなる程度、鼻水が出る程度だと思って油断をしていると、更に症状が重くなってしまう事があります。

猫アレルギーだけではなく、例えば埃アレルギーがあると、面接の際に「アレルギーはありますか?」と聞かれた時に答えに困ってしまうかもしれません。

かと言って嘘をついて、アレルギーを隠してバイトをするのもいけませんから、猫アレルギーがある場合はご注意ください。


6.猫の爪や牙で怪我をする事もある

定期的に猫の爪を切っていても、猫の爪は案外鋭いのです。

普段は大人しく人懐こい猫であっても、興奮状態の時にはその爪や牙で怪我をしてしまう可能性があります。

そして猫カフェによっては、そこにいる猫の爪をスタッフが切ってあげる事もあります。

爪切りに慣れている猫でも、人によって暴れて嫌がる個体もいるので、そういう時が一番怪我をしやすいでしょう。

ちょっとしたひっかき傷でも、放っておくとそこから雑菌が入って、痒くなったり膿んだりしてしまいます。

怪我をしたらすぐに水洗いして消毒しておきましょう。

7.野良猫を触った後等バイト前はきちんと手を洗う

猫好きな人だと、外にいる野良猫を可愛いと触る人もいるでしょう。

しかし、その野良猫に、もしもノミダニがついていたり、病気を持っていたりした場合はどうでしょうか。

そのまま猫カフェの猫を触ってしまうと、そこから店内の猫全体に感染してしまう事もあります。

空気感染する病気は少ないですが、それでも気を付けるに越した事はありません。

猫カフェバイトをする前には野良猫を触った手はきちんと消毒する、服はバイト用を用意しておいてそれに着替える等、徹底すると良いでしょう。


8.ヒステリックにならない

人間の気持ちを機敏に察知して、怒っている人には近寄らないなど、ヒステリックな人が苦手な猫もいます。

特に猫が何か粗相をしたり悪戯した時には、大きな声や物音を出したりするとそれが原因で人間嫌いになってしまう子もいます。

猫カフェバイトの仕事は多彩

猫は大きな足音も苦手ですので、猫カフェでバイトをする際はなるべく物音を立てない、大きな声を出さない、と静かにしてあげましょう。

そういった事をしていたり、追いかけ回す、無理に抱き上げるといった迷惑行為をしているお客さんにもしっかり注意するのも、猫カフェバイトの仕事の一つです。

「猫カフェでバイトしたい人が押さえておくべきポイント」の関連記事

「猫カフェでバイトしたい人が押さえておくべきポイント」と合わせて読みたい